浦安市にて賃貸戸建の金属屋根補修、飛散した棟板金を交換し雨漏りを防止

工事のきっかけを伺いました!

足場アイコン 棟板金交換アイコン

施工内容屋根補修工事、棟板金交換

before
金属屋根の棟板金飛散
horizontal
after
棟板金交換工事完了

お問い合わせのきっかけ

浦安市にある賃貸戸建の管理会社様からのご相談です。金属屋根材の棟板金が飛散してしまったという事で、交換工事のご依頼を頂きました。駐車場・テラスの波板にも被害があるという事ですので、この機会に合わせて張替工事を行わせていただきました。

点検の様子

敷地内に棟板金落下
棟板金飛散
敷地内に棟板金が飛散したことで屋根のトラブルに気が付いたそうです。落下した際に入居者や隣家へのご迷惑にならなかったのは不幸中の幸いですし、現在は雨漏りも発生していないようですので二次被害が起こる前に補修を行っていきましょう。屋根に上がってみると大棟の棟板金がなくなり、下地木材である貫板(ぬきいた)が露出している状態でした。貫板の腐食が進行している状態ですと、板金だけでなく貫板もまとめて飛散することもありますので、通常は貫板ごと交換工事を行っていきます。
棟板金の捲れ
下屋の棟板金点検
強風に煽られたのか強度に優れているはずの板金が大きく曲がってしまっていました。固定が充分でなかった可能性もありますが、強風は屋根のトラブルを起こしやすい原因です。この板金は使用できませんので、更に落下しないように取り外しておきましょう。下り棟は包み棟ではなく、屋根材1段ごとに取り付ける【差し棟】を採用していますので、強風の影響を受けることなくしっかりと機能していました。下屋の確認も行いましたが、こちらは棟板金にズレやぐらつきもなく問題は見当りませんでした。
金属屋根の雨押え
雨樋の点検
雨押え部分との取り合いにはコーキング材で塞がれていますが、コーキング材が劣化したことで隙間が出来ていました。コーキング材は雨水を浸入させない為に非常に有効な施工方法ですが、太陽光等で劣化しやすい特徴があります。雨水が入らない完全な状態に雨水が入り込むような事があれば【毛細管現象】により雨漏りを起こしてしまう可能性があります。通常屋根材の施工では隙間を設けることが原則ですが、今でも毛細管現象を引き起こす施工を行っている屋根が存在しているのも現実です。こちらは問題ありませんでしたが、スレートでは縁切り、瓦ではラバーロック工法等にご注意ください。街の屋根やさんは問題箇所のみでなく、お住まい全体の点検を行いもし不具合があれば必要な補修工事をご提案させて頂いております。強風による被害は屋根だけでなく雨樋も受けやすい箇所です。が、特に破損もなく状態が良好でした。
波板のフック欠損
波板の破損
駐車場やテラスに使用されている波板には、フックの外れや波板のたわみ・破損が見られました。次回台風などの強風被害を受けた際に勢いよく飛散することが考えられますので、棟板金交換に合わせ張替工事を行っていきましょう。波板には塩化ビニルやガラスネット製など様々な素材がございますが、補修の際には耐久性に優れたポリカーボネート製を使用していく予定です。
モルタル外壁
チョーキング現象
モルタル外壁には外壁仕上げの違いから補修箇所も見当たりますがチョーキング現象の発生も少なく、急いで塗り替えメンテナンスを行う必要はないように感じます。モルタル外壁は仕上げ方によって汚れの付着しやすさも異なりますが、チョーキング現象が判断しやすい特徴があります。目視確認や手で触って塗り替えのサインを判断することが可能ですので、定期的に点検をし塗装メンテナンスを検討していきましょう。
クラックの発生
苔や藻の付着
モルタル外壁の注意点は「クラックの発生」です。主原料の観点からひび割れ(クラック)が発生しやすく、雨水が浸入しやすくなってしまいます。下塗りフィラーやコーキング材の充填でクラックの補修と再発防止を行う事ができますので、クラックが拡大してしまう前に対処していきましょう。

