千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186


北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風8号接近中、ご注意ください! 台風8号接近中、ご注意ください!

君津市外箕輪にて令和元年房総半島台風による雨漏りを屋根葺き直し工事で改善、和室天井張替実施

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!


担当:白石


 君津市外箕輪にお住まいのA様は台風が通過した頃から1階の天井に雨染みができてしまったようで、保険会社様に連絡されたそうです。ただし屋根という事もあり状態が確認できず、保険会社様に相談したところ私たち街の屋根やさんをご紹介いただいたという事でした。

 今回雨染みがあったのは2階建ての1階部分の天井でした。天井での雨漏りですので屋根の可能性が最も高いのですが、1階であれば2階外壁等も可能性としてあります。まずは雨漏りの状態を確認しそこから雨漏りの原因を追究させていただきます。雨漏り補修工事に合わせ天井の張替工事も同時に承りましたので、工事の流れを踏まえご参考にして頂ければと思います。


担当:白石

施工内容瓦屋根工事 屋根葺き直し 雨樋交換

築年数不明

平米数屋根2.5㎡

施工期間実質4日

使用材料和室目透かし天井

費用詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカーハウスメーカー不明

保証部分補修の為お付けしておりません

【施工内容】
瓦屋根工事 屋根葺き直し 雨樋交換

築年数

不明

平米数

屋根2.5㎡

施工期間

実質4日

使用材料

和室目透かし天井

費用

詳しくはお問い合わせください

ハウスメーカー

ハウスメーカー不明

保証

部分補修の為お付けしておりません

点検の様子

君津市外箕輪の2階建て住宅 天井への雨染み

 調査にお伺いしたのは君津市外箕輪にある2階建てのお住まいです。長くこちらで生活されているようですが、2019年に発生した令和元年房総半島は初めての経験だったようです。猛烈な風の中、幸いにもガラスが割れたり瓦が飛散することはなかったようですが、その直後から1階の天井に雨染みができるようになってしまったようです。

 点検で確認させていただいたところ、天井材にうっすらと雨染みが確認できました。色の差異がはっきりしていない所を見ると、台風で初めて雨漏りが生じてしまったという事がわかります。実際数か月・数年と雨漏りを起こすと染みが濃くなりますし天井材が剥がれてきてしまうこともあります。少しの染みだけだからと放置してしまうと、雨漏りが改善されないだけでなくカビが発生し健康被害も生じてしまいます。雨漏りは早め早めの対策が非常に重要ですので、異変を感じたらすぐにでも業者に点検してもらいましょう。

和室天井のシミ跡

 和室天井には大きい部分含め3か所の雨染みが確認できます。中には照明器具の配線近くに染みがあり、漏電を起こす原因にもなるため放置できません。

和室での雨漏りには注意!

 屋内への雨漏りはどのようなケースでも早い対応が必要不可欠です。それでも特にスピードが重視となるのが和室です。和室の仕様によっても異なるのですが、天井がクロスではなく木目の天井材であったり、壁が塗り壁であったり、床が畳という事が多いのではないでしょうか?これらの弱点は吸水で腐食しやすくなり、染み跡が消えないという事です。天井材と畳は特に吸水がカビを発生させる原因にもなりますので、雨漏りに気付いた時点で乾かす努力が必要です。雨漏りが長く続いてしまった結果、雨漏りの修繕は完了したが畳を交換しなければならない、天井材が撓んでしまい補修が必要だという事になってしまいますので、特に要注意です。

瓦屋根の様子 瓦屋根に被害は無し

 屋内の状態を確認したところで屋根の様子を確認します。2階は今回雨漏りを起こしていませんので問題はないかと思いますが、強風で瓦が浮き上がっている事が確認できましたので、火災保険に申請し復旧工事を行っていきます。

