雨樋を支持し、固定するさまざまな取り付け金具を全紹介

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月28 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

雨樋を支持し、固定するさまざまな取り付け金具を全紹介

更新日 : 2019年12月08日

更新日 : 2019年12月08日

texts headlinesstrapline

雨樋の取り付けには金具が必要

columns
外れかかった雨樋
一般の方は雨樋という存在を知っていても、それがどうやって取り付けられているかはあまり興味がないのではないでしょうか。雨樋は専用の金具によって、軒や外壁に固定されています。文字通りで金具の金属製のものもあれば、ポリカーボネイト製の樹脂製のものもあります。雨樋と同じ素材でつくられているものもあります。

この雨樋と取り付け用の金具は強風や雪の重みの影響を受けやすく、外れたり、変形したりすることも多いのです。
headlinesstrapline

取り付け金具は支持金具、固定金具、留め具とさまざまな呼ばれ方をする

columns
雨樋の留め具
雨樋の勾配を調整中
texts
雨樋を取り付け、固定する金具はさまざまな呼ばれ方をします。支持金具と呼ばれることもあれば、固定金具と呼ばれたり、留め具と言われることもあります。雨樋を支持しているから支持金具、雨樋を固定しているから固定金具… このあたりまでは分かるのですが、単に「留め具」と言われてもよく分かりませんよね。竪樋を固定する円形のものは形状がでんでん太鼓に似ていることから「デンデン」と呼ばれています。どんな分野でも業界用語はよく分からないことだらけです。

昔は建材というと木製か金属製でしたが、現在では石油由来の樹脂製のものもかなり増えました。
headlinesbyline columns
垂木の上につけられた雨樋
横打の支持金具
texts
大まかに分類すると雨樋にはほぼ水平に取り付けられている部分と垂直に取り付けられている部分があります。水平に取り付けられている部分は上から吊り下げられているタイプと下から支えられているタイプに分かれます。レールにぶら下がっている懸垂式のモノレールとレールにまたがっている跨座式のモノレールのようなものです。 水平に取り付けられている雨樋は基本的に鼻隠しに支持金具を取り付けて、吊って支えるか下から持ち上げるように支えます。垂木が剥き出しになっている場合は垂木に支持金具を取り付けることもあります。垂木に取り付ける場合は横打と呼ばれる支持金具を使用します。横打と呼ばれるのは正面から見て、垂木の側面に取り付けるからです。鼻隠しに取り付ける場合はそのまま正面に取り付けるので、正面打ちと呼ばれる支持金具を使用します。
headlinesbyline columns
角型の竪樋
丸型の竪樋
texts
建物にほぼ垂直に取り付けられる竪樋の固定には控え金具と呼ばれるものが使われます。バンドのように固定することから樋バンドとも呼ばれます。丸形の竪樋にはデンデンと呼ばれる支持金具も使われます。円形の輪と固定する足からなるもので、その形状がでんでん太鼓に似ていることからデンデンと呼ばれるそうです。カタツムリに似ているからではないようです。樋バンドやデンデンはワンタッチで固定したり、バンドや輪を開放できるようパッチン式のものが使われています。
headlinesbyline columns
這樋の固定
屋根材に挟んで固定
texts
下屋(1階の屋根)の上を這うように取り付けられているのが這樋です。竪樋を流れてきた二階の屋根の雨水を1階の屋根の雨樋に受け渡す役割を担っています。この這樋、非常に固定が難しい部分です。瓦棒屋根や立平葺きは軒まで縦長の1枚の板金で葺かれていますから、這樋を固定する場所が軒先までないのです。屋根に穴を開けると雨漏りリスクが高まりますし。そのため、風の影響を受けやすく、強風被害を受けやすいのです。瓦屋根やスレート屋根などは屋根材の間に板金を差し込み、そこに支持金具や銅線を取り付けて固定しています。
headlinesstrapline

風の強い地域では取り付け方も変化

columns
強風による荒波
強風に耐える植物
texts
雨樋を製造・販売しているメーカーでは風の強さによって雨樋を固定する支持金具(吊金具・受金具)の取り付け間隔を変更するようにアナウンスしています。メーカーでは風の強さによって一般地域と強風地域、強風場所を分けており、基準風速は次のようになっています。

●一般地域 基準風速Vo=30~38m/s
●強風地域 基準風速Vo=40~46m/s
●強風場所 一般地域の中でも海岸や湖岸から200m以内の場所、風を遮るものがない田園地帯、風通しのよい崖上、風の通り道となる谷合など

木更津市の海の近くと田園地帯は強風場所ということになります。

一般地域と強風地域・強風場所では雨樋を固定する金具(吊金具・受金具)の取り付け間隔を変更することが求められます。

高さ9m未満の建築物(3階建てまで)の場合、一般的な雨樋を固定する支持金具(吊金具・受金具)でしたら、
●一般地域 600mm以内
●強風地域・強風場所 450mm以内
が推奨されています。

