様々なお住いの形状、バタフライ屋根のメリットやデメリットをご紹介します

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年10月26 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

様々なお住いの形状、バタフライ屋根のメリットやデメリットをご紹介します

更新日 : 2020年03月10日

更新日 : 2020年03月10日

この記事はバタフライ屋根についてご紹介しております。
約5分で読むことができます。

 

様々な屋根

お住いの屋根はには様々な形状があります。形状ごとにそれぞれのメリットやデメリットがあります。
本日は様々な屋根の形状の中でも、バタフライ屋根についてご紹介したいと思います。

バタフライ屋根とは

 一般的なお住いの屋根の形状といえば、切妻屋根や寄棟屋根が特に多いのではないでしょうか。そのため、バタフライ屋根という言葉にあまり聞きなれないという方も多いかと思います。
バタフライ屋根とは、その名の通り蝶々の羽が広がったような形のように、屋根の端から真ん中に向かって低くなってる屋根の形を指します。切妻屋根の形を逆さにしたような形でv字型になるような形状になっています。バタフライ屋根は真ん中に向かって低くなっている屋根の形状のため、真ん中に谷樋を設けた構造になっているのです。そのため、屋根の窪み部分に雪などが溜まりやすく、特に雪かきが必要な豪雪地域はあまりおすすめできない屋根形状になりますが、電熱器とセットになった無落雪屋根を採用すれば雪などの溜まりも心配ありません。

また、バタフライ屋根の谷には雨水が溜まりやすく、流れにくいため屋根材や樋が傷みやすくなりますので定期的に修理やメンテナンスを行う必要があります。

雨 降雪量の多い地域

バタフライ屋根のメリット・デメリットについて

バタフライ屋根のメリットについてご紹介いたします。

・個性的なデザイン
基本的には切妻屋根や寄棟屋根が一般的の為、バタフライ屋根ほとんど見られません。そのため、非常に個性的なデザインとして見られます。

・ソーラーパネルの設置がしやすい
屋根面積が広く、勾配が広いため、ソーラーパネルの設置がしやすい屋根です。

切妻 太陽光パネル

 やはり、一般的な屋根では採用されていないバタフライ屋根は個性的なデザインに見えます。そのため、バタフライ屋根を採用することで、他のお住いと差別化することができます。
つづいて、バタフライ屋根のデメリットについてです。・雨漏りのリスクが高い
バタフライ屋根の形状は屋根の真ん中が谷となり、雨水などが溜まるような形式になっています。そのため、谷樋にかかる負担が特に大きく、雨や雪の多い地域ではお勧めできない屋根形状です。

雨漏りのリスクが高い屋根となると、定期的な点検やメンテナンスは特に重要となります。雨漏りが発生してしまうと、お住い内部の木材などの腐食が進んでしまい、シロアリの発生などのリスクも高くなります。また、修理を行う際の費用も高くなりますので気を付けなくてはいけません。

無落雪屋根はバタフライ屋根とパラペットの組み合わせ

 屋根の中央が谷となるバタフライ屋根、雨や雪の多い地域には向いてないのですが、多雪地帯に徐々に普及しつつあるのが無落雪屋根です。バタフライ屋根の形状を利用し、屋根に積もった雪を電熱器で溶かし、中央の谷に集め、排水するという仕組みです。無落雪屋根は屋根から落雪しないように外周は全てパラペットになっています。優雅な形状のバタフライ屋根が見えないのです。そのため、キューブ型の住宅にしか見えません。キューブ型の住宅はスタイリッシュなのでそれはそれてカッコいいのですが、優雅さとはちょっとかけ離れていますよね。
屋根の上の雪を解かすのは建物の損壊を防ぐためだけではありません。屋根などの高所に積もった雪はかなり危険なもので、これまでにその落雪で亡くなった方はかなりの人数にのぼります。建物は意外と上からの荷重に強く、屋根への積雪は1m程度なら耐えられると言われています。毎年、かならずといっていいほど死傷者が出る危険な作業の屋根からの雪下ろしするのは周囲の人を守るという意味もあるのです。危険な作業をする必要がない、周囲も危険にさらさない無落雪屋根はこれからも広まっていくでしょう。

 

