富津市富津にて外壁と瓦屋根の取り合いにある板金の交換工事で雨漏りを改善

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月24 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

富津市富津にて外壁と瓦屋根の取り合いにある板金の交換工事で雨漏りを改善

工事のきっかけを伺いました!


担当:岡野


今回は富津市富津の築50年程度経過したお住まいの雨漏り補修工事です。4~5年前に一度リフォームを行われたそうですが、リフォーム箇所とは別の場所で雨漏りを起きてしまったようです。始まりは台風等の豪雨時にのみ雨漏りが発生していたようですが、小雨でも漏るようになってしまったことで補修をご検討されたようです。雨漏り箇所はちょうど外壁と屋根の取り合い部分でどちらが原因かの判断が困難でしたので、散水試験を行った上で際谷板金の交換工事を実施致しました。
今回は富津市富津の築50年程度経過したお住まいの雨漏り補修工事です。4~5年前に一度リフォームを行われたそうですが、リフォーム箇所とは別の場所で雨漏りを起きてしまったようです。始まりは台風等の豪雨時にのみ雨漏りが発生していたようですが、小雨でも漏るようになってしまったことで補修をご検討されたようです。雨漏り箇所はちょうど外壁と屋根の取り合い部分でどちらが原因かの判断が困難でしたので、散水試験を行った上で際谷板金の交換工事を実施致しました。


担当:岡野

雨漏り修理アイコン 漆喰詰め直しアイコン

施工内容屋根補修工事、漆喰詰め直し、雨漏り修理

築年数築50年

費用約30万円

保証0年

ハウスメーカーハウスメーカー不明

beforeafter
before
谷板金からの雨漏り
horizontal
after
際谷板金の交換
headlinesstrapline

点検の様子

columns
富津市富津の屋根点検
室内の雨漏り
texts
無料点検にお伺いしたのは築50年になる部分2階のお住まいです。雨漏りを起こしているのは1階、玄関上になりますので生活にも大きな影響を及ぼします。いつ頃から雨漏りを起こしていたのかはわからないようですが、天井クロスの雨染みから察するにここ数か月でのトラブルのようです。クロスに雨染みが出来ることで雨漏りに気づく方が多いと思いますが、雨水は屋根裏を通過し天井に達している為お住まいへのダメージはクロスの雨染み以上です。その為この時点で既に補修の緊急性は高いと判断できます。
columns
瓦屋根点検
下屋の点検
texts
雨漏り箇所の真上は下屋や差し掛け屋根と呼ばれる1階部分の屋根で、屋根材はメンテナンスフリーと言われている和(陶器)瓦です。瓦は太陽光や雨水で劣化することもなく、築50年を経過していても新築時からほとんど変化が見られません。しかしだからといって全く補修の必要性がないという訳ではありません。というのも屋根材に関係なく雨漏りを防いでいるのは下部に葺かれている防水紙です。そして通常使用されている防水紙の耐用年数は20年前後とも言われています。その為瓦屋根であっても10年程度で漆喰補修、15年程度で棟取り直し工事、20~25年程度に1回は葺き直し工事が必要です。
columns
防水紙の確認
雨漏り箇所の確認
texts
瓦をめくってみると防水紙は劣化していることが確認できますが、雨染み等が見られないため雨漏りの原因ではないでしょう。下屋だけでも十分な面積がありますので、このままでは雨漏りを起こした場所を特定することはできません。そこで更に細かく雨漏り箇所を知る為に室内と屋外での場所を確認してみます。
columns
屋根と壁の取り合い
雨漏りを起こしていると考えられるのはちょうど瓦屋根と金属外壁の取り合い部分です。築年数に応じた経年劣化は見られますが目立った雨漏りの原因は見られません。これでは屋根と外壁どちらに原因があるのかが特定できませんので、散水試験をご提案させていただきました。全体補修を行う予定であればわざわざ雨漏り箇所を特定する必要もありませんが、部分的な補修をご希望の場合は雨漏りの原因を突き止めることの出来る散水試験がお奨めです。
columns
霧除け
板金の穴あき
texts
下屋の上部には庇や霧除けと呼ばれる小さな屋根がありますが、本来高い耐久性を持つ板金が経年劣化により穴あきを起こしてしまっていました。軒先に近い部分が劣化しているので今回の雨漏りとは関係ありませんが、このままでは雨水が入り込み下地が腐食し、補修範囲が拡大してしまいます。そこで今回は雨漏り補修と合わせて板金の交換工事を行うこととなりましたので、後ほど補修の様子をご紹介したいと思います。
headlinesstrapline