また強風地域・強風場所でしたら、支持金具(吊金具・受金具)も高強度のものが推奨されています。
headlinesstrapline

雪の重みで変形したりもするので、雪止めで雨樋を守る

columns
雪の積もった家
雪止め
texts
雨樋の一番の大敵は積雪ではないでしょうか。木更津市などは滅多に雪が降らないことから屋根に雪止めを設置している家も少ないことが気になります。雪止めがないと雨樋が屋根に積もった雪の重みを受け止めることになり、変形したり、重みに耐えられず、取れて落下してしまうこともあります。積雪が少ない地域でも雪止めはつけていただきたいものです。木更津は比較的温暖で、雨樋が被害に遭う積雪はそれこそ数年に1度あるかないかですが、設置しておけばいざという時も安心です。

雨樋金具の取り付け位置はとても重要

近年DIYが流行し、ネットで詳しいお住まいの修理方法を知ることができるようになったため、雨樋の修理をご自身で行おうと考える方も多いかと思います。雨樋は雨からお家を守るため、屋根から地中に雨水を流す重要な役割を果たしています。雨水を上から下へ流すために必要なのが雨樋の傾斜なのですが、その傾斜を作るのが雨樋金具です。雨樋の傾斜を「水勾配」と呼びます。水勾配は、水平距離1000mmに対して高低差を3mmから5mmにするのが一般的です。この数ミリ単位の細かな作業が重要になります。ご自身で雨樋金具を付け直す場合、雨樋を付けたい場所の両端に金具を取り付け、そこへ1本のタコ糸を巻き付けて、水勾配作るために金具を取り付ける位置の目安にする方法もあります。手の届く場所でさほど重要ではない部分であれば、DIYで修理できるかもしれませんが、専門業者に依頼するほうが良いでしょう。足場を使う高い場所の工事は大変危険なので絶対に行わないでください。また、先ほどもご紹介した通り、雨樋金具の取り付け位置は非常に繊細ですので、少しでも不安がある場合は、お住まいを守るためにも知識を持った業者にお願いしましょう。
texts

木更津市で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。木更津市にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する木更津市特設ページはこちら

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      雨樋交換に関連する新着ブログ

      雨樋の破損についてご相談  今回は鴨川市貝渚にお住いのお客様よりご相談を頂きました。「昨年の台風により雨樋が飛散してしまい、雨が降るとすごい音がするので修理をお願いしたい」とのことでした。  さっ ...続きを読む
      雨樋の調査を行いました    安房郡鋸南町で昨年の台風15号(令和元年房総半島台風)により雨樋の被害を受けてしまっているとの事で調査に伺ってきました。私達、街の屋根やさんでは建物調査の際はマス ...続きを読む
      雨樋の破損についてご相談  今回は茂原市六ツ野にお住いのお客様よりご相談を頂きました。「昨年の台風により雨樋が破損してしまったので調査及び修理をお願いしたい」とのことでした。まずは調査にお伺いし、雨 ...続きを読む
      雨樋の破損についてのご相談  今回は君津市中島にて雨樋交換工事を行いました。昨年の台風により雨樋が破損してしまい、ご相談を頂きました。調査にお伺いすると雨樋が破損し、飛ばされてしまっている状態でした ...続きを読む

      雨樋交換に関連する新着施工事例

      九十九里町小関にて昨年の台風により棟瓦が被災、棟瓦取り直し工事を行い復旧しました

      施工内容

      屋根補修工事 瓦屋根工事 棟瓦取り直し  雨樋交換

      使用材料

      なんばん漆喰

      君津市大井戸にて昨年の令和元年房総半島台風により飛散した棟板金と雨樋を交換し復旧

      施工内容

      棟板金交換 雨樋交換

      使用材料

      ガルバリウム鋼板

      雨樋交換を行ったお客様の声一覧

      屋根葺き替え工事が竣工した千葉県松戸市のI様

      工事前アンケート画像

      Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      台風の影響で何カ所か雨漏りして困っていた

      Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?

      インターネットで検索しました

      Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      松戸なので遠くて来てくれるか心配でした。屋根、外壁、ベランダと全て工事をしたら高が気になりそうなので、金額的に不安でした。

      Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?

      担当の方がとても親身になって点検していただいた。

      Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      屋根裏の点検も当たり前のように上っていただいて、この人なら信用できると感じました。

      工事後アンケート画像

      Q1.工事を依頼する会社を決める時にどんなことで悩まれていましたか?

      屋根、外壁、ベランダと全て工事をしたら高が気になりそうなので、金額的に不安でした。

      Q2.当社にご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?

      台風の後で大変な時期に、ホームページの方に地域ごとに対応できる日付が乗っていてとても親切だと感じました。

      Q3.お見積り提出後すぐに工事をご依頼されましたか?もしご依頼されなかったとしたらどんな点が不安でしたか?

      担当の方が信頼できる人だと感じたのですぐにお願いしました。不安はなかったです。

      Q4.数ある会社の中から当社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?

      担当の方がとても経験豊かな人で、こちらの疑問にすべて答えてくれて不安がなくなったことです

      Q5.工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴できましたら幸いです。

      来てくれた職人さんはみんな笑顔で対応していただいて、とても感じが良かったです。今回の工事で悩みがすべて解決できてとても満足です。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!