施工の様子

棟板金撤去
既存釘穴
変形してしまった棟板金は再利用できませんので、全て取り外していきます。使用していた貫板も雨水が染み込み黒く変色していましたので同様に取り替えを行っていきます。以前棟板金を取り付けていたビス穴が残っていますが、ここから雨水が入り込んでしまう恐れがありますので、棟板金を取り付ける前にコーキング材で塞いでいこうと思います。
コーキング補修
貫板交換
こちらが穴補修後の状態です。新たな棟板金で隠れる場所ですが、雨水が入り込んでしまうと屋根材を通過し、雨漏りを起こしてしまいかねません。必ず交換時には補修前のビス穴を塞ぎ雨漏りのリスクを抑えていきましょう。
棟板金交換
ビスの止め方
新たな貫板に合わせて棟板金を覆い被せて取り付けます。重ね部分はシーリング材で接着しながら雨水の浸入を防ぎます。棟板金は雨水が入り込まないように真上からの脳天打ちは行わずに側面で固定します。脳天打ちは雨漏りを起こす可能性がありますので、応急措置で固定する際にも取り付け方に注意しましょう。
ポリカ波板張替
ポリカ製波板張替補修
棟板金交換に合わせて破損していた波板も張替工事を行っていきます。耐久性に優れたポリカーボネート製の波板を使用し、アルミ製の下地ですので10年程度は取り替える必要もないでしょう。ポリカ製波板ホームセンターでも購入できますが表裏がありますのでご自身で取り付ける場合は注意しましょう(ラベルが貼ってありますのでご確認ください)。

工事を終えて

棟板金交換工事完了
雨漏りが起きる前に棟板金交換を行ったことで屋根トラブルを防ぐことができました。金属屋根は施工年数によって踏むと凹む屋根材がありますので、ご自身で確認できるような緩勾配屋根であっても専門業者にお任せください。また脳天打ちの危険性は紹介させて頂きましたので、応急措置を行う際にもぜひ参考にしてください。台風や地震発生後は不具合が生じやすくなってしまうため、屋根補修や雨漏り点検等お住まいで気になる事がありましたらお気軽にご相談ください。点検お見積りは無料にて承っておりますのでご安心ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
          店舗詳細はこちら
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら

        屋根補修工事に関連する新着ブログ

        千葉市稲毛区園生町にて棟板金の飛散、仮復旧を行い新規棟板金交換工事を実施
        千葉市稲毛区園生町にて棟板金交換工事を実施致しました。築30年程で10年程前に屋根葺き替え工事をされていました。棟板金は屋根の最上部にある板材の事で釘などで固定されている事がほとんどです。年数を経過し ...続きを読む
        富里市七栄にて強風の影響で棟板金が飛散、当日伺い棟板金の養生を致しました
        富里市七栄にお住まいのお客様になります。当日の強風の影響で屋根の一部が取れてしまったとの事で屋根の調査を実施致しました。屋根の登らせて頂きました所、棟板金の箇所が取れて飛散されていました。棟板金は屋根 ...続きを読む
        千葉市稲毛区黒砂台にて瓦屋根から雨漏り、原因は防水紙の劣化が原因でした
        千葉市稲毛区黒砂台にて雨漏り調査を実施してきました。瓦屋根のお宅で室内の天井から雨漏りされていました。梅雨時期はやはり雨漏りにお困りのお客様が多くなります。まずは室内の雨漏り箇所の調査になります。天井 ...続きを読む
        千葉市緑区平山町にてスレート屋根の棟板金の釘浮き、飛散する前に交換工事
        千葉市緑区平山町にて棟板金の調査を実施致しました。築15年程でスレート屋根のお宅でした。下から見て屋根の一部が浮いているとの事でした。棟板金はスレート屋根の最上部にある板材の事を指します。板金、棟板金 ...続きを読む

        屋根補修工事に関連する新着施工事例

        屋根補修工事を行ったお客様の声一覧

        4b6ff09ee12f4f5f8581e8c70e3b103e-columns2-columns2
        Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
        われた瓦がおちてきた為

        Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?
        Net

        Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
        すぐにTELをさせて頂きました

        Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
        特にありません

        Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
        なし



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!