富津市|太陽光パネルが設置された瓦屋根の雨漏りを葺き直し・棟取り直し工事で改善!

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月24 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

富津市|太陽光パネルが設置された瓦屋根の雨漏りを葺き直し・棟取り直し工事で改善!

工事のきっかけを伺いました!


担当:白石


富津市にお住まいのK様より、瓦屋根からの雨漏りに関してご相談を頂きました。 棟瓦の並びがずれ、更に小屋裏への雨漏りも確認したため、葺き直し工事と棟の取り直し工事をご提案させて頂きました。 更に屋根外壁の取り合いの隙間をシーリング補修を行い、雨水の浸入を防止しました。
富津市にお住まいのK様より、瓦屋根からの雨漏りに関してご相談を頂きました。 棟瓦の並びがずれ、更に小屋裏への雨漏りも確認したため、葺き直し工事と棟の取り直し工事をご提案させて頂きました。 更に屋根外壁の取り合いの隙間をシーリング補修を行い、雨水の浸入を防止しました。


担当:白石

足場アイコン 火災保険アイコン 雨漏り修理アイコン

施工内容屋根補修工事、雨漏り修理

beforeafter
before
雨漏りを起こした瓦
horizontal
after
棟の取り直し工事
texts

headlinesheadline

雨漏り点検

columns
小屋裏確認
断熱材の確認
texts
今回のお悩みは【雨漏り】です。雨漏りが起こる原因は、多くがお住まいの経年劣化です。
屋根や外壁等、目視確認できる部位は定期的に点検とメンテナンスを行っているかと思いますが、屋根の雨漏りを防いでいるのは、屋根の下の防水紙と呼ばれるシートです。
このシートが傷むことによって、室内に雨水が入り込んでしまいます。
まずは小屋裏をみて、どのあたりから漏水を起こしているか、傷み具合によっていつ頃から被害を受けているか、見てみましょう。
columns
雨漏り確認
野地板と呼ばれる屋根の下地木材に、雨水の染みが残っていました。
木材の腐食とカビの状態から、最近漏水が始まったように感じられますが、被害範囲は広いようです。

小屋裏で雨漏り箇所を特定し、屋根の状態を確認していきましょう!
columns
瓦屋根の確認
太陽光設置
texts
大屋根は瓦が綺麗に並び、大きな破損等は見当たりません。
太陽光パネルも設置されているようですので、雨漏りの補修範囲によっては太陽光の取り外しが必要になります。

中には太陽光パネルを設置したところ、雨漏りが発生してしまったというお住まいのご相談も頂きます。
これはパネルの架台を取り付けた際に、開いた穴から雨水が入り込むトラブルです。
パネルを取り付けた部分はメンテナンスが出来なくなるため、雨漏りに気づけたとしても補修が遅れがちになってしまいます。
columns
破風板板金カバー
漆喰の外れ
texts
破風板と軒天の良好な状態を見る限り、定期的なメンテナンスはしっかりされているお住まいです。
大屋根の棟に大きなズレがないように見えますが、固定している銅線が切れてしまっていました。
今は何も起きていなくとも、瓦がずれやすい状態ですので、問題が起きる前に補修しましょう。
columns
棟瓦の外れ
漆喰の状態確認
texts
1階屋根の棟はズレて、のし瓦と呼ばれる平状の瓦が抜けてしまっていました。
積み上げられている瓦ですので、1枚でも抜けてしまえば形状が維持できず、崩壊してしまう可能性があります。
雨漏りの原因になりますので、早急に補修を行っていきましょう。

漆喰に剥がれは見当たりませんが、経年と建物の揺れによりひび割れから剥がれに発展することがあります。
補修の機会があれば、まとめて詰め直し補修を行いましょう。
columns
瓦のズレ
水切り
texts
屋根と外壁の取り合い部です。
こちらも瓦がずれてしまっています。
瓦を剥がしてみると、取り合い部の板金に少しのめくれと、瓦を引っ掛ける桟木に割れが見られました。
桟木が割れれば瓦が止められないため、こちらも補修が必要になります。
columns
防水紙の剥がれ
もう一か所の瓦を剥がすと、防水紙に破れ、捲れが見られます。
初めに説明したとおり、屋根の雨漏りを防いでいるのは防水紙(ルーフィングシート)です。
このシートが劣化していれば、間違いなく雨漏りを起こしてしまいます。

瓦屋根の場合、近年は屋根葺き替え工事で、軽量屋根材へ変更するお住まいが増えています。
しかし、瓦の雰囲気を残したいと思う方も少なくありません。

今回は、瓦を再使用するために、屋根葺き直し工事と棟の取り直し工事をご提案させて頂きました。
ここから補修工事のご紹介です。
headlinesheadline

雨漏り補修工事

columns
瓦剥がし
防水紙の状態
texts
まずは瓦を剥がしていきます。剥がした瓦は再利用する為、慎重に外し屋根上で保管をします。
瓦を剥がすと、至る所の防水紙がめくれてしまっていました。

どこから雨漏りを起こしていても、仕方がない状態です。
防水紙は普段、屋根材で保護されていますが、20年程度で傷み始めてしまいます。
その為、高耐久の屋根材を使用する際には、少なからず防水紙の寿命も考えなければなりませんね。
columns
防水紙
防水紙葺き
texts
下地の野地板自体は腐食もしていないので、補強は行っていません。
新たに防水紙を張り直し、屋根からの雨漏りをブロックしていきます。
張るときには雨水が浸入しないように、必ず軒先から上側に向かって貼り重ねていきます。

columns
瓦桟取り付け
瓦葺き
texts
瓦屋根の場合は、桟木と呼ばれる木材を水平に取り付け、桟木に合わせて瓦をひっかけていきます。
防災瓦と呼ばれる瓦は、強風時に飛散しないように桟木に固定しますが、通常の瓦は簡単に差し替えが行えるように、ただ引っ掛けるだけの施工になっています。
並びが綺麗になるように、水糸を張り瓦を並べていきます。
headlinesstrapline