 そして問題の雨漏り箇所の上部は下屋部分と一致しています。瓦自体には特に破損した箇所は見当たりませんが、内部が傷んだことで雨漏りが発生した可能性は十分にあります。

防水紙に目立った破損なし 雨樋の破損確認

 そこでまずは瓦を剥がしてみます。瓦だけではなく化粧スレートや金属屋根材であっても基本は下葺きと本葺きの2重になっています。屋根材は本葺きにあたり、下葺きが屋根材の下部に葺かれているシートです。これは防水紙やルーフィングと呼ばれ、屋根材内部に入り込んだ雨水を流し内部に浸入させない非常に大事な役割を担っています。瓦を剥がした部分に雨染みが確認できますが別の場所には大きな破れが確認できました。今回は台風が生じてしまったことで雨漏りが発生してしまったので、雨漏り箇所の復旧工事を申請致しますが、申請が二度手間・三度手間にならないよう台風被害をしっかりチェックしていきます。

すると雨樋にも割れや穴を発見致しました。雨樋は一定の伸び縮みで風圧に耐えるのですが、劣化してくると素材自体が固くなり自然災害がきっかけで割れることがあります。もちろんこの場合も火災保険への申請が可能ですが、雨樋は同じ製品、もしくは廃盤になっていても同等の後継製品があれば部分交換となります。廃盤であり且つそれに対応できる後継製品がない場合は全交換工事での申請となりますので、工事前に確認しておかなければなりません。部分交換であっても全交換であっても2階の雨樋交換は危険な高所作業となりますので、足場仮設費用もあわせて申請致します。この際に「外壁のメンテナンスもしたかったんだ」「別の場所も気になっている」という事がございましたら、足場を有効活用して補修していきましょう。

ご提案内容

品目 数量 単位 単価 金額 備考
仮設足場工事       95,000
仮設足場 1 95,000 100㎡未満
屋根復旧工事       95,000
瓦屋根復旧工事 1 80,000
 既存瓦取り外し  
 新規防水紙・瓦桟
 瓦葺き戻し
2階 瓦ズレ補修 1 15,000
雨樋復旧工事       35,000
雨樋工事 1 35,000
 既存雨樋撤去・処分
 新規軒樋 エスロンX70
 取り付け作業費
内装復旧工事       181,000
既存天井材撤去 1 45,000
新規天井材張り 8.0 12,000 96,000 目透かし
内部養生 1 40,000
その他       55,000
廃材処分費 1 55,000
           
           

 今回補修する箇所としては雨漏りを起こしている瓦屋根、一部の雨樋、そして雨染みが残ってしまった内装天井材です。雨樋が破損していたのは数mの範囲でしたので足場も部分仮設となります。また瓦屋根の防水紙破損箇所もごく一部でしたので、一式でのお見積りとして保険会社様へ提出させていただきました。火災保険の原則は原状復旧ですので天井材や雨樋も既存と同等の製品での補修とさせて頂いております。もちろんここから「やはり雨樋を全交換したい」「天井材を別の仕様にしたい」と変更することは可能です。火災保険を組み合わせることで自己負担は明らかに減りますのでこの機会にフルリフォームをされる方もいらっしゃいます。ぜひ今後の予定等を含めご相談いただけますと幸いです。

 保険会社様へ復旧にかかるお見積書と現況写真を提出したところ、保険金に関しての通知がありましたので、予定通りの工事を行う運びとなりました。

headlinesbyline

simple

A様 君津市外箕輪 工事前アンケート
Q1.屋根の工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風の後天上のしみが気になったので。屋根の状態が心配でした。

Q2.屋根工事会社をどのように探しましたか?
十川保険サービスさんの紹介。

Q3.街の屋根やさんを知りすぐお問合せ頂けましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
十川保険サービスさんが取りついで頂きすぐ連絡いただけました。

Q4.何が決め手となり街の屋根やさんにお問い合わせ頂きましたか?
紹介なので安心してお任せできると思いました。

Q5.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
説明が丁寧でわかりやすく愛想も良くて話しやすかったです。