散水試験

columns
点検口作成
点検口取り付け
texts
雨漏りの箇所が分からなければやみくもに補修することになってしまいますので、時間的にもコスト的にも決して良い方法ではありません。屋外では大方の場所しか分かりませんでしたので室内もあわせて雨漏り箇所を確認させていただき特定したいと思います。押入天井等に点検口がある場合はそのまま屋根裏を確認出来ますが、点検口が無い場合は天井に穴を開け点検口を取り付けさせていただきます。
columns
屋根裏の雨漏り
散水試験
texts
屋根裏では雨漏りの場所がはっきりとわかりますね。更に散水試験で雨水の入り口を判明していきます。散水試験は雨が降ったことを仮定しホースで水をかけていきます。雨漏り箇所を大きく分け、1箇所ずつ数分水をかけその後雨水が入り込んでいるのかを数分かけて確認し…という手順を繰り返していきます。
columns
谷板金
大屋根は正常
texts
そこでわかったのは下屋のと外壁の取り合いが全体的に腐食し雨漏りを起こしているということでした。取り合いは瓦だけでは保護できないためステンレス製板金やガルバリウム鋼板を敷き込んでいるのですが、もちろんいずれは腐食してしまいますので、屋根葺き直し工事等とあわせて補修する必要があります。今回はまず最小限の補修で雨漏りを止めたいという事でしたので、際谷板金・谷板金の交換工事を行います。
texts
大屋根は瓦に割れも見られず棟のズレも見られませんでした。漆喰には補修跡もあり定期的なメンテナンスをされていることがわかりますので、今回は補修しなくとも問題はないでしょう。
headlinesstrapline

雨漏り補修工事

columns
瓦屋根の撤去
棟撤去
texts
際谷板金の交換です。まずは板金に被さっている瓦を取り外します。棟も外壁に近い部分は崩していかなくてはなりませんが、板金交換後は棟を積み直し漆喰補修も行いますので雨漏りのリスクを減らすことが出来ます。
columns
板金取り付け
GL鋼板取り付け
texts
谷板金は屋根面だけをカバーしている訳ではなく必ず外壁にも立ち上げなければ意味がありませんので、外壁も剥がし透湿防水シートを張ってから板金を取り付けます。しっかり外壁の形状にあわせて加工しビスで固定していきます。今回は錆びにくいガルバリウム鋼板を使用している為20年近くは同じ場所からの雨漏りは起こらないでしょう。もちろん瓦屋根や外壁のメンテナンスを行う際には状態確認を行いましょう。
columns
外壁復旧
瓦復旧
texts
板金設置後は瓦の復旧工事です。瓦の葺き直し工事も同時に行えば下屋からの雨漏りをより確実に防ぐことが出来ます。その際には桟木も防水紙も取り替えることも出来ますので、瓦を強固に固定することが出来ます。施工補修や作業工程等に疑問がある方、お見積り希望の方はお気軽に街の屋根やさんへご相談ください。
columns
棟復旧
庇撤去
texts
平瓦復旧後は棟を積み直し漆喰詰め補修を行い工事完了です。補修に使用した南蛮漆喰は、本来の漆喰にシリコンや防水材を混合させることで雨水に強い仕上がりになります。南蛮漆喰には黒色と白色がありますが、黒色を使用しても徐々に漆喰のように白っぽく変色していきますのでご安心ください。
texts
続いて庇の板金補修工事です。既存板金・防水紙を撤去し下地を確認したところ、板金が腐食してからそれほど時間が経過していなかったようで下地補修は必要ありませんでした。
columns
GL鋼板葺き替え工事
霧除け補修工事
texts
防水紙を外壁まで立ち上げガルバリウム鋼板を葺けば庇葺き替え工事も完了です。その後の透湿防水シートも張り金属外壁を復旧しました。
headlinesbyline columns
板金交換工事
外壁と屋根の取り合い部分は経年劣化を起こしやすく雨漏りが起きやすい箇所としても挙げられます。その為、定期的なメンテナンスを繰り返しながら雨漏りが起きないようにしっかりと補修を行いましょう。取り合いからの雨漏りにお悩みの方、雨漏りの原因が分からない・何度も繰り返される、施工費用が知りたい方はお気軽に街の屋根やさんへご相談ください、しっかり原因を突き止め雨漏りを改善させていただきますのでよろしくお願いいたします。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、例えば台風や強風が吹いた際に、最も多くの補修や点検のご依頼をいただくのが実は瓦屋根のお住ま…続きを読む
瓦屋根のチェックポイント|瓦屋根の修理なら街の屋根やさん千葉
瓦屋根のチェックポイント|瓦屋根の修理なら街の屋根やさん千葉
あなたの屋根は瓦屋根 こまめな点検は必要だけど、 無理は禁物です!  お住まいの不具合は早めに発見してあげ、迅速に補修してあげるのが基本です。お住まいの傷みも少なくて済みますし、軽微であればあるほど費用もお安くなります。  不具合を早めに発見してあげるには定期的な点検の他、悪天候後の検査が必要です。しかし、屋根に上るのは危険です。台風の時などにご自分のお住まいの…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ間違いなく割れます。瓦屋根でこういった多重被害を受けた方もいるのではないでしょうか。自分…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根補修工事 漆喰詰め直し 雨漏り修理に関連する新着ブログ

