千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186


北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

木更津市畑沢にて篏合式屋根材アールロックでの屋根カバー工法で今後の台風対策を実施

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!

施工内容金属屋根工事 破風板板金巻き工事 屋根カバー工事 金属屋根カバー工事

築年数築50年

平米数115㎡

施工期間6日

使用材料協和アールロック

費用詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカー

保証10年

【施工内容】
金属屋根工事 破風板板金巻き工事 屋根カバー工事 金属屋根カバー工事

築年数

築50年

平米数

115㎡

施工期間

6日

使用材料

協和アールロック

費用

詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカー

保証

10年

点検の様子

瓦棒屋根

 調査にお伺いしたのは木更津市畑沢の2階建て住宅です。下屋・大屋根ともに金属屋根材が使用されており、今までに何度か塗装メンテナンスをされてきたおかげで、雨漏りや破損といった被害には遭わなかったようです。しかし築年数の経過もあり、そろそろ屋根リフォームを検討したいということで私たち街の屋根やさんへお問い合わせをいただきました。

 使用されている屋根材は瓦棒屋根、従来使用されてきた素材がトタンからトタン屋根としても親しまれています。瓦棒屋根は特徴的な凹凸のある屋根材ですが、見ての通り棟から軒先までには継ぎ目もなければ段差もなく非常にシンプルな形状をしています。段差も継ぎ目もないということで排水性能に優れており、今回のような緩勾配屋根に使用できる数少ない屋根材としても知られています。多く使用される横葺き屋根材は3寸勾配以上の屋根でしか使用できないなどの制限があることから、その高い排水性能はお分かりいただけると思います。

塗膜の錆び 塗膜の剥がれ・錆

 金属屋根材は非常に頑丈です。セメント系屋根材と比べ吸水性も低く簡単には劣化しませんし、軽量であるためお住まいへの負担も少なく耐震性にも優れています。最も気を付けなければならないのが錆ですが、本来であればもっと錆が目立っていてもおかしくない所、定期的な塗装メンテナンスをされていたおかげで所々にしか感じられませんでした。塗り替えさえしっかり行っておけば今回のようにある程度まで良い状態で維持できるのですが、塗膜も重ねるほどに剥がれやすくなるというデメリットも生じます。つまり少しずつでも塗膜保護の恩恵を受けにくくなってしまうということです。

塗膜の劣化 屋根塗膜の劣化

 今までは緩勾配屋根のためご自身で塗装をされてきたようですが、近年甚大な被害を出す台風や豪雨も多く雨漏りが心配になってしまった為、屋根材自体のリフォームをご検討されたということでした。そこで今回は大屋根・下屋ともに屋根カバー工法もしくは葺き替え工事でお悩みでした。ここでどちらもメリット・デメリットを挙げてみましょう。

屋根カバー工法

 既存屋根材の上に新規屋根材を被せることで、撤去処分費用の削減・工期短縮を図れます。軽量な金属屋根材を使用するため負担はそれほどありませんが、2重の屋根材になるということでやはりある程度重量は増します。一方屋根材を2重にすることで断熱性・遮音性に優れ、今までよりも雨音が感じにくいというメリットもあります。

葺き替え工事

 既存屋根材を撤去し新たな屋根材を施工していきます。費用はカバー工法よりもかかりますが、野地板などの下地材を施工しなおすことができる唯一のチャンスでもあります。今回金属屋根材から金属屋根材へという選択肢にはなりますので関係ありませんが、既存屋根材が重たい場合は重量を軽減させることもできます。

屋根全体の劣化 下屋の劣化

 今回葺き替え工事の方が良いのかとお悩みでしたので理由をうかがったところ、下屋にはベランダがあるので邪魔、当たってしまうのではないか?ということでした。そこで施工時はベランダを撤去し復旧時にはベランダの高さを見直し取り付けなおすことができる旨をご説明させていただきました。その上でベランダの脱着にも費用が掛かってしまうため、負担を軽減させるために屋根カバー工法をご提案いたしました。

破風板の塗膜劣化 塗膜の劣化

 また今回屋根の状態が最も気になっていたようですが、破風板などの木材部分の劣化も気になっていると伺いました。木材は塗装を頻繁に行っても素材本来の呼吸や収縮で塗膜が剥がれやすい傾向にあります。滅多に塗装しなおすこともできない場所ですので、あわせて板金でのカバー工法をご提案いたしました。

外壁チョーキングの確認

 今回の工事では材料の搬入、ベラン脱着もありますので足場仮設を行います。この機会にあわせてメンテナンスをご提案しているのが外壁塗装です。外壁を触ってみるとチョーキング現象もわずかにありますが、今回はコストを考え見送るということでした。ライフプランや補修のタイミングで行っていくことがベストですので、色あせや汚れの状態を見極めて今後の塗装時期を決めていきましょう。