施工の様子

瓦屋根外し

 まずは雨漏りの原因となっている瓦屋根です。雨漏り箇所一帯の瓦を剥がすと一つ、赤い丸で囲っている部分に大きな防水紙の破れを確認しました。屋根材がほとんどの雨水を受け止めているとしても、やはり屋根材同士の隙間から雨水が入り込み防水紙の上を流れていきます。今回はそこに破れが生じた為雨漏りが発生してしまったのです。

新規防水紙の設置 桟木の設置

 そこで既存の桟木を取り外し新規防水紙を葺き直しました。こうすることで破れは隠れ雨漏りを防止することができます。ただ屋根全体としてみた時に築年数なりの経年劣化があり、別の箇所で雨漏りを起こすかもしれないという可能性は残っていますので、いずれは全面改修工事を検討していきましょう。

 今回は元通り新規桟木で瓦を引っ掛ける部分を作り、瓦を元に戻せば雨漏り補修工事は完了です。

屋根葺き直し工事で雨漏りを改善

屋根葺き直し工事完了

 瓦屋根の部分葺き直し工事が完了しました。瓦は吸水性も低く、塗装を行わなくても劣化しない便利な屋根材です。割れない限りは半永久的に使用できますので今回のような葺き直し工事も出来るのです。重量が耐震性向上のネックになっているという事で、近年瓦から軽量な金属屋根材に葺き替えるお住まいは非常に増えてきていますが、その屋根材にどの様な特徴があり、メリット・デメリットをどのように受け入れるかで見方も変わります。屋根材の変更に関しては今後のメンテナンス等も踏まえしっかり検討していきましょう。

雨樋の破損 雨樋交換工事

 続いては雨樋の部分交換です。雨樋は様々な部材を組み合わせて取り付けています。そのため部分的に割れた場合は部分的な交換が可能です。まずは割れた部分を取り外し同形状のエスロンX70で交換を行います。接着には雨樋専用のボンドを使い隙間ができないよう取り付ければ工事は完了です。太陽光に晒された雨樋は色あせを起こし新規雨樋との色に差異は出てしまいます。気になる方はこの後塗装メンテナンスを行えば綺麗に仕上げることができますし、劣化を遅らせることもできます。

天井材撤去 天井材張替

 雨漏りが改善すればいよいよ気にされていた天井材の張替です。まずは既存天井材を剥がし既存の断熱材も撤去していきます。埃やごみが室内に落ちてしまいますので、あらかじめ養生を行いゴミが飛び散らないように作業を進めていきます。新規天井材は以前と同じく目透かし天井材です。端から嵌めていきますが、この際に断熱材も隙間なく施工し直していきます。

天井材張替と断熱材敷設 天井張替工事完了

 こちらがいわゆる昔から施工されている天井断熱です。屋根裏等を有効活用することはできませんが、断熱材の厚みに制限はなく、冷暖房の効率が良くなります。対して屋根断熱は屋根面の裏側で断熱を行う方法で、吹き抜けやロフト等近年のお住まいに多く採用される断熱方法です。

工事を終えて

 今回のケースもそうですが、雨漏りや屋根の異変に気が付くのは屋内に異常がみられた時です。しかし雨漏りを起こしているのであれば屋内ではなく、雨漏りを起こしている屋外を補修しなければ同じことの繰り返しになります。そのため最も気になる部分を後回しにしてでもまずは雨漏りの原因を突き止め、雨漏りを止めるという事に努めましょう。今回のように火災保険が利用できる場合は大きな問題はありませんが、自己負担での雨漏り補修を検討している、下りた保険金に合わせて補修範囲を決めたいといった方も、お気軽に私たち街の屋根やさんにご相談ください。点検・お見積りを行った上で適切なメンテナンスをご提案させていただきます。

headlinesbyline

天井張り替え工事完了 君津市外箕輪 A様との記念写真
simple

君津市外箕輪 A様 工事後アンケート
Q1.ご自宅の工事を依頼する会社にはどんなことを期待されていましたか?
早く直してほしい。

Q2.街の屋根やさんにご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
比較はしていない。

Q3.初回訪問後すぐに工事を依頼されましたか?もし依頼しなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
保険会社の紹介でしたので安心して任せたいと思いました。

