木更津市|棟取り直しと漆喰詰め直し工事で雨漏りを改善!

足場アイコン 雨漏り修理アイコン 漆喰詰め直しアイコン

施工内容屋根補修工事、棟瓦取り直し、漆喰詰め直し、雨漏り修理

before
漆喰補修前
horizontal
after
漆喰詰め直し完了
【お問い合わせのきっかけ】
木更津市で屋根から雨漏りを起こしたとご相談を頂きました。2階の大屋根が原因のようですが、1階の劣化具合も確認し、併せて補修をご提案していきたいと思います。

【補修内容】
大屋根:棟取り直し工事、下屋:漆喰詰め直し工事
雨漏り
小屋裏
木更津市のM様より雨漏りでお問い合わせを頂きました。しばらく前から雨染みはあったようですが、最近になり染みが拡大したとのことで、ご相談を頂きました。
雨漏りは染みが出来た時点で、すでに補修が必要な状態です。放置していて直る雨漏りはありませんので速やかに補修をするよう、進めていきましょう。
天井に染みがあるという事は小屋裏にも当然染みが残ります。それ程広範囲ではありませんが、確かに屋根から雨漏りを起こしていることは確認できました。
大屋根点検
大屋根
大屋根から見ていきましょう。何かがぶつかって割れていたりという事はありませんが、実際にどこからか雨が入っていることは間違いありません。
漆喰剥がれ
漆喰
屋根全体を見て見ると白い欠片がたくさんあります。これは棟に施工されている漆喰です。漆喰は頑丈な素材ですが、建物の揺れ等で剥がれてしまいます。
すると、内部の泥が露出し雨水が染み込み、雨漏りにまで発展してしまいます。軒先に白い破片が落ちていたり、屋根の上に何か乗っている場合は、漆喰が剥がれている可能性がありますので、点検と適切な補修を行っておきましょう。
棟並び
防水紙
棟を直線的に見て見ると途中から歪んでしまっています。建物の揺れと固定の緩みから少しずつ形を留められなくなってしまいます。その場合は一度撤去し、もう一度積み直す必要があります。
屋根の点検時には防水紙の破れ・捲れ・撓み等の劣化が無いか確認をする必要があります。もし仮に破れて雨漏りを起こしている場合は棟の取り直し工事だけでなく、防水紙の葺き直し工事もしなくてはなりません。
下屋
漆喰
下屋です。こちらは雨漏りとは無関係ですが、補修は同時に施工するのが好ましいです。
小さな破片の様に剥がれてきていますので、雨漏りを起こしていなくとも漆喰補修を行い、雨漏りに備えましょう。
棟剥がし
泥
補修工事ですが、1階と2階で施工内容が異なります。2階は棟の歪みも出ていましたので棟の取り直し工事、下屋は漆喰の詰め直し工事をしていきます。
まずは大屋根の棟を一度取り外していきます。泥や漆喰を清掃し、もう一度積み直しを行っていきます。
漆喰積み
のし積み
鬼瓦を固定しまっすぐ棟を並べていきます。棟が歪まないように水糸を張っていきます。
この水糸が棟の幅になります。漆喰を置きながら崩れないように積んでいきます。

漆喰
漆喰は重量もありますので瓦屋根は重たい印象があります。昔は重量で屋根が飛ばないように、崩れないようにと葺いていたようですが、近年の考えは真逆です。
耐震性を高く維持するには屋根を軽量に、という考えから今では漆喰や泥を使用しない「乾式工法」での施工が多く採用されています。
どちらの方が良いのか、メリット・デメリット踏まえて施工方法を決めていきましょう。
漆喰剥がし
漆喰詰め直し
下屋は漆喰の詰め直し工事です。漆喰補修は詰め増し(重ね塗り)と詰め直し(再施工)とありますが、状態によって補修方法を決める必要があります。
それ程ひび割れもない状態で、耐久性を維持する為でしたら詰め増しで良いかもしれませんが、ひび割れや剥がれがある場合は詰め直し工事が必要です。

既存の漆喰を剥がし清掃をします。新たに漆喰を詰め直していきますが、詰めすぎで棟よりはみ出す事がないように施工していきます。
端
飯喰補修完了
瓦の端からも雨が入り込まないようにしっかり盛って、雨漏りを防ぎます。
黒く仕上がっていますが、長い時間をかけて白く変色をしていきますので、ご安心ください。
施工後に雨漏りの状態を確認致しましたが、しっかりと止まり雨水が浸入していない事を確認致しました。
瓦は頑丈ですが、数十年経てば漆喰や防水紙は少しずつ劣化してしまいます。
定期的な調査とその時に適切な補修メンテナンスを行っていきましょう。
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
          店舗詳細はこちら
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら

        屋根補修工事に関連する新着ブログ

        千葉市稲毛区黒砂台にて瓦屋根から雨漏り、原因は防水紙の劣化が原因でした
        千葉市稲毛区黒砂台にて雨漏り調査を実施してきました。瓦屋根のお宅で室内の天井から雨漏りされていました。梅雨時期はやはり雨漏りにお困りのお客様が多くなります。まずは室内の雨漏り箇所の調査になります。天井 ...続きを読む
        大網白里市上谷新田の瓦屋根調査、防水紙の破れへの屋根葺き直し工事のご提案
        大網白里市上谷新田にお住まいのお客様より「屋根の瓦が浮いてしまっている」と、屋根調査のお問い合わせをいただきお伺いさせていただきました。急に起きた屋根の問題にお困りなお客様からのご相談です。屋根の状況 ...続きを読む
        一宮町東浪見で瓦屋根の漆喰補修前点検、瓦の錆汚れを確認しました
        一宮町東浪見のお客様から「現在、陶器瓦の漆喰補修を検討しているが、どのくらいの日数を必要としているのか教えてほしい」とご相談があり、その点検にお伺いしました。漆喰の補修といいますと、漆喰詰め直しと棟取 ...続きを読む
        一宮町一宮で別荘のスレート屋根を点検、シダが生えていました
        「一宮町一宮に別荘があるのだが最近、全く行ってないのでどのようになっているか点検してきてほしい」とお客様からご相談を承りました。普段は都心に住んでおり、なおかつ別荘も所有しているという羨ましいお客様で ...続きを読む

        屋根補修工事に関連する新着施工事例

        四街道市緑ヶ丘で瓦屋根と外壁の取り合いに水切り板金を設けて雨漏り解消ビフォー
        四街道市緑ヶ丘で瓦屋根と外壁の取り合いに水切り板金を設けて雨漏り解消アフター
        施工内容
        漆喰詰め増し 雨漏り修理
        使用材料
        ガルバリウム鋼板
        千葉市花見川区検見川町にて火災保険を利用し棟の取り直しと葺き直し工事で台風被害を改善ビフォー
        千葉市花見川区検見川町にて火災保険を利用し棟の取り直しと葺き直し工事で台風被害を改善アフター
        施工内容
        屋根補修工事 屋根葺き替え 棟瓦取り直し 漆喰詰め直し 漆喰取り直し

        屋根補修工事を行ったお客様の声一覧

        4b6ff09ee12f4f5f8581e8c70e3b103e-columns2-columns2
        Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
        われた瓦がおちてきた為

        Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?
        Net

        Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
        すぐにTELをさせて頂きました

        Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
        特にありません

        Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
        なし



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!