鎌ケ谷市佐津間字中山新山の工場にて屋根カバー工法(スタンビー)で雨漏りを改善

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月24 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

鎌ケ谷市佐津間字中山新山の工場にて屋根カバー工法(スタンビー)で雨漏りを改善

工事のきっかけを伺いました!


担当:白石


屋根補修のご相談をいただいたのは鎌ケ谷市佐津間字中山新山にある工場です。以前から雨漏りは起きていたようですが、業務に影響が生じ始めたため雨漏り補修工事を決められたようです。工場は戸建て住宅よりも大規模ですので補修費用もかかります。そこで雨漏りを起こしている部分を特定し、屋根カバー工法での改善工事をご提案させていただきました。
屋根補修のご相談をいただいたのは鎌ケ谷市佐津間字中山新山にある工場です。以前から雨漏りは起きていたようですが、業務に影響が生じ始めたため雨漏り補修工事を決められたようです。工場は戸建て住宅よりも大規模ですので補修費用もかかります。そこで雨漏りを起こしている部分を特定し、屋根カバー工法での改善工事をご提案させていただきました。


担当:白石

beforeafter
before
工場の屋根補修
horizontal
after
屋根カバー工法
headlinesstrapline

点検の様子

columns
鎌ヶ谷市の工場
雨漏り
texts
無料点検を行ったのは自動車関連部品や家電製品を製作している工場です。以前から雨漏りを起こしていたようですが木造住宅等と比較すると被害が少ないように感じるプレハブですので、補修の必要性はそれほど高くなかったようです。実際工場や倉庫で雨漏りがあるものの、仕事に影響がなければそのままにしておく企業は多いかと思います。ただし雨水が多く浸入したり、他部位からも雨漏りを起こしてしまうと大問題です。雨漏りの原因特定をしてから補修を行うのですが、雨漏り箇所が多いと探すのも一苦労です。
columns
雨漏り被害
プレハブですので天井材も金属製ですが、随分前から剥がれてしまっているようです。金属製の建材は木材やセメント系よりも遥かに高い耐久性を持っています。しかしその分雨漏りに気づくころには雨水が大量に浸入しており、内部が錆びてしまっている…という事も少なくありません。また雨水を吸い込むような素材ではないため、雨水が横走りして他の場所から出現することがあります。木造住宅であれば確実に雨水の痕跡が確認出来るのですが、プレハブや鉄筋コンクリート造の初期の雨漏りは原因を突き止めるのが非常に難しいです。しかし必ず雨漏りを発見した場所よりも上部から雨水が入り込んでいることが絶対条件ですので、屋根の状態を見ていきましょう。
columns
折板点検
金属屋根の腐食
texts
折板屋根と瓦棒屋根の中間に位置するような形状の金属屋根材です。金属屋根材はセメント系の屋根材や防水よりも高耐久ですが、被膜の劣化や傷から錆が発生し耐久性を低下させてしまいますのでもちろんメンテナンスの必要があります。今回も今までメンテナンスをされたことが無いという事で、表面の傷や錆が多く見られました。
columns
芯木の腐食
雨樋の排水不良
texts
錆が発生しても早い段階で対処すれば塗装や簡易補修で改善出来ます。しかし進行し穴あきを起こすと一気に雨漏りに発展してしまいます。一部では錆による穴あきで芯木と呼ばれる下地木材が露出し、木材までも腐食させてしまっていました。また、瓦棒や折板屋根は形状から緩勾配にも施工できる数少ない屋根材です。しかし土や錆が多くなると雨水がスムーズに流れなくなり屋根材を傷めてしまいます。今回も排水方向に雑草が繁殖していることから水捌けが悪くなっていることが確認できます。高耐久の屋根材としても必ず定期的な清掃や塗装メンテナンスは必要になりますのでご注意ください。
headlinesstrapline

