庇とは?ひさし屋根のメリットやメンテナンス方法をご紹介いたします

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月20 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

庇とは?ひさし屋根のメリットやメンテナンス方法をご紹介いたします

更新日 : 2020年07月06日

更新日 : 2020年07月06日

 庇とはお住いのどの部分かご存じでしょうか。庇は窓や玄関などの開口部の上に設けられている小さな屋根のことを指します。ちょっと前のお住いだと 必ずといっていいほど庇が取り付けられています。外壁や屋根よりもメンテナンスを軽視されがちですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合も起こりますのでやはりメンテナンスは重要です。
 最近のお住いはデザイン性が高く庇のないお住いも増えてきていますが、やはり庇があったほうが便利と言われる方も多いです。
 本日は庇について、庇のメンテナンスや補修方法をご紹介いたします。


玄関庇

庇とは

 窓や玄関などの開口部の上に設けられている小さな屋根のことを「庇(霧除け)」といいます。実はこの庇の有無でお住いの利便性が大きく異なってくるのです。ですので、これから新築でお住いを建てることを考えている方は、お隣との敷地の関係でつけることができないなどの理由以外は庇を取り付けることがお勧めです。

庇を取り付けるメリット

 庇を取り付けることのメリットをご紹介したいと思います。

直射日光 日差し

①日除けの役割で夏場は涼しく過ごせます
庇は太陽光を遮ってくれるので日陰を作ってくれます、ですので夏場はお部屋の直射日光の差し込む量が減り、室内の温度上昇を抑えてくれ、涼しく過ごせることができます。また、お部屋の直射日光の差し込む量が減るということで室内にある本などさまざまなものの日焼けを防いでくれます。ですので、畳や床、カーテン、家具の日焼けによる色あせを抑制してくれるのです。

畳 家具や床
 逆に庇で日光を遮ることで冬場は室内が寒くなるのでは?と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。
 しかし、庇のせいで冬は寒くなるということはありません。これは太陽の日射角度に秘密があり、夏の南中時の日射角度は78度で太陽光はほぼ真上にやってきます。一方冬の日射角度は31度です、横から太陽光が差し込むので庇に遮られることがないのです。そのため、夏場は涼しく、冬は寒くなるということはなくなるのです。

②雨の吹き込みがある程度まで防止できる
庇の大きさにもよりますが、台風のように風が強くなく小雨程度であれば窓を開けることができます。ですので雨でも室内の空気の入れ替えができます。

③外壁などが汚れにくい
庇は上記でもお話したように雨を遮ってくれます。そのため、庇が設置されている窓や玄関、外壁に雨水が直接当たる機会も少なくなります。そのため必然的にも汚れが付きにくくなります。また、庇があることで、窓枠に伝う雨だれも少なくなりますのでその跡も付きにくくなります。

 以上のように、庇を取り付けることで得られるメリットがあります。
 また、サッシや玄関に使用されているシーリングが劣化しにくくなり、その部分からの雨漏りのリスクを軽減することができます。

雨漏りの原因になることもあります

ひさし 庇

 上記で、サッシや玄関のシーリングがされている箇所からの雨漏りのリスクが軽減されるとをご説明しましたが、実は庇自体が劣化し、不具合が発生しそれが原因で雨漏りが起こり得ることもあります。
 庇は屋根よりも勾配が少ないことのほうがほとんどです。サイズが屋根のように大きくはないので問題となることは少ないですが、屋根のように排水性が高いとは決して言えません。庇の上や横、下や外壁の取り合い部分のシーリング、ひさしの表面下の防水紙、それらが傷み始めるとそこから雨水が浸入しはじめるのです。
 また、庇と外壁の取り合い部分はひび割れ(クラック)が起こりやすい部分でもありそこから雨水が浸入する危険性もあります。
庇からの雨漏りの場合は、雨水が外壁と内壁の間に染みていくためなかなか発見しづらく、庇が原因となり気づかないうちに雨漏りが進行していたということがあります。
 築年数がそれなりに経過しているお住いの場合は庇の骨組みがしっかり組まれており柱などの構造体に取り付けられていることもあります。こういう場合は腐食が進行してしまうと内部の構造邸まで補修をしなくてはいけないケースもありますので、場合によっては外壁などを剥がさねばならず、かなり大規模な工事になってしまいます。

庇にメンテナンス方法

玄関 シーリング

 庇も屋根同様に定期的に点検やメンテナンスを行うことで雨漏りを防ぐことができます。一般的なお住いの場合、庇の表面には板金が使用されていることが多く、ほとんどはガルバリウムやトタンアルミです。トタンやガルバリウム製で塗装されている場合には再塗装することによって錆から鋼板を守ることができます。10年に1度は塗装によるメンテナンスを行うことがおすすめです。
また、板金の錆や穴あきといった傷みが見られる場合にはカバー工法を行うことがおすすめです。庇が変形していまったり歪んでしまっていたり、傾きが見られる場合には新しい庇への交換を検討することがおすすめです。

まとめ

点検見積もり

 いかがでしたでしょうか、本日は庇についてご紹介いたしました。近年庇のないお住いも多いかと思います。庇のないお住いに新規に庇の設置を行ったり、後付けすることが可能です。
 街の屋根やさん千葉では、庇の設置やメンテナンスもおこなっております。点検やお見積もり、屋根に関するご相談やご質問は無料で承っておりますのでお気軽にご相談ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!