台風25号の強風で受けた方、火災保険が適用できます

【台風21号、台風24号で被災された方へ 11/13更新】

 台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

市川市にて漆喰の詰め直しと土居熨斗(どいのし)取り直し工事で瓦のズレを改善

施工内容屋根補修工事、棟瓦取り直し、漆喰詰め直し

before
瓦のズレと漆喰補修依頼
horizontal
after
のし瓦の取り直し工事完了

お問い合わせのきっかけ

漆喰が剥がれてきたため定期的なメンテナンス依頼を頂いたのは、市川市にお住まいのT様邸になります。今回は銅線が切れたためにずれている瓦もあるという事ですので、瓦のズレ具合から棟の取り直し工事が必要なのか、漆喰の補修の延長線上で補修が可能なのかを判断させて頂きました。下屋の外壁との取り合い「土居熨斗(どいのし)」の補修方法も合わせてご紹介いたします。

無料点検

大棟点検
漆喰の剥がれ
大屋根点検からです。棟はズレもなく綺麗に整っています。こちらは銅線が切れている場所もない為、棟の取り直し工事は必要ありません。また漆喰の剥がれも少なく平瓦にもズレは起きていませんでした。鬼瓦との取り合い部分の漆喰は欠けが見られたため、雨水が入り込まないように補修をおこなう予定です。漆喰の役割は瓦の固定と雨水の浸入防止です。漆喰が剥がれてしまうと棟瓦を積む際に入れた内部の土が露出してしまいます。土が流れ出すことで棟の崩壊を起こしたり、土が雨水を吸い込むことで雨漏りを起こす恐れがありますので、耐久性に優れた瓦屋根であってもメンテナンスは必要不可欠です。
棟瓦のズレ
漆喰の剥がれ
一部棟瓦を触ると動き内部が見られる状態でした。こちらが内部に詰められた土です。現在補修の際には防水性のある南蛮漆喰を詰めることが多いのですが、従来は土が主流でした。ちなみに瓦を葺く際にも【土葺き】と呼ばれる工法が用いられていました。これは下地の上に下葺き材を張りその上に土を乗せてから瓦を葺く方法で、土が水を吸う事で雨漏りを防いだり土の断熱性が期待できたようです。土を乗せている為非常に重たい屋根に仕上がってしまう事と、瓦が全く固定されていないため落下してしまうデメリットによって現在は使用されていません。現在は土に代わり、桟木と呼ばれる下地木材に引っ掛けて固定する方法も採用していますし、軽量瓦も徐々に増えていますので重量は大きく軽減されています。屋根の上にもし石のような物が乗っていたら、ほとんどの場合が漆喰の剥がれを指していますので、地震発生後等はもちろん、屋根に上がらずに定期的に目視確認をしていきましょう。
谷板金の状態
漆喰のカビ
谷板金には銅板が使用されていました。元々は赤褐色をしていますが、酸化し緑青に変色している物が多く見られます。施工費用は高いのですが、耐久性が非常に高く今なお人気のある素材です。こちらは穴あきも見られないため雨漏りの心配はないでしょう。漆喰に黒く付着しているのはカビや藻です。漆喰自体はアルカリ性ですのでカビは発生しにくいようなのですが、漆喰に付着した埃や湿気が原因でカビや藻が発生してしまうようですね。よっぽど気になる際はカビ取り剤で取り除きましょう。
下屋点検
漆喰は正常
続いては下屋です。大屋根と同様に瓦に割れは無く平瓦の並びも非常に綺麗でした。特に漆喰はとても綺麗な状態の箇所が多く、補修の必要性を感じさせないほどでした。しっかりと補修メンテナンスを行ってきたことがよく分かります。
どいのしのズレ
こちらは外壁との取り合いで土居熨斗(どいのし)や水切り熨斗と呼ばれる部分です。外壁を伝う雨水が屋根内部に入り込まないように、水切り板金と熨斗瓦が施工されているのですが、上段がずれて抜け落ちてしまいそうな状態です。雨水が吹き込むことで瓦の隙間から雨水が浸入する恐れがありますので補修する必要があるのですが、1箇所だけ補修することが出来ないため土居熨斗の取り直し工事を行っていきます。
下屋棟の漆喰
漆喰の剥がれ
こちらは銅線が切れ棟瓦が動きやすい状態にあります。現在雨漏りは起きていませんので、漆喰の剥がれと銅線の締め直し工事を行い、雨水の浸入と瓦の落下を防いでいきましょう。大屋根の漆喰工事のみでしたら足場は不要でしたが、急勾配(傾斜)の屋根ではありませんが、下屋の補修箇所の作業スペースが狭い為、足場の仮設が必要です。以下から補修工事のご紹介を行いたいと思います。