雨漏り 費用

様々なお住いの屋根形状

・切妻屋根(きりづまやね)
一般的に三角屋根といわれている屋根形状です。シンプルで施工もしやすく最も普及している形で、和風や洋風でも合います。・寄棟屋根(やねむねやね)
棟が四つにわかれており中央に寄棟がある形になります。切妻屋根につづき、一般的によく見かける屋根の形状です。
屋根面が4つになっており面積が小さくなっているため風圧に対して強いのが特徴です。

・方形屋根(ほうぎょうやね)
正方形の建物に多い屋根で、ピラミッドの形をしています。屋根のすべての面が同じ形になるのが特徴です。

・陸屋根(りくやね、ろくやね)
屋根の特徴である勾配がなく、平坦な形状から陸屋根と呼ばれています。形状からわかる通り、屋上を設けるのに最適な屋根の形です。しかし、排水性が悪いため定期的に防水工事を行う必要性があり、しっかりメンテナンスを行うことが大切です。

・片流れ屋根(かたながれやね)
屋根といえばいくつかの面で構成されていることがほとんどですが、片流れ屋根は一面で構成されています。また、屋根面の方角が良ければソーラーパネルや温水器などの設置がおすすめで、エコな屋根の形状です。

・招き屋根(まねきやね)
屋根形容が招き猫の前足に似ているので招き屋根とよばれています。切妻のような屋根の頂点が中心にあるわけではなく、片側に寄っていて、片面の屋根が短い形状になっています。片流れ同様方角が良ければ太陽光パネルの設置などがおすすめです。

・入母屋(いりもや)
最も格式の高い屋根の形状です。京都の桂離宮などが有名。小さい切妻の下に寄棟を合体させたような形状です。

・錣屋根(しころやね)
入母屋と形状は似ていますが、切妻から続く屋根の角度が途中で変わっており緩い勾配になっています。京都御所の紫宸殿、大阪の四天王寺金堂の二重目屋根が有名。

・越屋根(こしやね)
屋根の上に縦方向も横方向も小さい二階部分を載せたような形状です。大きな建物で採用されることが多い屋根です。

・差しかけ(さしかけ)
切妻や招き屋根の頂点の位置をずらして合わせたような形状になります。

・半切妻屋根(はんきりづまやね)
切妻の棟の両端が垂直ではなく、斜めになっているものです。切妻を途中から寄棟にしたような形状にも見えます。

・鋸屋根(のこぎりやね)
片流れの建物を連結されたような形状。

・M型屋根
切妻を連結させたような形状で、名称通りM字型の屋根です。

・マンサード屋根
寄棟の屋根勾配を途中で急角度に変えた屋根です。

・ギャンブレル屋根
切妻の屋根勾配を途中で急角度に変えた屋根です。屋根の面の中央付近で角度が変わることから腰折れ屋根とも呼ばれています。

・かまぼこ屋根
半円でかまぼこの形状をした屋根です。

・複合タイプの屋根
一階部分は片流れ、二階部分は切妻など複数の形状の屋根をもつ。

かまぼこ ソーラーパネルを設置した屋根

屋根 場屋根

まとめ

 一般的なお住いの屋根の形状といえば、切妻屋根や寄棟屋根がみられます。しかし、上記でご紹介したように屋根の形状には様々なものがあり、中にはバタフライ屋根の形状のようにめずらしい形状の屋根もあります。また、バタフライ屋根のほかに、無落雪屋根や似た形状の鋸屋根、M型屋根、非常に珍しいかまぼこ屋根などもあります。
ちなみにバタフライ屋根で有名なのがル・コルビュジエのエラズリス邸です。バタフライ屋根の勾配に合わせて同じ角度のスロープが吹き抜けになっている設計です。このル・コルビュジエのエラズリス邸を真似たものが軽井沢タリアセンのペイネ美術館です。築80年立っていますが現在も健在です。興味のある方は見てみてはいかがでしょうか。
一般的な屋根形状とは異なりメンテナンスがとても重要になる場合もありますので、もしもお住いの屋根の形状が珍しい屋根であった場合は定期的に点検やメンテナンスを心がけましょう。
街の屋根やさん千葉では、様々な屋根の形状の点検やメンテナンスも行っております。お気軽にご相談ください。

 

 

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!