袖ケ浦市長浦駅前で台風被害復旧工事、スーパーガルテクトによる屋根カバー工法で雨漏り改善

工事のきっかけを伺いました!

足場アイコン 火災保険アイコン 台風アイコン 屋根カバー工事アイコン 雨樋交換アイコン 雨漏り修理アイコン

施工内容屋根補修工事、破風板板金巻き工事、屋根カバー工事、雨樋交換、雨漏り修理

使用材料スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール)

保証施工保証10年

before
スレート屋根の経年劣化
horizontal
after
屋根カバー工法完了
昨年の9月末に発生した台風24号は多くの住宅に被害をもたらしました。袖ケ浦市長浦駅前のH様邸も雨漏りを起こしかねない被害に遭いました。今回は火災保険を利用して補修にあたりましたので、経年劣化と台風被害・箇所別の補修工事の様子をご紹介していきたいと思います。

台風24号による被害点検

袖ヶ浦市長浦駅前の点検
軒天材の落下
調査にお伺いしたのは部分2階のお住まいです。敷地内には軒天の合板と思われる破片があり、被害の大きさを物語っていました。台風が発生した際にお住まいの被害がどの程度まで及んでいるのか心配を感じる方は多いかと思います。しかし通過後すぐはまだ強い風が吹く可能性が十分にありますのでご自身での点検は避けましょう。板金やベニヤが剥がれて落ちていた場合は一時的に回収して更なる被害が起きないよう対処し、屋根業者へ連絡しましょう。この際に「我が家の板金じゃないかもしれない」と思う方もいらっしゃると思いますが、街の屋根やさんは点検無料ですのでご安心ください。台風時はお問い合わせが急激に増えるため、異変に気付いた時点で速やかに行動しましょう。
軒天の剥がれ
今回早く被害に気付いたのは風で剥がれてしまった軒天です。通常軒天は屋根材の裏ですので雨水とも接触しにくく濡れる機会はそうそうありません。しかしこちらの軒天には雨染みのような黒いシミが見られることから、屋根で雨漏りを起こしている可能性があります。室内で雨漏りは確認されていませんが、勾配屋根は軒先に雨水が流れることがあり、軒天から雨水が漏る可能性も十分にあります。軒天が経年劣化していたのは事実ですが実際に剥がれたのは台風の影響ですので、火災保険を申請することが出来ます。
下屋の瓦屋根
スレート点検
下屋の瓦屋根には取り合いの漆喰や屋根材の飛散等は確認されませんでした。瓦屋根は施工方法がいくつかあり、従来は桟木と呼ばれる下地木材に引っ掛けるだけの葺き方でした。しかし地震の多い日本では落下による二次被害も考えられるため、徐々に釘やビスで固定する工法が主流になりつつあります。施工時期や瓦の種類によっても施工方法は疎ですので、心配な方は一度無料点検でチェックしてみましょう。
続いて大屋根のスレート屋根材です。築年数が経過しているようでコケや藻、カビの付着は著しいですが棟板金の飛散やスレートの割れは見られませんでした。しかしだからと言って雨漏りを起こしていないと言い切れるわけではありません。まず雨漏りを防いでいるのは屋根材ではなく、防水紙と呼ばれる下葺き材です。防水紙の耐用年数は20年前後ですので、屋根材の破損・劣化に関係なく突如として雨漏りを起こす可能性があります。この場合はしっかり室内と軒天の経年劣化で雨漏りの有無を確認してからメンテナンスを行いましょう。
スレート屋根に付着した苔
棟板金の釘浮き
屋根材は浮きや反りも起こしていませんので、雨漏りを起こしていなければこのまま塗装することも可能です。この判断が非常に難しいのです。雨漏りが発生していれば塗装では改善出来ないため、屋根カバーか葺き替えになります。雨漏りを起こしていない場合も、築年数が経過していれば塗装直後に雨漏りを起こす恐れがありますので慎重に見極めていく必要があります。塗装はあくまで雨漏りを補修したり起こさせないようにするためではなく、屋根材の経年劣化を防ぎ防水紙が傷まないようにするメンテナンスです。また今回棟板金は飛散しなかったものの釘が浮いてしまっていました。次回の強風で飛散する可能性はありますので部分的もしくは屋根全体の補修を検討しましょう。
下屋の瓦棒
瓦棒の経年劣化
続いては下屋の金属屋根です。赤く目立っているのはパラペットの頂部に取り付けられた笠木(パラキャップ)の錆です。笠木は壁の劣化や雨漏りを防ぐために様々な箇所に取り付けられていますが、錆が進行すると穴あきを起こし、かえって雨漏りの原因になってしまいます。屋根外壁塗装工事の際にまとめて塗り替えを行うことが多いのですが、ここまで錆が進行しているとわずかな穴が開いている可能性も考慮しなければなりません。錆は他箇所に移り腐食範囲を拡大させてしまいますので出来る限り早めに対処しましょう。
下屋に使用されている瓦棒は雨仕舞に優れているため、1寸程度の緩やかな勾配屋根にも使用することが出来ます。屋根表面には凹凸がありますが、凸部の芯木と呼ばれる木材で屋根材を固定しておりキャップでカバーしています。つまりキャップが変形したり、芯木が腐食することで屋根材が飛散するリスクが高まります。
瓦棒屋根の釘抜け
鼻隠しの経年劣化
このように棟板金や凸部に釘抜けが確認できたり、板金がぐらついている場合は早急に補修を行いましょう。最後に台風でトラブルが発生しやすい雨樋です。今回台風で目立った破損はありませんでしたが、勾配不良や隙間からの漏水を起こすこともあります。雨樋が取り付けられている鼻隠しも木材の場合は腐食等に要注意です。今回鼻隠しが傷み雨樋を固定している金具が傾きつつありますので、鼻隠しのメンテナンス及び雨樋交換をご提案させていただきました。

