腰折れ屋根が採用される理由とメンテナンス時の注意点をご紹介

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月23 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

腰折れ屋根が採用される理由とメンテナンス時の注意点をご紹介

更新日 : 2020年03月10日

更新日 : 2020年03月10日

屋根には様々な形状がありますが、住まいの屋根が有名な切妻屋根や寄棟屋根と異なり複雑な形状をしていると「我が家は何に気を付けなければいけないのだろう?」どうしようもない不安を感じてしまいますよね?そこで今回はそれほど馴染みがないのではないかと思う【腰折れ屋根】についてご紹介したいと思います。

どのような形状なのか、どのようなメリット・デメリットがあるのかを確認し適切なメンテナンスを実施しましょう。

腰折れ屋根とはどんな屋根?

腰折れ屋根と言うのは屋根が途中で折れ曲がるような形状をした屋根を指します。マンサード屋根やギャンブレル屋根、駒形屋根とも呼ばれるこの屋根は主に建築時に考慮しなければならない北側斜線によって屋根の傾斜を変えざるを得ないという住まいが多いように感じます。

ちなみにマンサード屋根は面の数を問わず全面が腰折れ屋根になった屋根形状のことを指すようです。

ギャンブレル屋根というのは18世紀ごろにヨーロッパからアメリカに伝わった、二面切妻二段勾配屋根と呼ばれる屋根形状ですが、簡単に言えば切妻屋根の両面を腰折れ屋根に仕上げた駒形の屋根形状です。

腰折れ屋根のメリット・デメリット

このように屋根面がはっきりと折れ曲がった屋根のことを『腰折れ屋根』と呼びますが、マンサード屋根やギャンブレル屋根共に屋根の仕上げ方、注意点は変わりませんので腰折れ屋根について知りメンテナンス方法に役立ててくださいね。

まっすぐな屋根 急こう配屋根

通常良く見ている屋根面は急こう配であっても直線ですよね?敷地に問題がなければ直線の屋根に仕上げることがほとんどです。しかし直線屋根に仕上げるにあたって、隣家との距離があり北側斜線・日影規制を最低限クリアしなければならないため、特に都市部では腰折れ屋根のお住まいを見かけることがままあります。

腰折れ屋根のメリット・デメリット

では実際にどのようなメリット・デメリットがあるのかを知っておきましょう。
・腰折れ屋根のメリット
当然ですが屋根は傾斜(勾配)があればあるほど水はけが良くなります。腰折れ屋根の場合は途中までは通常の勾配だとしても、最終的には急勾配になり水捌けが良くなり屋根材の劣化を遅らせることが出来ます。
また先ほども申し上げた通り建築時に北側斜線を考慮して腰折れ屋根を採用した住まいもあるかと思います。このように敷地に対して制限があっても腰折れ屋根にすることで住宅を建てることが出来るのです。

・腰折れ屋根のデメリット
対して腰折れ屋根には注意点もあります。腰折れ屋根の場合勾配が急に変わる部分は雨漏りを起こしやすい部位でもあります。この境目は角度も変わる為屋根材ではカバーしきれず板金等で保護することがあるのですが、十分な処理を行わないと境目から雨漏りを起こす可能性が十分にあるのです。

腰折れ屋根の劣化 傷みやすい屋根の箇所

2枚の写真をみてもわかるように腰折れ屋根の上部は雨水や太陽光だけでなくピンポイントで風の影響も受けますので必然的に傷みやすい場所です。

腰折れ屋根を補修する様子と注意点

直線的な屋根でないため、補修上の注意点はありますので、しっかり理解したうえで補修に臨むことが大切です。今回はスレート屋根へのカバー工法を例に工事の様子をご紹介したいと思います。

防水紙による保護 屋根カバー工法

カバー工法の際には必ず雨水が内部に入り込まないよう軒先、つまり腰折れ屋根の部分から防水紙を葺いていきます。その際にも必ず防水紙は屋根の継ぎ目をカバーするように施工します。直線的な屋根面は通常通りの施工が可能ですが、腰折れ屋根の場合、途中で必ず板金を加工し雨仕舞を確実に施工する必要があります。

板金加工 腰折れ屋根のカバー工法完了

このように屋根の折れ曲がる部分を境に板金を取り付け雨水の浸入を防いでいきます。上述した通り腰折れ屋根は境目が傷みやすく雨漏りを起こしやすい箇所ですので、正しく施工できるような屋根業者に補修工事を依頼するのが非常に大切です。

屋根カバー工法完了

最後ですが、腰折れ屋根を補修する際には勾配が急になることから、それほど面積がない腰折れ屋根部分であっても屋根足場が必要になるケースがあります。腰折れ屋根である以上隣家が近いということも想定されますので工事前の近隣挨拶はもちろん、メンテナンス回数を減らし周辺にお住まいの方へご迷惑とならないようにしていくということも大切です。

腰折れ屋根に関するまとめ

腰折れ屋根は切妻屋根や寄棟屋根といった代表的な屋根形状とは異なり特殊で目を惹く屋根形状です。しかしその分雨漏りのリスクは高く定期的なメンテナンスは欠かせません。屋根のプロに補修工事を依頼するということが最も大事になります。

また立地や敷地の問題状腰折れ屋根を採用したお住まいは周辺環境にも留意しなければなりません。屋根の補修工事を行う際に外壁塗装を同時に行うなど足場仮設が必要な補修工事はまとめて行うようにしていきましょう。

私たち街の屋根やさんは屋根はもちろん外壁や軒天、雨樋の補修工事も承っておりますので、気になる箇所がある、補修工事が必要なのか見てほしい等お悩みの点がございましたらお気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
   一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが傷んできます。定期的なメンテナンスが必要になってくるのです。 …続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!