ご提案内容

品目 数量 単位 単価 金額 備考
仮設足場工事 256,800
楔式仮設足場工事 252 900 226,800
メッシュシート 1 30,000 30,000
1F屋根カバー工事 864,000
アールロック (嵌合式) 65 7,200 468,000
12mm 野地板べニア 42 2,500 105,000
防水紙 65 800 52,000
棟板金 5 m 5,500 27,500
雨押え板金 29.5 m 4,500 132,750 オートンイクシード
面戸キャップ 65 500 32,500
ケラバ板金 唐草 18.5 m 2,500 46,250
2F屋根カバー工事 584,100
アールロック (嵌合式) 50 7,200 360,000
12mm 野地板べニア 34 2,500 85,000
防水紙 50 800 40,000
棟板金 9.2 m 5,500 50,600
面戸キャップ 42 500 21,000
ケラバ板金 唐草 11 m 2,500 27,500
その他 298,000
発生材処分費 1 40,000 40,000
1F・2F ケラバ板金巻き込み 29.6 m 5,000 148,000
バルコニー脱着 1 110,000 110,000
           
           

 今回屋根リフォームを行う前に前提条件としてあるのが【緩勾配屋根】ということです。緩勾配屋根に使用できる屋根材は少なく、多くが瓦棒屋根と同じような継ぎ目のない縦葺き屋根材と呼ばれる種類になります。そこで今回は㈱協和の篏合式屋根材「アールロック」を使用していきます。篏合というのは屋根材同士をはめ込む様に固定する屋根材で、アールロックは最後にハゼ締めという作業がいらないため非常に早く施工ができる屋根材になります。

施工の様子

足場仮設工事 塗膜の劣化

 工事にあたってまずは足場仮設を進めていきます。屋根カバー工法は屋根材を撤去したりという作業がないため葺き替え工事よりは埃等の飛散がありませんが、念のため飛散防止用のメッシュシートも取り付けます。
下屋の外付けベランダは撤去し敷地内にて保管させていただきますが、取り付け時は高さが変わるため屋根カバー工法後に改めての確認となります。

下地合板敷設 下屋 構造用合板張付

 屋根カバーを行う前にまずは下地の形成・補強です。12㎜の構造用合板を既存屋根材に張り付け平坦且つしっかり固定ができる状態にしていきます。大屋根・下屋ともに構造用合板は瓦棒と垂直になるよう張り付け十分な強度を持たせます。

改質アスファルトルーフィング ガルバリウム鋼板の設置

 構造用合板はご想像の通り雨水に弱いため、引き続き施工していくのが雨漏り対策の防水紙(ルーフィング)です。昔は雨漏りすることを前提に施工されていましたが、現在の住宅は決して雨漏りをさせないことを前提に施工されていることが大きな違いです。防水紙(ルーフィング)は雨水の侵入を防ぐ大事な要ですが、種類と性能によって費用もまるで違います。現在リフォームで使用されることが多い改質アスファルトルーフィングは、耐久性・シール性が高くタッカーやステープルなどで開いた穴からの雨漏りを防ぐ画期的なルーフィングです。逆にアスファルトルーフィングはシール性に劣っており耐久性がやや落ちますので、防水紙の種類を比較することは実は非常に重要です。

屋根カバー工法 板金加工

 防水紙敷設後、アールロックを固定しながらどんどん嵌め込んで固定していきます。鋼板は錆びにくく高耐久なガルバリウム鋼板、適用勾配は0.5寸からと、ほとんど傾斜がない屋根でも使用することが可能な屋根材です。凸部・棟部の下地に対しては雨水が浸入しないよう、板金を立ち上げるように加工し綺麗に納めていきます。

雨押えの樹脂製貫板 樹脂製貫板

 今回雨押えと棟板金の下地には木材ではなく樹脂製の貫板を使用しました。通常新築もそうですが下地に木材が使用されることが多いのですが、雨水の吹き込みや湿気によって劣化してしまうと板金の飛散被害に繋がってしまいます。プラスチック樹脂製の貫板を変更することで耐久性も向上し長期的な固定ができるようになるため、現在リフォーム時に変更されることが多い部位になります。

アールロックの納まり 屋根カバー工法完了

 軒先には雨水が吹き込んだりしないようキャップを1か所ずつ取り付け、棟板金で頂部を保護すれば屋根カバー工法は完了です。さらに耐久性を高めたいという方はフッ素塗膜保護の鋼板で施工することもできますし、今回の緩勾配屋根はもちろん急勾配屋根にも施工することができますので、シンプルなデザインが良い、排水性能が高い屋根材が良い等ご希望がございましたら是非ご検討ください。

ベランダ復旧 ベランダ下地
 
 屋根カバー工法完了後は外付けベランダの復旧です。元の状態に戻すために加工、さらに水平を確認しながら少しずつ固定していきます。下地を組み、床材まで戻せば復旧は終了です。あわせてこの時に、一時的に外した這樋(下屋に取り付けられている雨樋)とエアコンの室外機もしっかり戻しました。

