風や地震などの自然災害に強い家を屋根リフォームの視点から考察します

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年10月26 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

風や地震などの自然災害に強い家を屋根リフォームの視点から考察します

更新日 : 2020年03月16日

更新日 : 2020年03月16日

だれでも自然災害によってお住まいが被害を受けるのは怖いです。風や地震の災害からできるだけ強い家に住みたいといっても、実際はどのような家が自然災害に強いのでしょうか?
ここ数年は巨大台風(令和元年房総半島台風、令和元年東日本台風など)で日本全国が甚大な被害を受けました。また、それよりも数年前になりますが東日本大震災では多くのお住まいが倒壊しています。その時に多かった被害、逆に被害を受けにくかった家がどのようなものなのかを屋根リフォームの観点からこのページでご紹介いたします。

自然災害別にみるお住まいの被害

街の屋根やさんでは台風や地震だけでなく様々な自然災害によって被害を受けたとのお問い合わせをお受けしています。

・台風などの強風

強風によってお住まいは様々なダメージを受けます。その中でも多くのお問い合わせがあったのは瓦のずれや破損です。瓦は釘などで固定せず組み合わせと土を使って固定している土葺きという工法があります。土葺きは築年数が50年以上経っていることが殆どで、最近の新築では使われない工法でもあります。使われていない理由は釘をつかっていないので強風で瓦が飛散、ずれなどを起こしやすいことや土を使うので屋根自体が重いことです。
屋根の平部の瓦だけでなく、屋根の棟も風影響でずれたり、酷い場合は崩れてしまうことがあります。棟に乗っていた熨斗瓦や冠瓦などが平部に落下してさらに瓦が割れてしまうケースも多いです。瓦以外の屋根材ではスレートや金属屋根材も風で外れてしまうことがあります。
強風による被害はそれだけでなく、天窓が飛来物によって割れた、雨樋が外れた、屋根のアンテナが倒れたなどの被害が多かったです。

台風被害について詳しくはこちらのページをご覧ください。

強風で剥がれた瓦 強風で外れた棟板金

地震による揺れ

地震は二次被害として火災や津波などもありますが、ここでは揺れによる被害についてお話ししたいと思います。揺れで被害を受けやすいのはやはり屋根です。特に瓦屋根の場合は強風の同様瓦のずれの被害が多く、棟の倒壊なども発生します。また、阪神・淡路大震災をきっかけに2000年に木造住宅の耐震基準が厳しくなり、以前よりも強固な構造になっていますが、それ以前に建てられたお住まいのが合いは構造的に弱く倒壊の危険が高まります。(地震対策についてのリフォームはこちら

地震で崩れた棟 地震で瓦がずれてしまった

大雨による被害

大雨は台風に伴うことが多いのですが、大雨が降れば地盤が緩んで土砂崩れの発生、河川の氾濫などがあります。強風ほど直接の原因で何かが破損するケースはすくないですが、普段は気が付かなった雨漏り箇所が、大雨によって発覚するケースも多いです。また、浸水によって床が濡れ、腐ってしまうこともあります。

大雨の被害

雪(雪害)

雪の多い地域は雪害に強い家になっているため、雪害を受けるのはそれほど積雪が多くない地域で数年に一度の大雪が降った場合に多いです。中でも多いお問い合わせが雨樋の破損です。雪が雨樋に溜まって重みで破損してしまうためです。他にも雪が屋根に残っていることで雪解け水が侵入して雨漏りになるケースもあります。また、カーポートやサンルームの屋根に積もった雪で倒壊してしまったり、雪が固まり落下した衝撃で屋根を破損させてしまうことも多いです。

凍害

建材に水が染み込み、それが寒さによって凍ることで起こるのが凍害です。水は液体の時よりも固体の時の方が約9%体積が増えるという珍しい物質です。固体はかなり厄介です。気体は圧縮できますし、自由に形を変えることができます。液体も流動性がありますし、こちらも自由に形を変えることができます。しかし、固体は字が示すとおり、固まった状態ですから、自由に形を変えることができません。粘土瓦に水が染み、それが凍ったとしたら、どうなるでしょう。染みたところで体積が増えるので、そこから割れていきます。屋根材のスレートや外壁に使われる窯業系サイディングも同じことです。染み込んだ水が凍れば、そこを起点に割れていきます。霜柱は家を持ち上げるだけの力がありますので、どんな強固なけんざいであっても凍害の前では無力なのです。凍害を防ぐには建材に水を染み込ませなければいいだけの話です。防水性を保つため、定期的な屋根塗装や外壁塗装でメンテナンスしてあげてください。また、凍害が起こりやすい地域で瓦屋根の場合、吸水率が低い瓦が使用されていますので、凍害が起こることはほとんどありません。

雪で雨樋に重さがかかっている 雨樋が雪で外れている

雹(雹害)

ここ最近では2017年7月18日の東京都内での雹被害です。このときは直径5cmという大きな雹が降ったことで多くの被害が発生しました。屋根の塗装など表面の傷にとどまらず、屋根材自体が割れてしまったことや、カーポートに穴が空いてしまうこともありました。雹が当たる場所は他にも外壁やシャッター、戸袋、霧除けなど多岐にわたっており、一見して被害をうけていないと思っても、実際に街の屋根やさんで現地調査を行ったところ様々な箇所に被害が見つかったケースがあります。