      自宅倉庫の台風被害についてご相談  今回は館山市山本にてお住いのお客様より昨年の台風(令和元年房総半島台風)による被害についてご相談を頂きました。ご相談の内容としては「昨年の台風により自宅の倉庫とし ...続きを読む
       屋根の最も高い部分を棟と呼びます。屋根面の繋ぎ目であり、若干の隙間ができますので、瓦や板金で覆われています。瓦屋根の場合、漆喰で土台を形成し、上から棟瓦を乗せて保護しているのですが、台風や強風・経年 ...続きを読む
      瓦屋根の調査を行いました    袖ケ浦市蔵波で瓦屋根の調査を行いました。昨年の台風15号で(令和元年房総半島台風)により瓦被害を受けているとの事でした。現地に伺いますと棟瓦の約半分が被害を受け ...続きを読む
      庭に落ちた漆喰についてご相談  今回は富里市七栄にお住いのお客様よりご相談を頂きました。「自宅の庭に屋根から落ちてきたと思われる土のようなものがあるので調査をお願いしたい」とのことでした。まずは調査 ...続きを読む

      屋根補修工事 漆喰詰め直し 雨漏り修理に関連する新着施工事例

      袖ケ浦市三箇にて倉庫の波トタン屋根、補修を行い屋根塗装工事

      施工内容

      屋根補修工事 屋根塗装

      使用材料

      日本ペイント ファインウレタン チョコレート

      九十九里町小関にて昨年の台風により棟瓦が被災、棟瓦取り直し工事を行い復旧しました

      施工内容

      屋根補修工事 瓦屋根工事 棟瓦取り直し  雨樋交換

      使用材料

      なんばん漆喰

      屋根補修工事 漆喰詰め直し 雨漏り修理を行ったお客様の声一覧

      屋根が破損、船橋市豊富町のお客様のアンケートをご紹介

      お客様写真

      工事前アンケート画像

      Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      昨年の台風で屋根板がめくれ上り、また物干場のポリカが吹き飛んで危険を感じた

      Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?

      ネットで調べた

      Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      すぐに連絡が来ました。

      Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?

      自宅が船橋なので近いと感じたため

      Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      良いと思う




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      屋根工事の種類
      あなたの屋根はどのタイプ?
      選ばれる理由
      お客様にご安心を12のルール
      施工事例
      会社概要

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

      お問い合わせ
      FAX番号