ベランダ復旧完了 破風板板金カバー

 屋根カバー工法と合わせて施工したのが破風板の板金カバーです。ガルバリウム鋼板は0.35~0.5㎜ほどの薄い板金ですが、木材の表面をカバーするように取り付けるだけでしっかり保護でき、また今後必要だった頻繁な塗り替えが必要ならなくなります。木材からGL鋼板に変更するだけで塗膜の剥がれによる美観性低下もなくなりますので、ぜひ足場仮設時にご検討ください。

工事を終えて

屋根カバー工法完了

 工事完了後に足場を撤去、周辺の清掃を行い工事完了となります。近年大きな被害を出す台風が非常に多いため、施工後は「これでしばらくは安心だ」とお喜びいただきました。また最後はドローンで屋根全体の確認をしていただき、工事は無事竣工です。
 今回の工事では施工保証10年、その間隔年定期点検にお伺いいたしますので長いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

ドローンでの完工確認

ドローン点検 下屋の板金カバー工法完了

木更津市で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。木更津市にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する木更津市特設ページはこちら

工事を行なったN様のご感想をご紹介いたします

【工事前】

工事前お客様写真

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
1階の屋根を自分で塗装していたが腐食したヶ所が数ヶ所あったのでこの際、カバー工法を検討しようと考えた

Q2.弊社をどのように探しましたか?
ネット

Q3.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
他社と同じ内容で見積りを取り、比較しようと考えた 情報を多くする為問合せを悩むことはなかった

Q4.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
正直他社が費用では安い所もあったが、見積り提出が早かった事があり、施工等に関して相談が他社より多く出来た事 ただ3日遅ければ?

Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
経験があり施工について良く知っていらっしゃると思いました 説明も具体的だったけど受ける私が知識不足でした

【工事後】

工事後お客様写真

Q1.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
施工の丁寧さ 正確さを期待した

Q2.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
言えません

Q3.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
谷さん(担当)が経験豊富であると判断した事と施主の希望を聞いてもらえると思ったから

Q4.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
一応の満足はあります 具体的な施工方法について知識がなく(私が)理解出来る所出来ない所があったが、打合せ、要望を通じて対応してもらった

Q5.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
自分の希望(施工方法、材料、etc)を充分話し理解させた後、見積りを取り相談すればそれに対応してくれる会社であると紹介します

N様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根リフォームの際に注意したい屋根勾配のお話
屋根リフォームの際に注意したい屋根勾配のお話
 普段、生活している限り、屋根のことはあまり気にしない方がほとんどだと思います。それでも、屋根というと大半の方は三角屋根を思い浮かべるのではないでしょうか。見慣れた街並みを思い出してください。大方の屋根には勾配(傾斜)が付けられています。 屋根勾配は雨水を効率良く流すのに必要です。積雪地ではその勾配…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?
 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。 また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはず…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせはだいぶ落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りとなっております。台風による被害がなかったと思っても、時間が経つことで発覚する問題もございます。お住まいのことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。現在の千葉県(木更津…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根…続きを読む
各種屋根材の耐久性ランキング
各種屋根材の耐久性ランキング
 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。 高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。 寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みに…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      金属屋根工事 破風板板金巻き工事 屋根カバー工事 金属屋根カバー工事に関連する新着ブログ

      調査の様子  千葉市稲毛区天台にて行ったスレート屋根の調査の様子をご紹介致します。屋根材はアーバニーです。「屋根材が割れているのを見つけたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い ...続きを読む
      コロニアルネオに屋根カバー工事   市川市国分でコロニアルネオに屋根カバー工事を行いました。屋根材はコロニアルネオと言われている屋根材でした。凹凸の間隔が短く現地調査の際には必ず確認をさせて ...続きを読む
      調査の様子  市川市市川にて行ったスレート屋根の調査の様子をご紹介致します。「強風で棟板金が飛んでしまったので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。  私たち街 ...続きを読む
       一般的なスレート屋根のメンテナンス方法は塗装です。定期的に塗り替えることで撥水機能を蘇らせ、美観を維持することができます。しかし中には、塗装が不向きなスレート材もあります。そういったものをメンテナン ...続きを読む

      金属屋根工事 破風板板金巻き工事 屋根カバー工事 金属屋根カバー工事に関連する新着施工事例

      千葉市中央区生実町のアパートにてスーパーガルテクト(ブラウン)で屋根カバー工法を実施し台風被害を復旧

      施工内容

      屋根補修工事 スレート屋根工事 スレート屋根補修工事 屋根カバー工事 金属屋根カバー工事

      使用材料

      IG工業スーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)

      金属屋根工事 破風板板金巻き工事 屋根カバー工事 金属屋根カバー工事を行ったお客様の声一覧

      屋根カバーか塗装工事でお悩みの市原市山木O様の調査後のご感想

      工事前アンケート画像

      Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      webの検索及びYouTubeの動画で「カバー工法」でヒットした。

      Q3.弊社をどのように探しましたか?

      webからホームページ 屋根材→ホームページ 市原市 屋根カバー工法で検索

      Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      数件比較してホームページの内容が充実していたため すぐに問い合せした。

      Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

      同上

      Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      非常に細かく現地を確認していただき今は必要の無いものと今後心配な点をわかりやすく教えていただいた

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事