漆喰補修工事

瓦撤去
漆喰積み
まず2段の熨斗瓦を取り外し、一度真っ新な状態にします。まっすぐに仕上がるように水糸を張ってから南蛮漆喰でおおよその漆喰を形成していきます。後ほど作業を奨めながら修正は行いますが仕上がりとほとんど変わらない量になります。
1段目のどいのし設置
漆喰積み
一段目ののしを微調整をしながらまっすぐに仕上げます。水糸と寸分違わぬ出幅になっている事がわかりますね。ズレを防ぐ為に要所をコーキングで固定していき、2段目は奥に漆喰を詰めていきます。ちなみに熨斗瓦というのは、真ん中に縦筋が入っている瓦で簡単に割れるようになっています。通常は割って施工するのですが、屋根のデザイン性にも関わる部分で30種類以上の形状があるようです。大屋根の棟段を増やしているのもこの熨斗瓦です。
漆喰積み直し工事
棟取り直し工事完了
2段目の熨斗瓦は1段目よりも出幅を短くし積んでいきます。こうすることで安定感も増しますし、雨水の流れを妨げずに排水をし、雨漏りを起こしにくく仕上げることが出来ます。水切り金具は高さを変更することは出来ませんので、漆喰が多いと瓦が入りませんし少ないと隙間が出来てしまう、正に職人の腕による仕上がりですね!端には漆喰を塗り横からの雨水が入らないように施工します。漆喰は瓦よりも外側に出てしまうと雨水をせき止めてしまいますので、漆喰の量も非常に重要です。DIYで補修しているお住まいも見られますが、既存漆喰の上に増し詰めし瓦よりも外側に出てしまう仕上がりにしないようにしましょう。
銅線締め直し
漆喰詰め直し工事完了
こちらは一度棟瓦を外し土を撤去、南蛮漆喰を詰め直し銅線で締め直しました。南蛮漆喰は黒色を使用していますが、しばらくすると白色に変化しますので、漆喰で表面を仕上げる必要もなく、油脂等を混合している南蛮漆喰は漆喰よりも防水性能に優れていますので屋根には最適な材料ですね。

工事を終えて

棟の取り直し工事完了
土居熨斗を一から施工し直すことで、瓦のズレと漆喰をまとめて補修することが出来ました。しっかりとメンテナンスを行っているお住まいだからこそ、少しの不具合で雨漏りを起こしてしまうようなトラブルは起こしたくありません。瓦屋根は漆喰や防水紙の点検・補修を行ってさえいれば、長期にわたってお住まいを守る事が出来ますので定期的なメンテナンスを心がけていきましょう。瓦屋根補修、瓦のズレや落下、雨漏りのご相談等がございましたらお気軽に街の屋根やさんへご相談ください。点検・お見積りは無料ですのでご安心ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら

        屋根補修工事に関連する新着ブログ

        袖ケ浦市の瓦屋根、瓦の落下や瓦のズレは雨漏りへと繋がる危険性
        袖ケ浦市にお住まいのお客様より「瓦が落ちているの見つけ、屋根の状態が不安」と、屋根調査のご相談のお問い合わせいただきお伺いいたしました。瓦が落下した際に、お客様・お住まいに被害がなく安心しましたが、別...続きを読む
        富津市の瓦屋根の雨漏り、瓦のズレが雨漏りの原因
        富津市にお住まいのお客様より「室内天井の一部に急に雨漏りが発生し困っている」と、雨漏り調査のお問い合わせいただきお伺いいたしました。急な雨漏りの発生は、不安になる建物の問題です。雨漏りによる「不安」を...続きを読む
        君津市の庭に落ちていた漆喰の欠片、雨漏り瓦の落下前に修理
        庭にコンクリートの用な欠片が落ちているのを見つけ、廻りを見たところ屋根に欠けている箇所があり、屋根の状態が心配になり屋根調査のお問い合わせいただきお伺いいたしました。屋根の状態によって緊急性が異なりま...続きを読む
        君津市の雨漏り調査、棟瓦が崩れてしまった事が原因
        君津市にお住まいのお客様より「天井に雨染みが急に広がり始め雨漏りではないか」と、雨漏り調査のご相談をいただきお伺いいたしました。雨漏りによって天井の傷みが進行してしまうと、天井材の落下・建物の構造体へ...続きを読む

        屋根補修工事に関連する新着施工事例

        屋根補修工事を行ったお客様の声一覧

        スタッフとお客様
        k様 大網白里市 工事前アンケート
        Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
        強風により棟の釘が浮いてきたため。

        Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?
        インターネット

        Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
        ・すぐ問合せをした。
        ・実際に工事を行う会社、所在地がどこなのか不明

        Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
        ・見積り料金が発生しない。
        ・保険について相談に応ずる。

        Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
        ・明るく丁寧に親切に対応していただいた。
        ・プランなど適切な説明などあり、わかりやすかった。

        before
        ビス打ち替え前
        horizontal
        after
        ビス打ち替え後
        スタッフとお客様
        before
        屋根工事前 雨漏り
        horizontal
        after
        屋根工事後

        H様 いすみ市 工事後アンケート(NO1)
        Q1.工事を依頼する会社を決める時にどんなことで悩まれていましたか?
        スマホ検索で2社に依頼しました。御社の谷さんは雨の日なのにすぐに見にきてくれて、どこが悪くて雨漏りするかを説明してくれました。素人の私にも分かりやすく説明してくれたからです。

        Q2.当社にご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
        他の業者の人は、よくみもしないで老朽化の為だから全部直さないとダメと言われ高額な金額でした。態度が偉そうでした。

        Q3お見積り提出後すぐに工事をご依頼されましたか?もしご依頼されなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
        早くしてほしいからです。雨漏りは精神的に苦痛です。

        Q4.数ある会社の中から当社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
        担当者の人柄・誠実そうにみえました。

        Q5.工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
        満足しています。次もなおすところがあるので、ぜひ、谷さんに指名でお願い致します。今回はありがとうございました。またお願い致します。

        お客様とスタッフ
        N様 工事前アンケート 山武市
        Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
        台風でかわらがズレたので。

        Q2.屋根工事会社をどのように探しましたか?
        インターネットで探しました。

        Q3.街の屋根やさんを知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
        はい。

        Q4.何が決め手となり街の屋根やさんにお問い合わせ頂きましたか?
        信頼出来そうだったから。

        Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
        親切にお話をして下さり、丁寧にチェックと見積もりをして下さいました。ありがとうございました。


        before
        台風 瓦のズレ 瓦の割れ
        horizontal
        after
        瓦の差し替え工事



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!