台風被害の復旧工事

笠木の錆
下地確認
台風被害と経年劣化に応じたメンテナンスを行っていきます。まず笠木から雨水が浸入している可能性があったため一度取り外し内部の確認を行います。下地木材は露出しているものの酷い雨染み等は見られませんでした。
ビス止め
笠木復旧,コーキング工事
ビスで下地に固定しなおし板金を再カバー、更に継ぎ目とビス穴にシーリング材を打設し復旧工事完了です。笠木に雨水が浸入した場合、通常は透湿防水シートがあるため直ぐに雨漏りを起こすことはありません。しかしいずれは雨漏りを起こし外壁を伝い室内に浸入することがありますので十分に注意しましょう。
スレートの苔清掃
棟板金撤去
屋根カバー工法です。まずはスレート表面に付着しているコケを除去し、棟板金と貫板は撤去します。その後軒先から防水紙を葺き雨水の浸入を防ぎます。屋根材も防水紙も葺く際には軒先から棟に向かって重ねていきます。これは雨水がシートの重なりから入るようなことがないようにするためです。せっかく工事をしたにも関わらず防水紙が棟から葺かれていたせいで雨漏りを起こしてしまったというケースもないわけではありません。必ず施工中の写真は保証が失効になるまで保管しておきましょう。
防水紙敷設
屋根カバー工法
防水紙にもいくつか種類がありますが、今回は粘着層式の改質アスファルトルーフィング、カスタムライトを使用しています。粘着層式は裏地がテープのように屋根材に貼りつきますので、タッカーで穴を開けて留める心配がありません。またぴったりと貼りつくことで防水紙同士の重なり部分から雨水の浸入を許すこともありません。改質アスファルトルーフィングは開いた穴に対して高いシール性を持ちます。屋根材を葺く際にはビスを使用しなければなりませんが、固定で開いたビス穴に改質アスファルトルーフィングが働きかけ雨漏りを防ぎます。
屋根カバー工法
雪止め設置
屋根カバー工法に使用した屋根材はIG工業のスーパーガルテクト(色:Sシェイドチャコール)です。従来のガルテクトから更に改良を重ねた断熱材と屋根材を一体化にしたガルバリウム鋼板屋根材です。非常に軽量でありながら高い耐久性・断熱性に優れており、更にメーカーの保証(海岸線から500m以遠の地域で施工した場合)は塗膜の割れ・ひび割れ・剥がれ・膨れが15年、赤さびが20年、穴あきが25年と非常に長く安心感があります。谷板金や棟板金、雪止めも同質・同色のため統一性もあり綺麗な仕上がりです。
スーパーガルテクト,シェイドチャコール
軒天の換気口開口
表面は葺きあがりを一層引き立てる「ちぢみ塗装」を採用、高い質感・意匠性にこだわった屋根材です。重量は1㎡あたり5㎏、カラーは他にブラック・ブラウン・モスグリーン・ブルーと計5色ございますので、きっとお住まいに合ったスーパーガルテクトがあるかと思います。さらに高い耐久性をご希望の方はスーパーガルテクトフッ素もお奨めです。
続いて軒天補修です。屋根で雨漏りを起こしている場合は雨水が今後浸入する恐れがありますので、必ず屋根から補修を行い雨漏りが止まったことを確認してから軒天や他箇所の補修を行います。軒天は屋根の裏にあたりますので雨水の影響は少ないのですが、湿気で劣化することがあります。築年数に応じた経年劣化程度でしたら既存軒天材をそのままに新規軒天材を張り付けて補修出来ます。この場合自ずと通気性が悪くなりますので換気口を設けていきます。
軒天張り付け
軒天材撤去
剥がれがひどい・雨染みが著しい場合は既存が新規を腐食させる原因にもなりますので、軒天材を取り外して張替補修を行います。増し張り補修よりも施工費用が掛かりますが下地の確認、小屋裏の再確認も出来ますのでしばらくメンテナンスを行っていない方は張替補修を検討しましょう。
軒天張替
軒天塗装
今回補修に使用したのはベニヤよりも耐久性・耐水性に優れたケイカル(ケイ酸カルシウム)板です。不燃材系ですので、火災時のお住まいへの延焼を防ぐ役割も持っています。ベニヤよりも重量があるため、補修で使用する際には下地の強度を確認しておく必要があります。このままでは湿気で傷んでしまいますので、塗装メンテナンスを行い軒天工事は完了です。
雨樋交換,破風板板金
雨樋交換
雨樋は一度取り外し鼻隠しの板金カバーを実施しました。木製の鼻隠しは塗膜の劣化・木材の腐食を起こしやすく頻繁なメンテナンスが必要になります。ただ鼻隠し・破風板のためだけに足場仮設を行っているとコスト的にも負担が大きくなってしまいます。なるべくメンテナンスの必要性をなくしたい!ということで錆びにくいガルバリウム(GL)鋼板を使用した板金カバー工法を行うお住まいが増えつつあります。カバー工法を行った時点で塗装も腐食や劣化による補修も必要ありません。
その後支持金具を取り付け、雨樋を取り付けていきます。屋根材の変更・塗装を行った際に雨水の流れが変わることで雨樋が機能しなくなることがありますので、雨樋交換・調整は屋根工事と同時に行うのも一つの手です。
スーパーガルテクト
火災保険を利用して屋根カバー工法・軒天補修・雨樋交換・鼻隠し板金カバーを実施致しました。台風によって破損したわけではない部分や、既存よりも高耐久の材料へ変更する補修は差額分が自己負担になりますが、それでもご自身の負担を最小限にし復旧することが出来ます。また雨漏りで室内の補修が必要な場合も申請可能ですので、火災保険の申請方法がわからない、利用にあたっての条件やルールが気になる、この機会に住宅メンテナンスを行いたいという方はお気軽に街の屋根やさんへご相談ください。
屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
          店舗詳細はこちら
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら

