洋瓦とは?洋瓦でお住まいをイメージチェンジ

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年11月30 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
The kind of roofing work
屋根工事の種類
葺き替え工事のご案内葺き替え工事
屋根カバー工法のご案内カバー工法
屋根・外壁塗装工事のご案内屋根・外壁
塗装工事
棟板金工事のご案内板金工事
漆喰工事のご案内漆喰工事
雨樋工事のご案内雨樋工事
防水工事のご案内防水工事
屋根葺き直し
瓦工事
破風・鼻隠し・ケラバの補修
軒天の雨染みと
剥がれは見逃し厳禁
庇の役割とメンテナンス方法
シーリングやコーキングの種類と使用法
意外と多い笠木が原因のベランダからの雨漏り
雨漏りにも強い立平葺き
雨樋の詰まりに落ち葉除けネットがお薦め
ポリカ波板屋根と防水工事でベランダをより強く
快適生活をサポートする
換気棟
屋根リフォームで夏の暑さ対策
落雪被害を防ぐ雪止め設置
タスペーサーの重要性
ウレタン防水が選ばれる理由とメンテナンス方法
シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法
FRP防水が最強である理由
雨漏りの原因となりやすいパラペットのメンテナンス
セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法
大波・小波スレートの最適なメンテナンス方法
複雑な形状の屋根の面積
係数を使って簡単算出
屋根の形
屋根の最も重要な部分
野地板のメンテナンス
工場や倉庫のメンテナンス
アパート・マンション、ビル
のメンテナンス
別荘のメンテナンス
様々な屋根の面積の求め方
天窓のお困り事・お悩み事
カーポートを自己負担なしで建て直せる条件・費用
RC造からの雨漏りを防ぐ適切なメンテナンス方法
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
お住まい、屋根のメンテナンスサイクル完全版
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

洋瓦とは?洋瓦でお住まいをイメージチェンジ

更新日 : 2020年10月26日

更新日 : 2020年10月26日

 互屋根と言ったらおそらくほとんどの方は和瓦を思い浮かべるのではないでしょうか。瓦には和瓦、洋瓦とありますが、洋瓦はどのような瓦かご存知でしょうか。洋瓦は名前の通り、西洋由来の瓦です。こちらの記事では洋瓦についてご紹介をしていきたいと思います。
こちらの記事はおおよそ5分で読むことができます。

洋瓦

洋瓦とは

 前までは西洋から輸入された屋根瓦のことを洋瓦としていました。しかし現在では生産国は関係なく、西洋の瓦の外観や形状を持っている瓦のことを洋瓦と呼ばれるようになりました。もともとは明治時代に洋館を建設するために輸入されたフランス製の瓦で後にフランス人技師が横浜で製造を開始したと言われているそうです。大正時代にはスペイン製の瓦が日本に輸入され、大正モダンの中で流行したようです。現在では、フランス製の瓦はF形瓦、スペイン製の瓦はS形瓦として改良を重ねたものが販売されています。

屋根瓦 洋風

 洋瓦、和瓦はどのような所に違いがあるのかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。和瓦と洋瓦の主な違いは形状にあります。緩やかな波形のものは和瓦でJapaneseの頭文字をとってJ形瓦とも呼ばれています。地域によって取れる土や粘土によって成分や色は異なりますが製法はほぼ同じで、土や粘土を成型して窯で焼いたものです。日本瓦は高温で焼かれるのに対して洋瓦は比較的低温で焼かれていると言われています。

ドイツの街並 ドイツ

スペイン発祥、S形瓦

 オレンジや赤色ともとれる色合いが特徴です。とても変わっている形状をしているのがS形瓦です。スペインが発祥地のため頭文字をとってS形瓦と呼ばれています。しかし実はこのS形瓦の形は日本で考案されたそうです。部分によっては湾曲が強く正面真横から断面をみるとS字型に近い形をしています。

フランス発祥、F形瓦

 フランスから輸入されたもので元々は長方形でした。現在国内で流通しているものは日本独自進化を遂げたもので、正方形に近い形をしています。F形型のFはFrenchではなくFlatのFで、それが示すように平らなのが特徴です。

M形瓦

 半円を重ね合わせた波形の瓦でM字型をしているためM形瓦と呼ばれています。波形の形状はF形瓦の進化と言われることもあります。またS形瓦の進化とも言われていることもあります。日本の瓦の三大産地とされている三州瓦ではF形M対応と呼ばれています。

南欧風住宅 赤

丸瓦(上丸瓦と下丸瓦)

 半円の雨樋のような下丸瓦を沿って並べて、隣接する縁の上に上丸瓦を被せるという方法で葺いたものが元祖のスパニッシュ瓦になります。沖縄の赤瓦と似たような葺き方をしているのが特徴です。

 現在日本の家屋の建材やその原料は輸入されたものが多いです。屋根材も輸入されていますし洋瓦も輸入されていますがごく少量で、市場に出回っているものはほとんどが国内生産の物になります。
生産は主に日本の三大瓦の産地である三州(愛知県西部)、淡路(兵庫県淡路島)、石州(島根県西部)で行われてそれぞれが歴史を持つ産地で、日本の気候に合わせて造られているので安心です。

 和瓦であっても洋瓦であっても屋根の葺き方、施工方法は同じです。野地板に防水紙を貼り、桟木を設置して固定していきます。ですので、現在のお住いが瓦屋根の方は、和瓦だけでなく洋瓦にも葺き替え可能なのです。

沖縄 沖縄屋根

お住まいの形状別、おすすめの瓦を紹介

 上記でご紹介したように洋瓦にはさまざまな種類があります。色もさまざまでお住まいに合うものを選び屋根を葺き替えることが可能です
そこでお住まいに合う洋瓦を形状別にご紹介いたします。

お住いが洋風の場合

 S形瓦は洋瓦の中でも最も洋風の色が濃いです。
 お住いの外壁がモルタルやジョリパッドでコテ跡や模様などが描かれている場合は特に似合う瓦ではないでしょうか。窯業系サイディングで洋風のデザインのものとも相性がいいです。

和洋折衷なお住まい

 M形(波形)瓦はS形瓦に較べて凹凸が少なく、ちょっと控えめな印象を受けるためどんなお住いにも似合う形状です。ですので和洋折衷なお住いでも似合います。
お住いに合う瓦の色を選択することがおすすめです。

和風なお住まい

 F瓦には全く飾り気のないプレーンなものからラインや凹凸を施したものまでさまざまなものがあります。ラインや凹凸を施したものは和風のお住いとも合います。モダンなデザインの建物にも似合います。

スウェーデン 洋

まとめ

 いかがでしたでしょうか。本日は洋瓦についてご紹介致しました。洋瓦というとどうしてもお住いと雰囲気が合うかどうか悩まれることが多いかと思います。しかし今回ご紹介したように、中には和風のお住いにもあう瓦もあります。また、混ぜ葺きといった遊び心ある屋根の葺き方をすることも可能です。
 洋瓦は現在外壁材の主流でもある窯業系サイディングとの相性もバッチリです。
 現在お住まいの屋根が瓦屋根と言う方はぜひこの機会に洋瓦への葺き替えも考えてみてはいかがでしょうか。街の屋根やさん千葉では、屋根葺き替え工事も行っております。また、点検やお住まいの工事のご提案、ご相談、お見積りを無料で行っておりますのでお気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。 瓦の差し替え工事 瓦の並び戻し工事  漆喰が剥がれることによって内部の土が露出…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!