屋根カバー工法

columns
屋根清掃
氷の蓄積
texts
今回は既存屋根材に新規屋根材を被せる屋根カバー工法で雨漏りを改善していきたいと思います。積雪後の屋根工事でしたので、まずは屋根に残っている氷を清掃していきます。屋根カバー工法は既存屋根材の影響を受けにくいのですが今回は合板で下地調整を行う為、腐食の原因にもなる水分はできるだけ除去しておきます。
columns
材料の荷揚げ
下地調整
texts
新規屋根材も長さがある為、作業車にて荷揚げを行いました。工場は駐車スペースが確保できたため問題はありませんが、戸建て住宅の場合は誘導員や案内板を設置した上で作業を進めていきます。まずは下地合板を張るための下地を作ります。スレート屋根材のカバー工法等には必要ありませんが、凹凸のある屋根材や劣化が著しい場合は固定が弱くなったり、勾配不良を起こす可能性がありますので下地で調整を行います。
columns
合板による不陸調整
防水紙
texts
合板を張り付け、下地木材にあわせてビス留めを行います。このままではもちろん防水機能がなく雨水は入り放題になってしまいますので、防水紙(ルーフィングシート)を張り雨水の浸入を防ぎます。ただのシートの様に見えますが、フェルト・紙・布を道路にも使用されているアスファルトやゴム、繊維を用いて加工した非常に防水性を持たせています。屋根からの雨漏りを防いでいるのは防水紙で、屋根材は美観性の向上や防水紙の保護を担っています。その為屋根材が飛散してもすぐに雨漏りを起こすケースは少なく、築年数が経過している住宅で屋根材に問題がなくとも防水紙の劣化によって雨漏りを起こす方が多いように感じます。屋根材が劣化すると防水紙露出の機会が増える為メンテナンスは必須ですが、屋根を守っている建材の特徴を把握しておくというのは大事です。
columns
ルーフィングシート敷設
屋根材設置
texts
防水紙を敷き込んだ後は役物と呼ばれる細部の金物を取り付けてから屋根材を葺いていきます。今回使用したのは立平葺き屋根材の「スタンビー」です。コストパフォーマンスに優れており、別荘やレジャー施設、体育館や店舗にも使用されることの多い身近な屋根材です。表面仕上げはフラット・横さざ波・縦さざ波と3パターンありますが、その中でもさざ波は曲線屋根への対応も可能です。
columns
嵌合式
ビス留め
texts
スタンビーはハゼ構造が採用されているのですが、これは嵌合部が強風・暴風に耐え毛細管現象も起きにくい信頼性の高い構造です。また踏み込むだけで嵌合しますので施工も簡単、最後にビスで固定することで強い固定力を生み出すことが出来ます。
columns
雨樋交換
雨樋交換完了
texts
排水部分にも土が溜まり雑草の繁殖が見られたため雨樋交換工事を行いました。屋根カバー工法を行った際に屋根材が一回り外側に出て、雨樋に雨水が入り込まない事があります。このような場合は雨樋に劣化や破損が見られなくとも取り付け直しが必要になります。またそれは屋根カバー工法だけでなく瓦からスレート等の葺き替え工事でも必要になるケースがありますので、工事前に予め確認をしておきましょう。
headlinesbyline columns
屋根カバー工法完了
今回立平葺き屋根材のスタンビーで屋根カバー工法を行ったことで雨漏りが改善、更に美観性の向上にも繋がりました。屋根カバー工法は既存屋根材を処分・撤去する必要もない為、葺き替え工事よりも安価・工期も短く施工することが出来ます。撤去費用が高く危険性も高いアスベスト屋根材のリフォームにもうってつけの施工方法ですが、お住まいの築年数や状態によっては葺き替え工事を行った方が良い場合もありますので、点検時にしっかり確認をし適切な補修工事をご提案させていただきます。屋根カバー工法や工場・倉庫の雨漏りに関してお悩みの方がいらっしゃいましたらお気軽に街の屋根やさんまでご相談ください、お待ちしております。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      に関連する新着ブログ

      屋根調査の様子  八千代市萱田町にて行った屋根調査の様子をご紹介致します。築15年で屋根材はコロニアルネオになります。「屋根材がひび割れているように見えるので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせ ...続きを読む
      屋根の劣化についてのご相談  今回はいすみ市大原にお住いのお客様よりご相談を頂きました。「昨年の台風では大きな被害はなく安心していたのだが、近所で工事をしている方より屋根の指摘をされたので調査をして ...続きを読む
      棟板金の飛散がありました    木更津市請西にて棟板金の調査を行いました。昨年の台風15号(令和元年東日本台風)の強風により屋根の棟板金が飛散されてしまったとの事でした。棟板金は屋根の最上部に ...続きを読む
      スレート屋根の調査を行いました    木更津市請西でスレート屋根の調査を行いました。以前から苔やカビを気にされており調査とお見積りをご希望でお問い合わせを頂いております。スレート屋根は多くの住 ...続きを読む

      に関連する新着施工事例

      を行ったお客様の声一覧

      屋根が破損、船橋市豊富町のお客様のアンケートをご紹介

      お客様写真

      工事前アンケート画像

      Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      昨年の台風で屋根板がめくれ上り、また物干場のポリカが吹き飛んで危険を感じた

      Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?

      ネットで調べた

      Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      すぐに連絡が来ました。

      Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?

      自宅が船橋なので近いと感じたため

      Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      良いと思う




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      屋根工事の種類
      あなたの屋根はどのタイプ?
      選ばれる理由
      お客様にご安心を12のルール
      施工事例
      会社概要

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

      お問い合わせ
      FAX番号