越屋根のメリット・デメリットや屋根リフォームのポイントをご紹介

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年10月26 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

越屋根のメリット・デメリットや屋根リフォームのポイントをご紹介

更新日 : 2020年03月09日

更新日 : 2020年03月09日

 屋根には色々な種類がありますが、越屋根はその一つです。屋根の上にもう一つ屋根を乗せたその景観はとても立派で建物自体も大きく見えます。景観の良さだけでなく機能性にも優れていることから昔から採用されているこの越屋根ですが、このページでは越屋根のリフォームのポイントやメリット、デメリットについてご紹介いたします。

 屋根の形状は様々ですが、越屋根と言われてすぐにピンとくる方は少ないでしょう。屋根の上にさらに小さな屋根をのせたのが越屋根といいます。一般的に多いのが切妻タイプの屋根の上にさらに小さな切妻屋根が乗っているケースです。小さな屋根を設けることでできる立ち上がり部分に採光窓を設置できるので、そこから多くの光を取り込めることや、屋根がゴージャスになり、その存在感のある景観が好まれてこの屋根を選ぶ方も多いです。
入母屋に並んで越屋根は伝統的な屋根であり、歴史的建造物にも使われている他、和風建築や古民家の屋根にも多く取り入れられています。

 越屋根の立ち上がり部で採光窓がとれることで、お部屋に多くの光を取り入れることができます。同じような用途で天窓もありますが、天窓の場合は屋根の一部が窓になるため経年劣化によってコーキング部が劣化し雨漏りすることや、建物が古くなってくると使われていた天窓もすでに生産がされていないケースもあり、補修が簡単にできないこともあります。越屋根の場合は立ち上がり部の壁面に窓を設置するため、直接雨水が当たりにくく、そこからの雨漏りもそこまで心配がありません。
また、採光窓の役割以外に換気の役割も果たします。高いところに換気窓をつける方が換気効率がいいことから夏場、部屋の熱気や湿気をそこから逃がすことができるので快適に過ごせます。
 他にも屋根の高さがあるので、お部屋の天井を広くとれて広々とした空間を演出することができることもメリットです。

 見た目の通り、屋根の形状が複雑なので建設時やメンテナンスにコストがかかります。また、お住まい全般にいえることですが、造りが複雑になるほどどうしても雨漏りのリスクは高まりますので、越屋根は一般的な切妻屋根などよりも雨漏りの可能性が高くなります。
また、屋根の平らな部分が少ないため太陽光パネルの設置にも不向きです。

越屋根の屋根リフォームについて

 越屋根の屋根リフォームといっても、一般的な屋根工事とそれほど相違なく行うことができます。屋根材の交換が必要になる屋根葺き替え工事や屋根カバー工法、屋根塗装なども対応できます。
 また、越屋根部分も同様に屋根葺き替え工事やカバー工法が可能です。
比較的和風建築に多いタイプの越屋根ですが、実は工場の屋根にも使われていることがあります。その場合は瓦ではなく金属屋根材が使われており、これは一般住宅でも同様のことが言えます。瓦の越屋根を金属屋根材に変えることで和風なイメージからモダンな印象にイメージチェンジすることも可能です。
ご注意いただきたいこととして、どうしても屋根の形状が複雑なことから作業工数が多くなってしまったり、必要な部材も増えることから費用は割高になってしまいます。また、屋根の部分だけでなく、立ち上がり部も同様にメンテナンスが必要になります。今後のメンテナンスコストを考えてあまり費用を掛けたくない方は切妻屋根や寄棟などのタイプの方がいいかもしれません。

