昔ながらの防水下地であるバラ板のメンテナンスについて

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月24 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

昔ながらの防水下地であるバラ板のメンテナンスについて

更新日 : 2020年02月19日

更新日 : 2020年02月19日

屋根の防水下地の野地板、屋根の下に設置されていることからお目にかかるケースは殆どありません。しかし、屋根の重要な部分であり古いお住まいに使われているのがバラ板の場合は築年数も経っていることから新しく交換するケースがほとんどです。このページではバラ板のメリットデメリットからメンテナンス方法についてご紹介いたします。
※このページは約6分程度で読了できます。


屋根の防水下地

屋根の防水を考えるると、誰もが一番に屋根材に注目するのではないでしょうか?確かに屋根材によって雨水を防いでいるのですが、実は屋根材だけでは十分な防水にはなりません。

屋根材よりも、その下に設置されている防水紙(ルーフィング)があることで屋内への浸水を防いでいるのです。瓦やスレートの場合は重なるように設置されているので、水分が入りにくくはなっていますが、風向きや雨量。さらには雪などの場合は屋根材の隙間から内部に浸水することがあります。浸水してきた雨水を完全に遮断するために防水紙があるので、逆に防水紙に穴などが空いていなければ屋根材が破損した場合でもすぐに雨漏りするようなことはないのです。

防水紙 防水紙をカットします

現在の屋根の下地と昔との違い

最近の下地は野地板に構造用合板、その上にアスファルトルーフィングという防水紙、その上に屋根材という構成です。それに対して築年数が40年以上前になってくると、野地板にはバラ板、防水紙にはトントンという杉の皮が使われています。その上に屋根材というのが一般的ですが、さらに古く60年以上前になるととんとんの上から土を使っている(土葺)の屋根もあります。この工法は現在ではほとんど使われることがなく、神社仏閣、もしくは蔵など特殊な建物でみることができます。

 

バラ板とは

バラ板は屋根の下地を構成する野地板の一種です。屋根は何層かのレイヤー構造になっており、一番上に屋根材、その下に防水紙、さらにその下に野地板が垂木の上に取り付けられています。

バラ板の素材は杉の木で、大体90mm~120mm程にカットした細長い木材です。小幅板(こはばいた)や荒野地(あらのじ)などの名称でも呼ばれています。バラという名前がつく通り細長い板でサイズも均一ではありません。そのため屋根前面を隙間なく覆うという考えではなく、逆に通気性を良くして乾燥しやすくするために隙間をあけています。

近年では防水の技術が向上しており、防水紙自体に透湿といって湿気が籠りにくいものが主流です。そのためバラ板よりも構造的に強い構造用合板が最近は使われており、バラ板は新築で使われることはほぼなくなりました。

 

バラ板のメリット・デメリット

・メリット

バラ板は前項でも述べた通り、最近では殆ど使われることがありません。しかし、それより前は野地板のスタンダードだったバラ板にはやはりメリットがあったからです。その一つは通気性の良さです。材になっている杉は乾燥しやすいことや、設置においても隙間があることで屋内の湿気や熱気が小屋裏に籠りにくく、結果として屋根が長持ちすることになります。実は現在主流の構造用合板よりもその耐用年数は長く、約40年ほどです。

 

・デメリット

現在主流の構造用合板と比較し、デメリットは強度が低いことです。バラ板の屋根の場合は屋根材の重さにも関係しますが太陽光パネルの設置をご検討される場合は、屋根の強度の問題からそのままでは設置できないケースも多いです。

他にもバラ板の設置は隙間があるため、防水紙が傷んだ場合の雨漏りのリスクも高まります。

 

バラ板のメンテナンス時期

バラ板は耐用年数40年程です。乾燥しやすい材や設置方法なので湿気による腐食は屋根が健常ならそこまで問題はありません。しかし雨漏りすると材自体が腐食てしまったり、台風の飛来物で屋根が破損するケースもあるので耐用年数に限らず都度のメンテナンスが必要です。また、屋根材自体が重い陶器瓦の場合はその分のバラ板にも負担がかかるため、建物の強度を考えてバラ板から構造用合板に交換するケースが多いです。

街の屋根やさんでは屋根の点検を行う場合、屋根に上って実施しますが、野地板自体が傷んでいるとその上を歩くとブカブカと沈み込むことがあります。そうなっているとかなり傷んでいる証拠ですので、野地板を交換しなければなりません。

バラ板の野地板のメンテナンス方法

バラ板をメンテナンスするといってもほとんどの場合が交換となります。部分的、もしくは全体的な交換をする上で、バラ板が屋根材の下に設置されていることから、メンテナンスをする場合は一旦屋根材を撤去する必要があります。

そのため、殆どが屋根葺き替え工事に合わせて野地板のメンテナンスをすることとなります。

その場合は防水紙も新しく交換し、野地板もバラ板よりも強度の高い構造用合板を設置するので以前よりも強い屋根へと生まれ変わります。

バラ板の交換方法は主に2つです。

 

・増し張り(ましばり)

増し張り、もしくは重ね張りともいいます。もともと設置されていたバラ板の上から重ねて野地板を設置する方法です。野地板が二重になるので屋根の強度はアップすることや、地震の揺れにも強くなります。

この施工ができるのはバラ板や垂木に傷みがないことです。

 

・張り替え

バラ板や垂木が腐食している場合、その上から増し張りしても見た目は綺麗になっても強度の回復は望めません。そのような箇所は撤去して新しい野地板に交換します。増し張りは野地板が二重になり重量が増しますが、張り替えは重量的には大きくかわらないため屋根の軽量化を目指す場合は張り替えをお勧めします。

 

まとめ

古くから使われている野地板であるバラ板、築年数が40年以上経っているお住まいの場合はこのバラ板のケースが多いのですが、この時期はすでにメンテナンス時期を超えています。

特に古くなったバラ板は水分による腐食も早いため、経年劣化に気付かず、急な雨漏りに困らないためにも、一度専門家の調査を受けることをお勧めします。最近では耐火性の高い野地板もありますし、バラ板から構造合板を使うことで建物の強度も向上させることができます

街の屋根やさんではお住まいの点検や工事が必要になった場合のお見積りを無料で承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせから工事までの流れはこちらをご参照ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
   一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。 …続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!