軒とは?軒の役割や軒を伸ばすリフォームについてご紹介いたします

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月28 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

軒とは?軒の役割や軒を伸ばすリフォームについてご紹介いたします

更新日 : 2020年04月14日

更新日 : 2020年04月14日

この記事は軒についてご紹介しています。
おおよそ5分で読むことができます。

 

軒リフォーム

 お住いの中で「軒」といわれている部分があることはご存じでしょうか。
そもそも軒とは?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。本日は軒についてご紹介をしていきたいと思います。

軒とは

 軒とはお住いの屋根のうち、外壁や窓、玄関などよりも外側に突き出ている部分を指しています。お住いよりも突き出ているためこの部分が普段から雨や雪、紫外線からお住いを守ってくれているのです。
ちなみに、軒の先端部分を軒先、軒の下部やバルコニーなどの空間を軒下、軒の下面を軒天と言います。

バルコニー 軒

 建築基準法にて軒は突き出ている部分が外壁または柱の中心線から1mを超える場合、その先端から1m後退した部分は建築面積に含まれてしまうため、大きな軒を付けてしまうとその分建築面積が制限されてしまいます。このようなことから土地の狭い都心部では1m以下の小さな軒を付けたり、軒のないお住いを建てることが多いのです。

外壁 家

軒がないことで雨漏りのリスクが高くなる

 上記でご説明したように、都心部では軒をなくしたお住いもありますが、軒のないお住いを建てた場合のリスクはあるのだろうかと疑問を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
軒のないお住いを建てた場合、一番懸念されがちなのが雨漏りです。上記でも伝えたように軒は雨などからお住いを守っている役割があるため、軒が無いと吹き付ける雨水がそのまま外壁に直撃することになります。多少の雨風であれば軒が無くても問題ないのですが、台風などの豪雨では雨水がお住いに浸入してくる恐れもあります。特に、軒のないお住いの場合で雨水が浸入してくるリスクのある箇所が以下です。

雨水侵入 換気口

・換気口
お住いには室外の空気と外気を循環させるために換気口が設置されています。軒が無い場合、横殴りの雨が降った際に換気口を直撃し換気口を閉めていても雨水が浸入する可能性があるのです。

・配管と外壁のつなぎめ
室外給湯器が設置されている場合、外壁と配管の境目から雨水が浸入する恐れがあります。軒が無いとお住いの外壁を伝い雨水が垂れてきてつなぎ目から雨水が浸入する可能性があるのです。

・雨戸など
軒のないあ2階建てのベランダは大量の雨水にさらされており。ベランダやドレン付近の防水能力が低下し1階に水漏れを起こす危険性もあります。

 

上記のように、軒が無い場合のお住いでは雨漏りを引き起こす可能性がとても高いです。軒の有無でお住いの耐久年数も大きく影響しますので軒はお住いの構造上とても重要になるのです。

 

軒が付けられない場合

軒先 長さ

 通常の軒の長さは建築面積に影響があまり出ない90㎝程度が一般的とされています。90㎝程度の長さであれば雨除けや日よけの効果は十分に果たしてくれます。上記でもご説明したように1mを超える建築面積に影響があるため、建ぺい率や斜線制度などの問題で付けたくても付けられない場合があります。もしも軒が付けられない場合は、以下のような方法がおすすめです。

・外壁タイルにする
お住いの外壁にタイルを貼ることで、雨風からお住いを守ることができます。

・遮熱ガラスの使用
ベランダや居間など日差しが多く入り込む箇所に複層ガラスなどの遮熱性のあるガラスを使用し室内温度を上昇させることや紫外線を軽減することができます。

・庇をつける
雨風が入り込む可能性のある通気口付近や出窓の上に庇を設置することで雨水などの浸入をある程度防ぐことができます。

都市部などで土地の面積が限られており軒を付けることが難しいとなる場合には上記のような対処法をでお住いの雨漏りなどを防止しましょう。

 

軒をさらに伸ばす

 現在のお住いの軒が短いと感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は軒を延長する工事も可能なのです。軒を延長することで雨よけの効果が高くなるので、お住いの劣化などの防止にもなります。
しかし、この軒の延長は簡単にできるお住いとできないお住いがあります。ですので、もしも軒の延長をお考えの方は、一度専門の業者に相談することがおすすめです。


軒の理想的な長さ

 軒の長さは約90センチが最も機能を発揮するといわれています。夏至の太陽の入射角度は約80度で、軒の長さが90センチの場合直射日光が室内まで届かず快適に過ごせます。また、夏至の太陽の入射角度は30センチで、冬場は日光が部屋の奥まで届きます。冷暖房費の節約もなると思います。
 軒の長さは90センチが理想と説明しましたが、最近では軒がない、または短いお家が増えています。スタイリッシュで現代風なデザインですが、雨漏りをするリスクが高いです。また、雨樋の不具合が発生した場合に、雨樋からあふれた雨水が外壁にかかり、シーリングの劣化にも繋がります。
 一方、長すぎる軒にもデメリットはあります。まず、耐風性の低下です。風が当たる面積が多くなるため、下から吹き上げる風に弱くなってしまいます。また、デザインにもよりますが、外見によくない影響を与える可能性もあります。軒が長いことによって、家全体を敷地の中心部に寄せる必要があり、お部屋が狭くなってしまうかもしれません。軒の長さ分の材料費もかかってきます。

 

まとめ

点検無料

 いかがでしたでしょうか。今回は軒についてと軒の役割、軒の延長方法をご紹介いたしました。
軒があることでお住いの劣化や雨漏りを防ぐ効果があります。お住いが雨漏りを引き起こしてしまうと、補修工事を行うことが大変になりますし、工事費用も高くなってしまいます。ですので、できるだけ雨漏りを防止する対策を行うことがおすすめです。
 街の屋根やさん千葉ではお住いの屋根の点検やメンテナンスに関するご相談、お見積もりを無料で行っております。お気軽にご相談ください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!