自然災害に強い家(防災瓦編)

台風の強風や地震での被害が多い瓦ですが、実はそれに強い瓦があります。防災瓦といって風速46mにも耐える耐風性能があり、震度7クラスの地震でもずれたりしない機能をもっています。この瓦は瓦同士が組み合わさるようにロック機構になっていて、それだけでもずれにくいことに加えビスで瓦自体を屋根に固定します。

防災瓦 瓦同士を結合させる 防災瓦の設置(屋根葺き替え工事)

 

自然災害に強い家(屋根の軽量化編)

地震による揺れは屋根の重さによって受ける被害が変わります。重い屋根は揺れ幅も大きくなりますので、それだけ建物のダメージが大きくなります。そのため、耐震対策で屋根を軽量な屋根材に変える方も多いですし、屋根のリフォームに合わせて軽量な屋根材をお選びいただく方も多くなっています。
軽量な屋根材で街の屋根やさんがお勧めするのはガルバリウム鋼板を使った金属屋根材スーパーガルテクトや、ハイブリット瓦のROOGAシリーズです。

ROOGA 鉄平 スーパーガルテクト

ROOGAシリーズの詳細ページはこちら

スーパーガルテクトの詳細ページはこちら

自然災害に強い家(雪止め金具編)

雪止め金具とは、屋根に積もった雪が落下しないように取り付ける専用の金具です。雪国ではよく雪下ろしをしている風景がありますが、それは雪の重みで家が倒壊しないためです。それほど積雪が多くない地域では倒壊することはほとんどないので、逆に雪が落下した時の被害について対応が必要になるのです。雪止め金具を屋根に設置することで雪が落下しにくくなるので、雨樋の破損や落下した雪でのカーポートの破損、さらには人への被害を防ぐことができます。雪止め金具は新築でなくても後付け可能ですし、屋根材は瓦、金属、スレートなど多くの屋根材に対応できる雪止め金具がそろっています。

雪止め金具 瓦屋根に雪止め金具を取り付ける

風や地震などの自然災害につかえる火災保険

地震災害に強い家を考えるために、防災瓦を使ったり雪止めを設置することは大事です。しかし、それでも人知を超えた自然災害に遭遇した場合は被害を受けてしまうかもしれません。そんな時は火災保険を使って実費なしでの修理も可能です。
火災保険が対象となる災害は下記の通りです。

・火災
・落雷
・爆発破裂
・風災
・雹災
・雪災
・水災

ご加入している火災保険の内容によっても異なるため、もしもの備えとして内容を確認しておくことが大事です。
街の屋根やさんでは火災保険を適用するために、現地調査時に被害の写真を撮影したり、保険会社への申請書類の準備もお手伝いさせていただきます。
自然災害に強い家の条件として、もしもに備える火災保険も大事です。

まとめ

風や地震に負けない家について考えると、やはり一番に鉄筋コンクリート構造(RC造)がイメージされると思いますが、今のお住まいをそう簡単に建て替えられる方は多くありません。今のお住まいの中で自然災害に強いお住まいをと考えるなら、一番にやってほしいことは現状の確認です。私達街の屋根やさんではお住まいの点検を無料で行っております。悪くなっている箇所がもし発覚した場合は工事のお見積りも無料で作成させていただきます。まずは現在のお住まいを健常にしておくこと。ほとんどの台風などの被害を受けた場合は、すでに傷みがあった場合や、釘が抜けかけていたなどのメンテナンスをしっかりやっておくことで防げた被害も多いのです。また、もしもの時のための火災保険への加入があれば、安心です。
そして、いざリフォーム時期に来たタイミングで、耐震性の高い部材を使うといったことを行うのが理想的でしょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

震災による瓦工事に関して、東北地方太平洋沖地震でお困りの方へ
震災による瓦工事に関して、東北地方太平洋沖地震でお困りの方へ
2011年の大震災から四年以上が経過しました。以前に比べると余震は減りましたが、各地でまだ震度5弱の大きな揺れを観測することもあります。千葉県ではだいぶ仮養生(ビニールシートをかぶせた状態)のお宅の数が減り、ようやく工事が追いついているのではと思います。しかし、前回の3.11で特に屋根に被害がないと…続きを読む
失敗しない屋根リフォームのコツ
失敗しない屋根リフォームのコツ
屋根のメンテナンスがなぜ必要なの? 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。 春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで…続きを読む
街の屋根やさんの屋根リフォーム「不安ゼロ宣言」
街の屋根やさんの屋根リフォーム「不安ゼロ宣言」
 街の屋根やさんのサイトをご覧いただき、まことにありがとうございます。今このページをご覧になっている方の多くが、屋根リフォームに対して心配や気がかりな事があるのではないでしょうか? 街の屋根やさんのサイトをご覧いただき、まことにありがとうございます。今このページをご覧になっている方の多くが、屋根リフ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!