越屋根の屋根葺き替え工事 ルーフィング設置 越屋根の通気口設置工事

 左写真は越屋根の屋根葺き替え工事の様子です。既存の屋根材を撤去して野地板の上から防水紙を設置しています。また、右写真は通気口を新設した様子になります。

越屋根で使われる屋根材

 屋根のタイプによって適した屋根材とそうでない場合があります。
 越屋根で一番多く使われるのは瓦です。越屋根は歴史のある建物ということから、瓦屋根にも適した屋根形状と言えます。続いて多いのはトタンやガルバリウム鋼板を使った金属屋根材です。
 他には一般的な住宅ではありませんが、古民家の場合は茅葺の場合もあります。この茅葺屋根に設けられた越屋根の下にはかまどや囲炉裏があり、越屋根の換気口から煙を外に逃がしていました。
 逆にあまり使われない屋根材はスレートやセメント瓦です。

 

越屋根を金属屋根材で屋根葺き替え工事 越屋根の茅葺屋根

越屋根の使われている建物の紹介

・競進社模範蚕室
 埼玉県本庄市にある有形文化財です。養蚕(ようさん)専用の蚕室で、建物内には炉が設置されていることから、その吸気、排気のため天井に通気口を設けやすい越屋根が採用されたようです。内部は数個の部屋に分かれており、各部屋ごとに越屋根がついているので屋根には複数の越屋根があります。

・杉山家住宅
 大阪府富田林寺内町にある有形文化財です。昔から大阪で栄えたこの町は多くの商家があり、その建物が今でものこっています。もともと茅葺の家だったものが瓦を使って町屋に改造したのは江戸時代末期といわれています。建物には大きな竈があったことから越屋根部分から排気していたようです。この辺りの古民家には越屋根が多く採用されているのはこのためです。

・旧大家倉庫
 北海道小樽市登録歴史的建造物として登録されています。この辺りは運河によって栄えており、商人が運んできた物品を保管するために建てられたそうです。建てられたのは明治時代で、当時は倉庫の大きなは財力を示すステイタスであったこともあり、越屋根が採用されたそうです。

越屋根の杉山家住宅 越屋根の旧大家倉庫

まとめ

 越屋根は歴史のある屋根の形状ですが、現代においても採光性や換気性の高さからお住まいにも使われています。やはり魅力はその存在感のある屋根のボリュームです。建設時の費用やメンテナンスコストがかかることから、比較的珍しい屋根のタイプですが私達街の屋根やさんでは越屋根の工事も多く手掛けております。
 古くなった越屋根は雨漏りのリスクも高まりますので、現在特に問題を感じていないとしても10年以上点検をしていない場合は専門店のチェックを受けるようにしましょう。私達街の屋根やさんでは越屋根のお住まいも無料で点検させていただきます。また、もし工事が必要な問題が発生した場合は無料で工事のご提案やお見積りの作成を行いますので、お気軽にご相談ください。

※屋根工事についての初回点検から工事までの流れはこちらのページをご参照ください。

 

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

戸建てから工場・倉庫、複雑な形状の屋根の面積を簡単に算出する方法
戸建てから工場・倉庫、複雑な形状の屋根の面積を簡単に算出する方法
 建物によって屋根材は違うから屋根塗装の面積も大きく違います。「家と隣はほぼ同じ建坪、屋根の面積もほぼ同じ」と思い、お見積もりを出してみたら、大きく違った」という方はおられませんか。例として一般的な化粧スレートとセメント瓦の波形洋瓦を較べてみましょう。一般的な化粧スレートはほぼ平らです。それに対して…続きを読む
失敗しない屋根リフォームのコツ
失敗しない屋根リフォームのコツ
屋根のメンテナンスがなぜ必要なの? 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。 春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで…続きを読む
街の屋根やさんの屋根リフォーム「不安ゼロ宣言」
街の屋根やさんの屋根リフォーム「不安ゼロ宣言」
 街の屋根やさんのサイトをご覧いただき、まことにありがとうございます。今このページをご覧になっている方の多くが、屋根リフォームに対して心配や気がかりな事があるのではないでしょうか? 街の屋根やさんのサイトをご覧いただき、まことにありがとうございます。今このページをご覧になっている方の多くが、屋根リフ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!