        屋根補修工事に関連する新着ブログ

        千葉市稲毛区黒砂台にてスレート屋根の割れ、耐久性のある金属カバー工事がオススメです
        千葉市稲毛区黒砂台にてスレート屋根の調査を行いました。築15年程経過されていて、屋根の一部が割れている様だった事がきっかけでした。スレート屋根は紙粘土を圧縮した様なものを薄く成形したものです。セメント ...続きを読む
        松戸市平賀で化粧スレート屋根調査、ひび割れや欠け、反りが多いので屋根カバー工事で雨漏りを防ぎます
        松戸市平賀で行った化粧スレート屋根の調査の様子をご紹介します。「屋根材に欠けているような部分があるので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。下から屋根を見上げた際に気が付いたそうです。お ...続きを読む
        市川市須和田で化粧スレート屋根の雨漏り調査、屋根葺き替えか屋根カバー工事で解消します
        市川市須和田で行った化粧スレート屋根の雨漏り調査の様子をご紹介します。「屋根から雨漏りしているので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。雨天時に天井から音がするという事で、点検口から小屋 ...続きを読む
        市川市真間で強風の影響により棟板金が破損した化粧スレート屋根、屋根カバー工事をご提案
        市川市真間で行った屋根の調査の様子をご紹介します。築20年で屋根材は化粧スレートです。「風の影響で屋根の板金が捲れてしまったので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。お客様にご案内してい ...続きを読む

        屋根補修工事に関連する新着施工事例

        千葉市緑区鎌取町で間違った工事による雨漏りを屋根カバー工法で解消ビフォー
        千葉市緑区鎌取町で間違った工事による雨漏りを屋根カバー工法で解消アフター
        施工内容
        屋根カバー工事
        使用材料
        横暖ルーフS
        四街道市緑ヶ丘で瓦屋根と外壁の取り合いに水切り板金を設けて雨漏り解消ビフォー
        四街道市緑ヶ丘で瓦屋根と外壁の取り合いに水切り板金を設けて雨漏り解消アフター
        施工内容
        漆喰詰め増し 雨漏り修理
        使用材料
        ガルバリウム鋼板

        屋根補修工事を行ったお客様の声一覧

        4b6ff09ee12f4f5f8581e8c70e3b103e-columns2-columns2
        Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
        われた瓦がおちてきた為

        Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?
        Net

        Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
        すぐにTELをさせて頂きました

        Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
        特にありません

        Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
        なし



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!