袖ケ浦市のぞみ野|以前塗装工事を行った現場の棟板金交換工事(ハイブリッド建材使用)

施工内容棟板金交換、部分塗装

使用材料樹脂製貫板(セイキ工業:SKシリーズ)

更新日:2017年3月24日
before
棟板金補修
horizontal
after
棟板金交換工事
屋根,棟板金交換
棟板金交換
以前塗装工事を行った屋根です。棟板金の飛散状況と塗装の点検をふまえ見ていきましょう。
棟板金は築年数に限らず、台風等の強風によって飛散することがあります。これは新築時に木材の貫板と釘によって施工される為、風や建物の揺れによって少しずつ浮いてしまうためです。
更に経年により、釘が錆び折れたり、貫板が雨水によって腐食したりと様々な要因が重なり被害を受けることもありますので、何もなくても築10年を境に点検と必要に応じて補修を行っていきましょう。
棟板金交換工事
屋根点検
貫板は棟板金を止めるために必要なものです。なるべく棟板金の内部に雨水が入らないように施工は行っておりますが、少しずつ侵入する雨水によって腐ってしまいます。そうすると少しの風でも釘ごと抜け落下に至ります。
ごくまれに補修の際に規定以下の細い貫板で施工している現場がありますが論外ですよね。釘がしっかりと貫板に刺さっているのかも疑問ですし、貫板が割れてしまえばひとたまりもありません。

飛散した棟板金以外にも劣化状態は同じですので一気に見ていきましょう。
棟板金
北側屋根
棟板金は短ければ短いほど耐久性は上がります。が、その分風が当たりやすい場所の可能性が高くなっています。
北側の屋根です。やはり日が当たりにくいことから苔やカビも発生しやすくなってしまいます。また、湿気もこもりやすい為貫板やスレート屋根材と塗膜が傷みやすい場所になってしまいます。
日が当たる所を確認して大丈夫と思っても、一度は全体を見渡す必要があります。
棟板金釘浮き調査
確認したところ、やはり他の場所も棟板金の釘浮きが目立ちます。打ち直して補強することも可能なんですが、貫板の劣化が充分考えられますので、交換する際にはまとめて全て交換してしまった方が今後のメンテナンス回数も抑えられると思います。
強風による棟板金の飛散には火災保険・火災共済の補償対象となります。ご加入されている保険・共済にもよりますが、共通していることは「補修するために掛かる費用」の補償です。つまり破損した個所はもちろん、補修に足場が必要であれば足場代も対象となります。被害によっての補償額には限度がある共済がありますので、加入されている保険・共済のご確認をお願い致します。
清掃
ハイブリッド建材,SK
全ての棟板金交換工事を行います。まずは既存の棟板金と貫板の撤去、清掃を行います。規模によっては1日以上かかる場合もありますので、1階2階と分けたり施工範囲を限定したりとする必要があります。

棟板金部分の防水紙に破れ等が無いかを確認してから、新規の貫板を設置します。補修時に注目するポイントがあります。新築時には意識が向かないと思いますが、貫板に木材を使用するとどうしても腐食が心配になります。近年、プラスチック樹脂製の貫板使用が増加しています。
メリットとして伸縮する木材と違い伸縮性はなく品質も安定しています。また、木材ではないため腐ることはなく、それでも木材同様の使用が可能です。
貫板
SUSビス
貫板にはセイキ工業のSKシリーズを使用しています。棟板金の下地になりますので、まっすぐSUSビスで取り付けます。SUSビスを使用することで、錆びにくく抜けにくい下地の完成です!
この上に棟板金を固定しますが同じようにSUSビスで揉み込んでいくように取り付けます。
棟板金
棟板金加工
棟板金はグリーンを使用していますが、取り付け後塗装施工を行いますのでご安心ください。住宅によって棟の長さも形も様々ですので、現場で加工しながらの取付になります。
棟板金加工
棟板金交換工事
加工が甘い、納まりがうまくいかない場合、雨漏りにも繋がりかねません。つなぎ目にはシーリング施工をしますが、それでもしっかりと密着させるように加工は慎重に行います。
棟板金
棟板金交換
取付は完了です。続いては塗装の施工に入ります。新規の棟板金は表面がとても滑らかで綺麗です。が、そのままでは塗膜との密着性が悪く、剥がれやすくなってしまいます。
そこで一度ペーパー掛けを行い、表面にたくさんの傷を付けていきます。雨樋等の塩ビ材でも行いますが、新品・表面がつるつるしたものに関しては塗膜と密着する表面積を広げる必要があります。
棟板金
サーモアイSi
傷が入っているのが良く分かりますね。もったいないと思われるかもしれませんが、塗装にはいかに塗膜を長持ちさせるかに掛かっています。この工程のお陰で塗膜が剥がれにくくなるんです。

