長生郡白子町にて棟瓦の取り直し工事、昨年の台風から続いた雨漏りのお悩み解消

工事のきっかけを伺いました!

長生郡白子町にお住まいのお客様より、昨年台風が原因で瓦が破損し、雨漏りがするようになったとのことで、直してほしいとのご依頼をいただきました。 昨年の台風の時に屋根瓦が崩れ、さらに数枚吹き飛んでしまったようで、その時はあまりにも急で補修する資金も用意できず、お客様の方で応急処置をして冬を過ごされたそうなのですが、2、3カ月前くらいから天井から雨漏りがするようになったとのことです。台風の時の瓦の破損が原因なのか、それ以外にも原因があるのかわからないとの事で、調査した上で補修してほしいとのことでした。

台風アイコン

施工内容漆喰取り直し

築年数25年

施工期間3日間

費用64万

保証20年

ハウスメーカーハウスメーカー不明

before
before
horizontal
after
after
長生郡白子町にお住まいのお客様より、昨年台風が原因で瓦が破損し、雨漏りがするようになったとのことで、直してほしいとのご依頼をいただきました。 昨年の台風の時に屋根瓦が崩れ、さらに数枚吹き飛んでしまったようで、その時はあまりにも急で補修する資金も用意できず、お客様の方で応急処置をして冬を過ごされたそうなのですが、2、3カ月前くらいから天井から雨漏りがするようになったとのことです。台風の時の瓦の破損が原因なのか、それ以外にも原因があるのかわからないとの事で、調査した上で補修してほしいとのことでした。
雨漏りによる天井の染み
雨漏りによる天井の染み
さっそく調査に伺い、まずは天井のシミの方を確認させていただきました。 雨漏りは2階天井かと思いきや、1階の玄関の天井でした。つまり1階の屋根からの雨漏りとなります。 雨漏りしている個所も1カ所だけでなく3か所ほどシミができていました。幸い壁に伝うほどの激しい雨漏りではないようです。
棟瓦のズレが発生
棟瓦のズレ
続いて屋根に上って雨漏りの原因を調査してみましょう。 使われている瓦はセメント瓦になります。 セメント瓦というのは、砂とセメントを原料に加圧成型した後乾燥させ、表面を塗料で塗装したものです。 セメント瓦は防水性がありませんので、防水性を保つためには定期的な塗装メンテナンスが必要です。 耐火性、遮音性があり、手ごろな価格が魅力な瓦です。 天井に雨染みが見られるということは、屋根、もしくは屋根と外壁の取り合い部分からの可能性が高いです。 最低でも2箇所以上の雨漏りが見られる場合、瓦数枚の破損が原因ということはほとんどなく、大抵の場合は全体的な葺き替え工事、または葺き直し工事となるケースが多いです。 調査した結果、台風の時に崩れた棟瓦が原因とわかりました。応急処置をされたとのことでしたが、やはり一度崩れた棟瓦はきちんと取り直さないと雨漏りの原因になります。 台風での被害の場合は火災保険が下りるケースが多いですので、まずはご相談いただけたらと思います。 お客様の場合、棟瓦が崩れた際に雨漏りが生じて、それが屋根の斜面を伝って外壁との取り合いの隙間に流れ込み、天井にシミを付けた模様です。 ですので、棟瓦の取り直し工事と、一部の瓦の補修工事が必要となりました。
既存の瓦を外していく
棟瓦の撤去
まずは瓦を剥がしていきます。落下防止用に設置している木材が瓦の下から見えてきます。 瓦の剥がしを終えたら清掃を行い、新たに防水紙を設置します。 破損した瓦は一枚単位で丁寧に外します。
棟瓦を外した状態
棟瓦の撤去
棟瓦を外した後きれいに清掃し、南蛮漆喰で土台を作り、その上にのし瓦を設置していきます。
南蛮漆喰
南蛮漆喰
この南蛮漆喰というのは、施工の段階では真っ黒なのですが、経年によって水分を含んでいくと白くなっていくという特徴があります。
棟瓦取り直し終了
葺き直した棟瓦
のし瓦を継ぎ目が同じ部分にならないように互い違いに組み合わせながら積み上げていきます。こうすることで地震などの横からの振動に耐えられるようにしていきます。 積みながらのし瓦同士を銅線で結んでいきます。 最後に丸瓦を乗せ銅線で止め終了です。
瓦を外したところ
撤去した瓦
続いて屋根の面の部分、平場の瓦も取り外していきます。 水平方向に設置されている桟木を撤去し、防水紙を葺いていきます。
防水紙
防水紙
水平方向に設置されている桟木を撤去し、防水紙を葺いていきます。 その防水紙の上に、瓦を掛ける桟木を桟木を設置した後、瓦を葺いていきます。 新たに取り付けていきます。
割れた瓦を撤去
新しい瓦
破損した瓦のところは新しい瓦を葺いていきます。 これで葺き直し工事が竣工となりました。
竣工
部分葺き直し工事と棟の取り直し工事完工です。 これで雨漏りの心肺もなく、安心していただけると思います。 瓦は本来、ズレや漆喰のメンテナンスを定期的に行っていけば長期的に使える屋根材です。 雨漏りが起きた際は放置したりせずお気軽にご相談ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
          店舗詳細はこちら
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら

        漆喰取り直しに関連する新着ブログ

        野田市今上で瓦屋根漆喰(しっくい)の剥がれを調査、葺き土が露出しているので棟取り直し工事で解消
        野田市今上で行った瓦屋根の漆喰の調査の様子をご紹介します。「屋根の上に漆喰のようなものが落ちており、漆喰が剥がれている部分があるようにも見えるので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。瓦 ...続きを読む
        千葉市稲毛区山王町にて棟瓦のズレ、下地の木が腐食してしまい棟取り直し工事
        千葉市稲毛区山王町にお住いのお客様になります。築14年で屋根は瓦屋根でした。1階の屋根、下屋根の瓦がズレているとの事で現状の確認、工事内容のご提案をさせて頂きました。お客様のお家に着いてすぐに棟瓦のズ ...続きを読む
        野田市船形で棟の漆喰(しっくい)が剥がれて雨漏りや崩壊の危険性があった瓦屋根の棟取り直し工事を実施
        野田市船形で行った瓦屋根の棟取り直し工事の様子をご紹介します。「屋根の漆喰が剥がれているようなので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査したところ、瓦屋根の棟の漆喰が剥がれていました。葺き土 ...続きを読む
        流山市向小金で瓦屋根調査、漆喰(しっくい)が剥がれて葺き土が露出しているので棟取り直し工事で解消
        流山市向小金で行った瓦屋根の調査の様子をご紹介します。「庭に漆喰のようなものが落ちているので屋根の点検をしてほしい。」と、お問い合わせをいただきました。漆喰は主に瓦屋根の棟に使用されており、棟の瓦と桟 ...続きを読む

        漆喰取り直しに関連する新着施工事例

        千葉市花見川区検見川町にて火災保険を利用し棟の取り直しと葺き直し工事で台風被害を改善ビフォー
        千葉市花見川区検見川町にて火災保険を利用し棟の取り直しと葺き直し工事で台風被害を改善アフター
        施工内容
        屋根補修工事 屋根葺き替え 棟瓦取り直し 漆喰詰め直し 漆喰取り直し



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!