瓦屋根の葺き替えを行う時期は?瓦屋根のメンテナンスについてご紹介

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月24 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

瓦屋根の葺き替えを行う時期は?瓦屋根のメンテナンスについてご紹介

更新日 : 2020年07月08日

更新日 : 2020年07月08日

 瓦屋根の寿命はスレート瓦や金属屋根とは異なり長寿命と言われています。また、瓦屋根は他の屋根材とは違い塗装によるメンテナンスが不要とされているため、瓦屋根はメンテナンス不要と思われている方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、瓦屋根も定期的に点検やメンテナンスは必要です。また、劣化状態によっては屋根葺き替え工事を行うこともあります。本日は、瓦屋根の劣化症状やメンテナンスについてご紹介したいと思います。
こちらの記事はおおよそ5分で読むことができます。

 

瓦

定期的な点検で不具合を確認

 こまめな点検と悪天候後の点検でお住いの屋根の不具合を早期発見することがおすすめです。
 特に台風時などは強風で瓦が飛散してしまったり飛来物で瓦が欠けてしまっている状態になっていることもありますので特に気を付けなくてはいけません。

 

瓦屋根の状態別で行う補修が異なります

 瓦屋根の状態によって補修方法はことなります。ご自身でもできる簡単な屋根診断をご紹介いたします。

瓦屋根 歪み

①棟瓦の歪み
2階の屋根の頂上部分の瓦(棟瓦)が見えるようであれば、棟瓦が真っ直ぐになっているか、歪みなどが見られていないかを確認しましょう。また、2階の部屋から1階の屋根の棟瓦部分が見える場合は同様に確認することがおすすめです。
この棟瓦が少しでも歪んでしまっている場合は注意が必要です。徐々に歪みが大きくなり最後は崩れてしまう危険性があります。
棟瓦の部分がゆがんでいるということは、漆喰が劣化してきている証拠になります。この歪みを放置しておくと、台風などの強風時や地震時に棟瓦が崩れてしまう恐れがあるのです。

瓦割れ 瓦状態

②瓦の割れや欠け
雹や強風時の飛来物、アンテナの倒壊などの理由で瓦が割れてしまったり欠けてしまったりすることがあります。その部分から防水紙の劣化具合によっては雨漏りに繋がることもあります。

 瓦の唯一の弱点は瓦が割れてしまうことです。割れたまま放置しておくと他の瓦がずれてしまったり、干渉したりし他の部分も破損してしまう可能性があります。また、破損した瓦から雨水が浸入すると防水紙や野地板を傷め最終的には雨漏りを引き起こしたりするのです。

漆喰 漆喰剥がれ

③漆喰の剥がれや崩れ
棟瓦の部分などに使用されている漆喰は劣化した状態だと、台風時の強風や地震で瓦が動き、外れてしまったりずれてしまったりすることがあります。
漆喰の劣化=瓦がしっかりと固定されていない状態のため、瓦の落下する危険性があります。
瓦のズレや外れは雨水が浸入し雨漏りの危険性にもつながります。

 上記のような瓦の状態は長い間放置しておくと雨漏りを引き起こす原因となります。
定期的にお住いの屋根を点検し必要であれば補修を行うことがおすすめです。

雨染み 雨漏り

瓦屋根のメンテナンス

 瓦屋根のメンテナンスについてご紹介いたします。

・漆喰詰め直し、瓦一部交換
漆喰の傷みが見られるが、劣化症状が軽度の場合は劣化した漆喰部分を取り除き漆喰を詰め直します。また、瓦が一部割れてしまったり欠けてしまっている場合には、部分交換を行います。

崩れ 防水紙劣化

・棟瓦取り直し工事
漆喰の剥がれが重傷で、棟瓦部分が歪んでしまっている場合、棟瓦を取り外し再び瓦を積み直していきます。

・屋根葺き直し工事
瓦屋根はとても耐久性に優れていますが、先ほどの述べたようにひび割れや欠けた部分から雨水が浸入し、防水紙や野地板の劣化が先に進んでしまう場合もあります。こうなった場合は、瓦をすべて取り外し防水紙や野地板の補修または交換を行ってからふたたび瓦を積み直していきます。

・屋根葺き替え工事
瓦屋根全体の劣化が激しい場合は屋根の葺き替え工事を行います。上記でご紹介したメンテナンスに比べると瓦の廃材費や新しい屋根材の費用、工期もかかり、工事費用が高額となりますが、新築のような屋根にすることができます。

 

瓦屋根の葺き替え工事について

 屋根葺き替え工事とは、既存の屋根を撤去し新しい屋根材に葺き替える工事となります。
やねそのものを変更するため、自由度の高そうな屋根リフォームと思われますが、実はスレート屋根や金属屋根から瓦屋根に葺き替えることはできません。
使用できる屋根材に制限がでてしまうのは、屋根の重量に問題があります。既存の屋根材よりも重い屋根材は重量が増加し耐震性が低くなってしまうのです。
ですので、重量のある陶器瓦やいぶし瓦等は瓦屋根に葺き替えることも可能ですが、金属屋根やスレート屋根のように軽い屋根材は瓦への葺き替えは不可能となるのです。

まとめ

 いかがでしたでしょうか、本日は瓦屋根の状態やメンテナンス方法についてご紹介いたしました。
瓦屋根は長寿命で定期的なメンテナンス不要と思われるかもしれませんが、定期的に漆喰や瓦の状態を確認することで、雨漏りを防いでくれます。
また雨漏りが発生すると、メンテナンスも大掛かりになってしまいますので、できるだけ定期的に状態を把握し、早期発見に努め、適切なメンテナンスを行うように心がけましょう。
街の屋根やさん千葉ではお住いの屋根の点検やお見積もり、工事のご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
   一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが傷んできます。定期的なメンテナンスが必要になってくるのです。 …続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!