屋根リフォームで重要な屋根形状と名称、メリットとデメリットを覚えよう

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月28 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

屋根リフォームで重要な屋根形状と名称、メリットとデメリットを覚えよう

更新日 : 2020年04月26日

更新日 : 2020年04月26日


屋根の形状はどんな時に考えるのでしょうか

一般的な切妻屋根

 屋根の形状を意識するのは、まずは新築で建てる場合になるでしょう。屋根の形状によってお住まいの印象は大きく変わります。好みの形状であることだけでなく、形状の違いで生活のしやすさも変わりますのでライフスタイルにあった屋根を選ぶことがポイントです。

 もう一つの意識する時は、リフォーム時です。屋根のリフォームをする場合屋根の形状によって足場を屋根に別途必要であったり、使えない屋根材があることもあります。施工方法が屋根の形状にマッチしないことによる、施工不良で雨漏りしてしまうケースもありますのでリフォーム時にも重要なポイントになります。

屋根の形状別メリット・デメリット

新築時にデザイン性が気に入って選んだ屋根の形が、実際に生活していて不便に感じてしまう。そんなことにならないようにあらかじめ屋根の形状ごとのメリットデメリットを把握しておきましょう。また、リフォーム時は形状によって工事費用が変わるケースもあります。

切り妻(きりづま)屋根

切り妻・もしくは切妻、どちらも同じ形状を表します。もっともポピュラーな形なので見かける機会も多いでしょう。日本だけでなく世界中で多く使われている屋根の形状です。

屋根の面二つが棟で交わったシンプルな形状で、横から見ると山形になっています。

▼メリット
住宅に多くこの形状が使われているには理由があり、多くのメリットがあります。

形状がシンプルなので施工の価格が安い
雨漏りの心配が少ない(雨漏りしにくい)
リフォーム時の費用も割安
雪が積もりにくいので雪の重さによる倒壊のリスクが少ない
ほとんどの屋根材を使うことができる

▼デメリット
屋根を横から見た山形の部分、ここを妻といいますが、ここには屋根の張り出しが少ないため日差しや雨が外壁に直接あたりやすいです。そのため塗装を定期的にしないとこの部分だけが経年劣化が進むことがあります。

他にもデザインがシンプルなので、外観にこだわる方には「個性がない」という印象を受けるかもしれません。

 kirituma kirituma2

寄棟(よせむね)屋根

 切り妻に続いて多く見るのが寄棟屋根です。四つの面によって構成されており、大棟と言われる頂上の水平な棟があるのが特徴です。

▼メリット
4方向に軒先があるため、切り妻屋根の弱点である「妻」部分に直射日光や雨が当たることが少なく外壁が長持ちしやすいです。

屋根の最長部から4方向に面があることで一面あたりの面積が狭いので耐風性に優れています。

▼デメリット
切り妻には二面にしか雨樋がないのに対し、寄棟は4面に雨樋があります。また、棟も多いのでメンテナンスコストがかかります。また、小屋裏が狭いため換気性能が低いため対策が必要になります。

yosemune yosemune22

方形(ほうぎょう)屋根

寄棟に似て4方向の面が特徴ですが、ほぼ正方形で大棟がないピラミッド形が特徴です。一般的な住宅には4面が使われていますが、寺院では6面の場合もあり、これも方形と呼ばれます。

▼メリット
寄棟に構造が似ていることからメリットデメリットも寄棟と同じです。4方向の軒先により耐風性に優れていることや、屋根がない部分がないので直射日光などから外壁を保護できます。

 

▼デメリット
寄棟のデメリットとほぼ同じです。構造が複雑なので工事費用が高くなりがちなことと、継ぎ目が切り妻よりも多いため雨漏りの対策が重要になってきます。他にもソーラーパネルを屋根に設置したい場合は、三角形の面に設置するためパネルの選定が制限されることもあります。

hougyou1 hougyou2

陸屋根(りくやね・ろくやね)

勾配のない平面な屋根をいいます。一般的な住居よりもビルなどに見られることが多いです。

▼メリット
屋根のスペースを活用することができます。日当たりが非常にいいため洗濯物を干したり植物・家庭菜園などにも向いています。また、屋根に上がるのが容易作りであれば排水溝の汚れや詰まりなども定期的に行うことができメンテナンス性に優れています。他にも屋根が平面なため、居住空間を広く使うことができることもメリットです。

▼デメリット
陸屋根のメリットともいえる日当たりが良いことは、逆に夏場などの日差しが強い時期にはデメリットにもなります。屋根の真下の部屋はどうしても室温が上昇しやすくなるので、それを解消する対策として最近では屋上緑化を行っている建物もあります。また、傾斜のある屋根よりも水捌けが悪いので、防水処理が重要です。雨漏りしやすいイメージを陸屋根に持っている方も多いですが、近年では防水工事や防水材の向上もあり定期的なメンテナンスをしっかり行うことで雨漏りを回避できます。

rikuyane rikuyane2

片流れ(かたながれ)屋根

 屋根面を一つとして、片側だけに傾斜をもった屋根が特徴です。ここ最近で多くなってきている屋根の形状で、面が広いため太陽光パネルの設置がしやすい、デザイン性が高いことなどから人気の形状です。

▼メリット
切り妻屋根は2つの面にたいして、片流れは面が一つと非常にシンプルな構造です。そのため新築時の費用が安いことやリフォーム時もその恩恵を受けることができます。また、屋根を南側に向かって傾斜をつけることで、前面に太陽光パネルを設置できるため、効率よく発電することができます。

