浦安市美浜で落下しそうな瓦を漆喰詰め直しで改修、しっかり固定

工事のきっかけを伺いました!

漆喰詰め直しアイコン

施工内容屋根補修工事、漆喰詰め直し

築年数36年

施工期間1

使用材料シルガード

費用詳しくお問い合わせください

保証無し

ハウスメーカー不明

before
鬼瓦
horizontal
after
漆喰補修工事,完了
築36年、隣の建設中の方から瓦が落ちそうと言われたようです。屋根の状況が分からないため、どれ程の被害があるのかが分からないと大変不安そうでした。点検の上、補修の規模によってはリフォームローンの内容についても教えてほしいとご相談をいただきました。
点検
のし瓦
瓦が落ちそうですよ!と言われたのが浦安市の現場です。すっかりメンテナンスも行ってはいなかったようで、築年数もだいぶ経っていることから、不安を感じているようです。平瓦に破損や外れるような瓦は無かったのですが、棟はガタガタに崩れかけているようでした。棟瓦はのし瓦と呼ばれる長方形の瓦と、冠瓦を乗せて積み上げていきますが、同列ののし瓦が出っ張っているのが問題なのです。銅線で1周を囲っているのですが銅線が緩んだり、内部の泥が流出したり、漆喰が剥がれると棟の形を留めにくくなります。
鬼瓦
破風板取り合い
どうやら瓦が落ちそうなのは鬼瓦のようですね。棟から外れて大きく傾いてしまっています。棟の内部と鬼瓦はワイヤーで繋がっていますので、簡単に落下するという事はありませんが、この隙間から雨水が入ると雨漏りを起こしてしまいますし、更に棟は崩れてしまいます。

危険は鬼瓦だけではありません。棟違いの屋根ですと取り合いと呼ばれる場所が増えます。雨が吹き付けて劣化しやすい場所にもなりますので、出来るだけ雨漏りが起きないように前もって施工をしなければなりません。
防水紙
防水紙捲れ
今の所雨漏りはないようですが、屋根の修理の際には必ず確認をしておくべき防水紙(ルーフィング)。瓦の場合は1.2枚を外すことが出来る為、一番簡単に防水紙の劣化を確認出来ます。ちなみに防水紙の寿命は通常の物で20年程度です。瓦はメンテナンスフリーな屋根材ではありますが、雨漏りから住宅を守っているのは防水紙の為、こまめな点検と葺き直し工事等は必要になります。

重ねた防水紙の捲れが確認できます。このように野地板が見えていると雨水がまっすぐ室内に浸入してしまいますので補修の必要があります。
下屋取り合い
冠
下屋です。こちらも棟部分が歪んで隙間が出来てしまっています。漆喰には問題がなくても隙間から少しずつ雨水が入り込めば、いずれは雨漏りに発展してしまいますので塞ぐ必要があります。
全体棟
棟補修
全体の様子です。一見、まっすぐ見える棟ですが、少し湾曲しているのが確認できます。今の所は問題が無くても、地震によって大きく崩れたり、のし瓦が外れ落下する危険もありますので十分に注意しましょう。今回お客様のご希望は最低限の補修です。棟の取り直し工事を行う事で棟の歪みはしっかりと改善されますが、大きな費用が掛かってしまいます。まずは雨漏りを起こさないように漆喰の剥がれた部分の詰め直し工事を行います。
シルガード
漆喰撤去
漆喰補修にはシルガードを使用していきます。近年の耐震工法には通常の漆喰は使用されることがあまりないそうです。そこで南蛮漆喰を使用していくのですが、漆喰と何が違うのでしょうか?南蛮漆喰とは漆喰にシリコンなどを含有させ、耐久性・耐水性・強度を高めています。漆喰の様に2度塗り等は必要なく、仕上がりも綺麗な為、補修には最適です。シルガードは馬場商店が製造・販売する「なんばん」シリーズの1つです。
剥がし
漆喰詰め直し
既存の漆喰を撤去し清掃、そこにシルガードを詰め直していきます。この際にのし瓦の面に添って塗ったり、多く詰めればいいという事もありません。雨水が漆喰によって滞留してしまうと全く意味が無いからです。瓦よりも出っ張り過ぎないようにしっかりと詰めていきます。
棟漆喰
漆喰
時折、水をかけて乾燥が早すぎないように調整を行うのも大事です。棟には漆喰を綺麗に塗り、雨水が入り込まないように施工します。今回の詰め直し工事の最中で出来る限りののし瓦の歪み調整は直し、漆喰補修を行っております。 以上で浦安市の漆喰詰め直し工事は完了です。瓦の落下・補修・漆喰や雨漏りについてのご相談はお気軽にどうぞ。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
          店舗詳細はこちら
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら

        屋根補修工事に関連する新着ブログ

        袖ヶ浦市今井にてスレートの欠けと棟板金の飛散、コーキングでの補修と屋根塗装を一緒にご提案
        袖ヶ浦市今井にお住まいのお客様より、屋根の一部分が外れてしまっているので補修をお願いしたいとのことでした。 前回風の強い日に屋根の天辺の板金が外れてしまったとのことで、都合が合わずなかなか補修をお願 ...続きを読む
        千葉市稲毛区園生町でバルコニーのアクリル板から遮熱ポリカーボネート波板に交換工事
        千葉市稲毛区園生町にて経年劣化されたアクリル板から遮熱ポリカーボネート製の波板に交換工事をさせて頂きました。バルコニーを建てられて約10年になります。アクリル板は衝撃に弱く経年劣化が進んでいるとすぐに ...続きを読む
        千葉市稲毛区黒砂台にて瓦屋根から雨漏り、原因は防水紙の劣化が原因でした
        千葉市稲毛区黒砂台にて雨漏り調査を実施してきました。瓦屋根のお宅で室内の天井から雨漏りされていました。梅雨時期はやはり雨漏りにお困りのお客様が多くなります。まずは室内の雨漏り箇所の調査になります。天井 ...続きを読む
        大網白里市上谷新田の瓦屋根調査、防水紙の破れへの屋根葺き直し工事のご提案
        大網白里市上谷新田にお住まいのお客様より「屋根の瓦が浮いてしまっている」と、屋根調査のお問い合わせをいただきお伺いさせていただきました。急に起きた屋根の問題にお困りなお客様からのご相談です。屋根の状況 ...続きを読む

        屋根補修工事に関連する新着施工事例

        千葉市花見川区検見川町にて火災保険を利用し棟の取り直しと葺き直し工事で台風被害を改善ビフォー
        千葉市花見川区検見川町にて火災保険を利用し棟の取り直しと葺き直し工事で台風被害を改善アフター
        施工内容
        屋根補修工事 屋根葺き替え 棟瓦取り直し 漆喰詰め直し 漆喰取り直し
        千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事ビフォー
        千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事アフター
        施工内容
        棟瓦取り直し 漆喰詰め直し
        使用材料
        軽量シルガード

        屋根補修工事を行ったお客様の声一覧

        4b6ff09ee12f4f5f8581e8c70e3b103e-columns2-columns2
        Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
        われた瓦がおちてきた為

        Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?
        Net

        Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
        すぐにTELをさせて頂きました

        Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
        特にありません

        Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
        なし



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!