差し棟とは?差し棟仕様と棟包仕様の違いについて

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月20 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

差し棟とは?差し棟仕様と棟包仕様の違いについて

更新日 : 2020年02月25日

更新日 : 2020年02月25日

こちらの記事は棟板金、差し棟についてご紹介しております。

お住いの屋根は経年により劣化していきます。劣化してしまった屋根はそのまま放置しておくと雨漏りが発生することもありますので、定期的に点検やメンテナンスを行うことが大切です。
屋根のメンテナンスには、屋根塗装や屋根の葺き替え工事、屋根カバー工法などが主にあります。
その中でも、屋根葺き替え工事を行う際に少し使用を変更し、屋根をより美しく、スリムに見せることができる方法があるのです。
それが差し棟仕様です。
本日は、差し棟仕様と棟包仕様についてのご紹介をしたいと思います。

お住いの屋根を美しく、スリムにみせる差し棟仕様と棟包仕様

差し棟仕様と棟包仕様はそれぞれ、寄棟屋根にある隅棟(下り棟、降り棟)という部分の納まりの施工方法の違いになります。

隅棟(下り棟、降り棟)とは

屋根と屋根の面が出会う山状の部分を棟(むね)と呼びます。屋根の形状にもよりますが、寄棟屋根で例えますと、一番天辺の頂上にある棟を大棟、大棟から四隅へと対角線上に伸びている棟を隅棟(下り棟、降り棟)と呼ぶのです。
この棟に板金が設置されていることから棟板金と呼ばれているのです。

棟包仕様について

棟包仕様とは、お住いの屋根の天辺に設置されている棟板金を指します。
棟板金とは、いったいなんだろう?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。街の屋根やさんでお問い合わせをいただく際も「棟板金がとんでしまった」という内容よりも、「屋根の一部」や「板金」、「金属」が落ちてきている、飛んでしまったというお問い合わせが多いです。
棟板金は、主にスレート(カラーベスト・コロニアル)系の屋根を留めている金属部分を指しています。
屋根と屋根の面が合わさる三角状の接合部分を覆っていることで雨水の浸入と屋根材の固定を担っているのです。

差し棟仕様について

差し棟仕様とは隅棟の板金が個別に納まっている状態です。
差し棟仕様または、棟コーナー使用と呼ばれています。
分譲住宅のほとんどでは棟包使用の屋根が多く見受けられますが、最近では、差し棟仕様のお住いも増えてきています。
このような差し棟仕様にするには、施工上の違いから、屋根葺き替え工事の際に使用を変更することがおすすめです。
ただし、屋根形状により、一部変更できない場合もありますので、ご希望の際はリフォームを行う際に施工業者の方に相談しましょう。

風の影響を受けやすい棟板金

台風後や強風時に特にお問い合わせの多い内容が棟板金の飛散です。
風の影響を受け、剥がれや飛散、変形といった不具合が発生しやすいのです。
棟板金はなぜ風の影響を受けやすいのか?
それは、屋根の頂上、一番高いところに設置されているからなのです。

台風や強風など風によって建物が受ける負担を数値で表現したものが風荷重です。
この風荷重とは、「風荷重=風圧力×受圧面積」で求めることができます。受圧面積とは風を受ける面積、そして風圧力とは風が建物に加える圧力のことを言います。
ですので、風圧力か受圧面積のどちらかの値が上がれば上がるほどお住いへの負担が大きくなるのです。

棟板金の飛散や剥がれの原因について

棟板金は上記でお話ししましたように、屋根の頂上部分と四隅に設置されている板金です。
棟板金を設置するためには、まず、板金を固定するための貫板(芯木とも呼ばれる部分、板金を留めるための部材)を棟に固定し、板金を被せ釘で取り付けられています。
棟板金の飛散の原因には、この釘や貫板が原因になります。
経年劣化により釘の浮きや貫板の腐食が始まり、板金を抑える力がなくなってしまうため、強風時などで板金が飛んでしまったり、めくれてしまったりするのです。

棟板金の飛散は二次被害を招くそれがあります。
例えば、棟板金が飛散してしまったことで、ご近所さんの庭に落下してしあったり、車などにあたってしまい、破損してしまった場合や最悪の場合は、通行人にあたりけがをさせてしまうなんていう危険性もあります。
特に都会は住宅が密集しているケースがほとんどですので気を付けなくてはいけません。
他にも、棟板金が剥がれてしまったり飛散してしまった状態をそのままにしておくと雨漏りの発生につながる危険性もあります。
雨漏りが発生してしまうとお住いのメンテナンス費用もさらに高くなってしましますので、早めに対処することが大切です。

 

まとめ

本日は差し棟仕様と棟包仕様についてと棟板金の飛散してしまう原因や二次被害についてをご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。
お住いの屋根をスマートに美しく見せたいと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。もし、ご自宅の屋根の葺き替え工事をご検討中の方は差し棟仕様も検討してみてはいかがでしょうか。
また、棟板金は必ずお住いに設置されているものです。上述したように経年劣化により棟板金の飛散や落下、剥がれのちに雨漏りを引き起こしてしまう可能性もありますので、定期的に屋根の点検やメンテナンスを行うように心がけましょう。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!