Q4.数ある会社の中から、街の屋根やさんに工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
とても仕事がていねいで早かったと思います。親身に相談にのってくれて手続きなどもお手伝いして頂きとても助かりました。

Q5.工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
信頼できる会社と紹介します。

君津市で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。君津市にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する君津市特設ページはこちら

工事を行なったA様のご感想をご紹介いたします

【工事前】

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風の後天上のしみが気になったので。屋根の状態が心配でした。

Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
十川保険サービスさんの紹介。

Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
十川保険サービスさんが取りついで頂きすぐ連絡いただけました。

Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
紹介なので安心してお任せできると思いました。

Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
説明が丁寧でわかりやすく愛想も良くて話しやすかったです。

【工事後】

工事後お客様写真

Q1.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
早く直してほしい。

Q2.街の屋根やさんにご依頼いただく間に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
比較はしていない。

Q3.街の屋根やさんに工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
保険会社の紹介でしたので安心して任せたいと思いました。

Q4.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
とても仕事がていねいで早かったと思います。親身に相談にのってくれて手続きなどもお手伝いして頂きとても助かりました。

Q5.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
信頼できる会社と紹介します。

A様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというと…続きを読む
雨漏り修理・雨漏り改修工事は街の屋根やさん千葉
雨漏り修理・雨漏り改修工事は街の屋根やさん千葉
※梯子をかけず、高所作業とならない(下屋・陸屋根・屋上・バルコニー)詳細:明らかに破損していたり、穴が開いていたりする箇所に対しコーキングまたは防水テープにて、訪問担当者が即時対応・補修が可能な場合に限る。 皆さんは常に大切なお住まいで雨漏りが起きる事を想像しながら想像して生活している訳で…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット
これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはず…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせはだいぶ落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りとなっております。台風による被害がなかったと思っても、時間が経つことで発覚する問題もございます。お住まいのことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。現在の千葉県(木更津…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      瓦屋根工事 屋根葺き直し 雨樋交換に関連する新着ブログ

      瓦屋根の調査    市川市国分で瓦屋根の調査に伺ってきました。長い間、メンテナンスをされてこなかった事や同じ築年の近所の方が屋根工事を行っている事もあり調査と工事内容のご提案をご希望されており ...続きを読む
       松戸市河原塚にお住まいのお客様は、訪問業者に「屋根の板金が浮いている」と指摘され、私たち街の屋根やさんに調査をご依頼くださいました。  お客様は屋根の状況が分からずにご不安に思われていました。現地 ...続きを読む
      雨漏りの調査    市川市北方で雨漏りの調査に伺いました。先日の大雨で雨漏りが始まったとの事でしたので先ずは室内の確認を行いました。目透かし天井には雨染みや木枠にも雨漏りした跡がありました。雨 ...続きを読む
      雨樋の調査に伺いました  船橋市夏見台で雨樋の調査に伺いました。雨が強い日などはポタポタ雨が落ちてくるとのお問い合わせ内容でした。状態を確認致しますと、軒樋のつなぎ目に水が溜まっているようで ...続きを読む

      瓦屋根工事 屋根葺き直し 雨樋交換に関連する新着施工事例

      千葉市中央区都町にて瓦屋根被害、棟取り直し工事を行い復旧致しました

      施工内容

      屋根葺き直し 棟瓦取り直し 

      使用材料

      シルガード漆喰

      瓦屋根工事 屋根葺き直し 雨樋交換を行ったお客様の声一覧

      市原市ちはら台南のF様、2019年台風時に破損してしまった雨樋の修理をご検討中

      お客様写真

      工事前アンケート画像

      Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      おととしの台風で破損した雨どいの修理

      Q3.弊社をどのように探しましたか?

      インターネットで検索。

      Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      知ってからすぐに問合せました。

      Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

      信頼できそうだったから

      Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      安心して依頼できそうと思いました。

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事