台風後の点検忘れずに!

急勾配の屋根の工事には必須の屋根足場

更新日:2016年7月20日
弊社に寄せられるお客様のご相談にはいろいなものがあります。先日あったご相談が「うちの屋根は急角度で工事できないかもしれないけど、心配だから取り合えず見に来てほしい」というものでした。陸屋根を除けば、世の中のほとんどの屋根には勾配(角度)がついています。緩い勾配(緩勾配)のものから急な勾配(急勾配)のものまで屋根はさまざまです。確かに急勾配の屋根だと「どうやって工事するんだろう?」と疑問でしょうが、しっかりと工事することは可能です。
急勾配の屋根
工事がしにくそうな急勾配の屋根
屋上
陸屋根(屋上) 確かに工事はしやすそう
屋根の勾配が急な場合、屋根に足場をかけることによって作業性と安全を確保します。下の画像がその屋根足場です。屋根の面に沿って足場材のパイプを配置し、屋根工事をやりやすくします。どんな急勾配の屋根であっても、屋根リフォームはできるのです。
急勾配の屋根に架けられた屋根足場
急勾配の屋根に設置された屋根足場
屋根足場
こちらも急勾配のスレート(コロニアル・カラーベスト)屋根に設けられた屋根足場
どのくらいの勾配から屋根足場が必要になるかというと5.5寸(28.8°)が一つの目安となります。自然環境、海風が強い、山間部で強風が吹くなどのそれ以下でも設置することがございます。「急な屋根だけど屋根リフォームできるかしら」とお悩みの方は弊社までご相談ください。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!