瓦桟の役割

columns
水抜き穴
瓦桟は瓦を固定するために必ず必要な部材です。
普段目にすることが無い為、存在自体知らなという方も多いですが、メンテナンスが必要な箇所だという事を覚えておきましょう。

この瓦桟ですが、防水紙の上に施工されるため、雨水が流れてくる場所でもあります。
しかし横一線に取り付けられるため、雨水をせき止めてしまいますよね。
そこで、必ず水を通す為の穴(ウォーターホール)が設けられています。
この小さな穴から雨水を流すことで腐食を防いでいます。
columns
棟の取り直し工事
漆喰積み
texts
瓦を並べ終わったら今度は、棟の積み直し工事を行います。
瓦の破片や南蛮漆喰で土台を組みながら、まっすぐにのし瓦を積んでいきます。
この際にも並びが崩れないように、水糸を印にしながら作業を進めていきます。

南蛮漆喰は、本来の漆喰ではありません。
葺き土の代わりに使用され、シリコンや防水材が配合されている為、雨水が浸入しにくい材料になっています。
近年は漆喰で仕上げるところを、南蛮漆喰の白色を使用していることが多いですね。

今回の工事では黒色を使用していますが、経年で主成分の白色に変化していきます。
columns
棟の取り直し工事
下屋の漆喰補修工事
texts
最後に漆喰の詰め直し工事を行い、ひび割れた漆喰を補修し工事は完了です。
漆喰の詰め増し工事も可能ですが、ヒビの入った漆喰の上に塗り重ねても、剥がれまでの期間は決して延びません。
せっかく補修を行った部位が、早めに剥がれてしまう恐れがありますので、ぜひ詰め直し工事をお勧め致します。

瓦屋根はメンテナンスさえ行っていれば、半永久的に使用できるとも言われています。
現在の状況を見極め、最適な補修工事を行っていきましょう。
瓦屋根の雨漏り、メンテナンス、補修費用等、気になる事がありましたらお気軽に街の屋根やさんへご相談ください。
無料点検にお伺いさせていただきます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、例えば台風や強風が吹いた際に、最も多くの補修や点検のご依頼をいただくのが実は瓦屋根のお住ま…続きを読む
瓦屋根のチェックポイント|瓦屋根の修理なら街の屋根やさん千葉
瓦屋根のチェックポイント|瓦屋根の修理なら街の屋根やさん千葉
あなたの屋根は瓦屋根 こまめな点検は必要だけど、 無理は禁物です!  お住まいの不具合は早めに発見してあげ、迅速に補修してあげるのが基本です。お住まいの傷みも少なくて済みますし、軽微であればあるほど費用もお安くなります。  不具合を早めに発見してあげるには定期的な点検の他、悪天候後の検査が必要です。しかし、屋根に上るのは危険です。台風の時などにご自分のお住まいの…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ間違いなく割れます。瓦屋根でこういった多重被害を受けた方もいるのではないでしょうか。自分…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根補修工事 雨漏り修理に関連する新着ブログ

      自宅倉庫の台風被害についてご相談  今回は館山市山本にてお住いのお客様より昨年の台風(令和元年房総半島台風)による被害についてご相談を頂きました。ご相談の内容としては「昨年の台風により自宅の倉庫とし ...続きを読む
      瓦屋根の調査を行いました    袖ケ浦市蔵波で瓦屋根の調査を行いました。昨年の台風15号で(令和元年房総半島台風)により瓦被害を受けているとの事でした。現地に伺いますと棟瓦の約半分が被害を受け ...続きを読む
      棟板金の台風被害がありました  市原市君塚で昨年の台風被害で棟板金の被害調査を行いました。屋根の一部が飛んでしまったとの事で私達、街の屋根やさんにお問い合わせを頂いております。スレート屋根の ...続きを読む
      瓦屋根の調査を行いました  木更津市祇園で瓦屋根の調査を行いました。現在特に屋根の被害はなさそうですが、梅雨時期と今後の台風対策として瓦屋根の調査をご希望でした。瓦自体は割れない限りはメンテ ...続きを読む

      屋根補修工事 雨漏り修理に関連する新着施工事例

      袖ケ浦市三箇にて倉庫の波トタン屋根、補修を行い屋根塗装工事

      施工内容

      屋根補修工事 屋根塗装

      使用材料

      日本ペイント ファインウレタン チョコレート

      九十九里町小関にて昨年の台風により棟瓦が被災、棟瓦取り直し工事を行い復旧しました

      施工内容

      屋根補修工事 瓦屋根工事 棟瓦取り直し  雨樋交換

      使用材料

      なんばん漆喰

      屋根補修工事 雨漏り修理を行ったお客様の声一覧

      屋根が破損、船橋市豊富町のお客様のアンケートをご紹介

      お客様写真

      工事前アンケート画像

      Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      昨年の台風で屋根板がめくれ上り、また物干場のポリカが吹き飛んで危険を感じた

      Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?

      ネットで調べた

      Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      すぐに連絡が来ました。

      Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?

      自宅が船橋なので近いと感じたため

      Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      良いと思う




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      屋根工事の種類
      あなたの屋根はどのタイプ?
      選ばれる理由
      お客様にご安心を12のルール
      施工事例
      会社概要

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

      お問い合わせ
      FAX番号