鴨川市の防水工事|排水ドレンの改修工事の様子です

更新日:2016年11月9日
県内有数の観光地鴨川、その駅前にアウトドアショップを経営するオーナー様ご所有のビルの防水工事をご依頼いただきました。
ベランダ、屋上、塔屋と3箇所の防水工事をしました。防水工事の詳細をご存知ない方も多数いらっしゃると思います。
今日はその中の工程の一つ、排水部分の改修工事をご説明します。

防水はその面全体を行う工事です。水は排水口に流れていきますがその部分の漏水も結構多いのです。
なんといってもいつも水が流れる場所ですので。危険性のはらんだ場所ってことです。
なので改修の際には新しい改修用のドレン(排水口)を設置することが主となります。
鴨川市 防水 改修ドレン007_R
この天井のシミの原因が防水層の劣化です。
鴨川市 防水 改修ドレン008_R
防水面全体が傷んでいるのですが、ドレンの脇にも大きな隙間が空いています。
鴨川市 防水 改修ドレン002_R
既存の防水層(ここはアスファルト防水でした)を撤去、高圧洗浄をして下塗りにモルタルを塗布した状態です。
もちろん枠にもモルタルとコーキングを注入しています。
鴨川市 防水 改修ドレン006_R
使用するのはこの鉛製の改修用ドレンです。
既存の排水の口径に合わせてサイズを選びます。
鴨川市 防水 改修ドレン003_R
鉛製で出来ている理由として既存の形に合わせやすい(細工がしやすい)という事があげられます。
鴨川市 防水 改修ドレン004_R
隙間を極力埋めた後でコーキングを周りに充填していきます。
鴨川市 防水 改修ドレン005_R
コーキングがある程度乾いたらさらにその上に専用のテープを張っていきます。
鴨川市 防水 改修ドレン001_R
さらにその上に下塗り材を塗って仕上げていきます。
仕上げと言っても下処理の仕上げです。
上記の工程を経て、初めて他の箇所の防水工事に着手できるのです。
簡単に防水工事と言っても乾かす時間や補修など手間と時間をかけて行わないとしっかりとした防水は出来ません。

工程の詳しい流れはまたご説明いたします。

防水工事に関連する新着ブログ

市原市のアパート新規防水工事に着工いたしました
市原市のアパート新規防水工事です。既存の防水はシート防水です。シート防水は経年劣化よって密着性の低下や伸縮によって浮きが発生してしまいます。その影響によって排水口付近の防水層が破けやすくなり雨漏りの原...続きを読む
木更津市のベランダ防水の劣化による雨漏り
木更津市にお住まいのお客様より雨漏りが起き困っているとご相談のお問い合わせをいただき調査にお伺いいたしました。室内の雨漏り状況の確認です。雨漏りの影響によってクロスが剥がれ浮いてしまっています。雨漏り...続きを読む
君津市の防水調査継ぎ目のひび割れなど劣化の発生
君津市にお住まいのお客様より築15年が経過し防水面の状態が気になるとの事でお問い合わせをいただき調査にお伺いいたしました。防水はアスファルト防水が施されています。特徴として、合成繊維にアスファルトを含...続きを読む
市原市の陸屋根アパート防水調査20年経過したシート防水
市原市にアパート経営をされているオーナー様から築後20年経過しメンテナンスを行っていない陸屋根防水の工事を検討しているとご相談をいただき調査にお伺いいたしました。屋根にのぼり調査を開始します。防水の種...続きを読む

防水工事に関連する新着施工事例

鴨川市|テナント入居に伴い漏水調査・屋上のウレタン塗膜防水
鴨川市|テナント入居に伴い漏水調査・屋上のウレタン塗膜防水
施工内容
防水工事
使用材料
ダイフレックス DSカラー



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!