使用塗料は日本ペイントのサーモアイSi「クールネオウィスタブルー」です。実はこの塗料は4年前に屋根塗装に使用した塗料です。在庫があり状態が良かったのでそのまま補修に使用します。
塗装,屋根
塗装
刷毛とローラーで丁寧に3回塗りを行っていきます。色を合わせるだけであれば仕上げ塗料だけでも十分かもしれませんが、下塗りは下地と仕上げ材の密着性を高めるために使用していますので、ほんの少しの塗装でもしっかりと下塗りまで入れていきましょう。
棟板金交換,塗装
袖ケ浦市のぞみ野で棟板金交換工事、4年前の塗装工事での使用塗料(サーモアイSiクールネオウィスタブルー)で塗装工事を行いました。
貫板には樹脂製貫板を使用して、木材よりも長期的なメンテナンスフリーを目指し施工致しました。
袖ケ浦市のぞみ野,完工写真
W様も工事が完了して安心されたようです。
棟板金は飛散した際に隣家の窓を割ってしまったり、思わぬ事故に発展します。
浮いているような気がするといった場合でも一度ご相談ください。
無料点検の上、必要な補修工事をご提案させて頂きます。

棟板金交換のその他のブログ一覧

木更津市の化粧スレート築15年ノーメンテナンス
木更津市にお住まいのお客様より築15年が経過しメンテナンスを検討しているとの事でお問い合わせをいただき調査にお伺いいたしました。屋根の調査からです。苔が屋根全体に発生し変色してしまっています。苔は水分...続きを読む
木更津市の棟板金破損交換工事のご提案
木更津市にお住まいのお客様より屋根の板金が外れてしまったとの事でお問い合わせをいただき調査にお伺いいたしました。外れてしまった板金は、屋根上部に設置されておる棟板金です。棟板金は、屋根材では覆いきれな...続きを読む
市原市の棟板金の飛散交換工事のご提案
市原市にお住まいのお客様より屋根についている板金が外れてしまったので修理のご相談をいただき調査にお伺いいたしました。屋根にのぼり板金の状況を確認します。外れてしまった棟板金です。棟板金を固定する貫板も...続きを読む
市原市の屋根カバー工事のご提案スレートの傷み
市原市のお客様より飛び込み業者に屋根工事を理由なく進められ不安になり相談のお問い合わせをいただき調査にお伺いいたしました。屋根にのぼり現状の調査を行います。屋根材は化粧スレートです。既存の塗膜が剥離し...続きを読む

屋根カバー工事のその他の施工事例一覧

袖ケ浦市のぞみ野|以前塗装工事を行った現場の棟板金交換工事(ハイブリッド建材使用)
袖ケ浦市のぞみ野|以前塗装工事を行った現場の棟板金交換工事(ハイブリッド建材使用)
施工内容
棟板金交換,部分塗装
使用材料
樹脂製貫板(セイキ工業:SKシリーズ)
君津市の棟取り直し南蛮漆喰使用
君津市の棟取り直し南蛮漆喰使用
施工内容
屋根補修工事,屋根葺き替え,屋根カバー工事
築年数
30年
使用材料
南蛮漆喰



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!