▼デメリット
屋根が片側しかないので、屋根がない部分の外壁は紫外線や降雨の影響を受けやすくなります。また、雨漏りしやすいというデメリットがあります。特に雨漏りが多いのが頂上からの傾斜の逆側で、本来屋根の上を流れる雨水が、屋根の下に回り込んでしまい(伝い水)屋根と外壁の間から雨漏りするケースが多いです。

katanagare katanagare2

入母屋(いりもや)屋根

 切り妻屋根が寄棟屋根の上に乗っているような形状の屋根を入母屋といいます。都心よりも郊外の昔からあるお住まいでは入母屋をよく見かけます。その歴史は実はもっと古く、縄文時代の竪穴式住居も実は入母屋で、他にも京都三十三間堂の蓮華王院本堂なども入母屋の代表的な建物です。

▼メリット
屋根裏が広くとれることや軒天換気と妻換気を併用できるため、換気性が高く断熱性が高いいです。また耐風性にも優れています。瓦屋根との相性がよく外観的にも映えるため格式が高い建物にも多く使われています。建物の全周が軒先になるので外壁の劣化させにくいこともメリットです。

▼デメリット
切り妻と寄棟の組み合わさった複雑な屋根形状なので、雨漏りの可能性が高くなるので雨仕舞が重要になります。また、新築時の費用やメンテナンスコストも高くなります。

irimoya2 irimoya

屋根の形状を変える場合の注意点

 屋根をリフォームする場合、塗装や屋根材を交換する屋根葺き替えよりも大胆に屋根の形状まで変えるケースもあります。その場合は法律的な問題が発生するケースがありますので注意が必要です。

一つが床面積が増える場合です。屋根の形状を変えて部屋が増える場合などは申請が必要です。また、建物の高さが以前よりも高くなってしまう場合も同様に申請が必要です。申請には数か月、費用も30万円ほどかかる場合もありますので、特別な理由がない限りは申請の不要な範囲で行うことをお勧めします。

屋根の形状による屋根工事の違い

・屋根葺き替え工事
屋根材が傷んできた、または屋根材下のルーフィング(防水紙)や野地板がダメになった場合に行う工事で、古い屋根を撤去して新しい屋根に変える工事を屋根葺き替え工事と言います。どのような屋根の形状でも対応が可能です。
屋根葺き替え工事専用ページ

 

・屋根カバー工法
屋根材が傷んだ場合の屋根を新しくする工事です。屋根葺き替え工事との違いは、古い屋根を残して上から新しい屋根を作るため重ね葺きとも言われます。この工法は屋根によって向き不向きがあるため、屋根材が瓦であったり、入母屋、陸屋根の場合は専門業者に相談しましょう。
屋根カバー工法専用ページ

 

・屋根葺き直し工事
屋根材は問題ないが、ルーフィングや野地板が傷んでいる場合に一旦屋根を外して工事した後に屋根材を元に戻すのが屋根葺き直し工事です。施工できるのは瓦や天然スレートなどの屋根材に限定されます。

・屋根塗装
屋根材が劣化してきた、もしくはその前の段階で塗装をすることで屋根材を長持ちさせることができます。屋根の形状による違いはなく、使われている屋根材や劣化具合によって施工手順は異なります。
屋根塗装についての専用ページはこちら

 

・防水工事
主に陸屋根が対象となりますが、バルコニーや外階段・回廊などにも防水工事が必要です。防水工事にはウレタン・FRP、シートなどの種類があります。
防水工事についての専用ページはこちら

 

yanehukikae2 bousuikouji

屋根の形状にも流行があります

時代に合わせて屋根の形状も左右されることをご存知でしょうか。例えば、これまではほとんど選ばれることのなかった片流れ屋根ですが、2017年度は新築を購入される方の20%以上がこの形状を選んだそうです。理由はそう、太陽光発電をたくさん屋根の上に載せられるからです。政府が国策としてゼロエネルギー住宅を推進していますから、税制面での優遇があることも大きな理由でしょう。同様に太陽光発電をたくさん屋根の上に載せられる招き屋根なども人気が高まっているようです。これからのローンのことを考えたら、光熱費がほぼかからない太陽光発電、そして税制面での優遇はとても魅力的ですよね。私もこれから家を建てるのであったら、太陽光をたくさん載せられる形状の屋根を選びます。

また最近ではスタイリッシュなキューブ型のお家も人気があり、陸屋根も増えています。このキューブ型のお家、実は陸屋根のものと片流れ屋根のものがあります。片流れ屋根のものはキューブ型に見えるように、外壁から延長したかたちで屋根をパラペットで囲ってしまうという方法で四角いお家に見せています。裏に回ってみて、陸屋根には付いてない雨樋がついていれば、片流れ屋根のキューブ型住宅と言うことになります。

まとめ

屋根の形状によってメリット、デメリットがあるため景観の違いや今後のリフォームを前提に考えた選び方が重要です。大きく分けて以下の項目に分けて考えると分かりやすいでしょう。

・新築時の費用
・将来的なメンテナンスの費用
・快適性(遮熱・遮音、換気などの住み心地)
・デザイン性
・機能性(耐風や雨漏りのしにくさ、建物が長持ちしやすいなど)

 屋根の形状を変える場合の参考にしてみてはいかがでしょうか。また、大事なことは屋根の専門家への相談です。街の屋根やさんでは現状の屋根の状態や、将来的な設計、費用などを考慮した最適なご提案をいたします。もちろん現地調査やお見積りは無料ですのでお気軽にご相談ください。

街の屋根やさんのお問い合わせから工事までの流れ

このページに関連するコンテンツをご紹介

知っておきたいお住まいの各部位の名前
知っておきたいお住まいの各部位の名前
/*各部位の名称*/.aonaminamitenn622 { background: #EBF1F3; padding: 10px; margin: 10px 0;}.hanakakusigazou622 { float: left; width: 40%;}.osumainokakubui622 …続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!