破風板、鼻隠しの役割やメンテナンス方法をご紹介

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月24 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

破風板・鼻隠しの板金巻き補修は工事後ほぼメンテナンス不要になります

更新日 : 2020年05月06日

更新日 : 2020年05月06日

この記事は破風板や鼻隠しについてご紹介しています。

 お住いの中でも傷みやすい部分はどこかご存じでしょうか?
屋根や外壁はもちろんですが、その他にも破風板や鼻隠しなどと呼ばれている部分も実は傷みやすい部位なのです。お住いの形状にもよって異なりますが、雨や風の影響を大きく受けることから定期的なメンテナンスや補修が必要です。
本日は破風板、鼻隠しとはどういった部分なのか、またどういったメンテナンスは必要なのかをご紹介したいと思います。

破風板鼻隠し

破風板と鼻隠しについて

 屋根の側面部分でもっとも重要な部位が鼻隠しと破風板です。
最近では様々な屋根の形状が増えてきていますが、そのなかでも切妻屋根は特に多い屋根形状ではないでしょうか。
この切妻屋根で説明すると、2面で構成されている非常にシンプルな二等辺三角のような屋根の斜辺になっている端の付近をケラバと呼びます。このケラバの端の端、側面の部分を破風と呼びます。破風に使用されている建材や形状から破風板と呼ばれています。
また、屋根の斜辺を下った端、地面と水平になっている部分は軒や軒先と呼ばれています。その軒先の先端には鼻隠しと呼ばれている板が取り付けられることもあり、破風板と鼻隠しどちらも屋根の先端にあるため混同しやすくわかりにくいかと思いますが、そこには雨樋の有無といった大きな違いがあります。
破風板部分には雨樋が設けられていませんが、鼻隠しには雨樋が取り付けられています。

破風板 鼻隠し

破風板と鼻隠しの役割

 上記では破風板と鼻隠しの場所についてをご説明いたしました。
では鼻隠しと破風板の役割とは何でしょうか?
実はお住いの中で果たす役割は破風板と鼻隠しほぼ同じなのです。
破風板、鼻隠しは外壁から張り出した屋根の先端に設けられているものでその役割はほぼ同じで屋内への雨水の浸入と風が屋根の内部に侵入することを防ぎます。

破風板と鼻隠し 工事

・屋根の台風性の向上
屋根は種類や形状を問わずに吹きおろしてくる風への耐性にはかなり強いのですが、下から吹き上げられるような風にはかなり弱いという性質を持っています。
吹きおろしてくる風に対しては柱や耐力壁で支えることができますが、吹き上げてくる風に対しては屋根の重みや釘、接着剤の固定力だけが頼りになるのです。そのため破風板や鼻隠しの板が1枚あることで屋根の吹き上げる風をかなり分散させることができます。

・雨水の浸入防止
台風や強風時の雨は横から吹き付けるように降ります。そんな雨風も破風板や鼻隠しがあれば、屋根と外壁材の隙間から雨水が吹き込むことを防いでくれます。
屋内に雨水が入り込んでしまうと内部が腐食し雨漏りを引き起こしてしまうかのせいもありますので、雨水の浸入防止はとても大切です。

・美観の向上
破風板や鼻隠しがあることで、屋根の下地である野地板やそれを支えている垂木などお住いの中身である構造が隠されています。

・防火性への考慮
現在ではほとんど木材を使うことはなくなりましたが、昔は耐風性や雨水への対策を考え厚みや強度のある木材を使うことで防火性を高める役割がありました。

・雨樋取り付け
雨樋を固定するためには鼻隠しは最適です。
鼻隠しは雨樋の取り付けのためにも必要なのです。

・破風板と鼻隠しは材料も共通なのです
築年数がそれなりに経過しているお住いの場合は、破風板と鼻隠しには木材がほとんどの場合使われています。
現在では耐火性や耐久性を考え燃えにくく、腐食しにくい窯業系サイディングのものが多く占めるようになりました。

傷みやすい破風板

 上述しましたように、破風板や鼻隠しは共通点が多いですが、実は環境的に厳しく傷みが早いのは破風板の方といわれています。
鼻隠しは雨樋によってある程度、直射日光を妨げているほか、ダイレクトに雨がかかることも少なくなりますが、それに対し、破風板は直射日光があたる機会も多く、強い風にも耐えなくてはいけません。
そのため、鼻隠しよりも破風板のほうが傷みやすいといわれているのです。

木材劣化 雨樋

破風板と鼻隠しのメンテナンス時期と補修方法

 破風板と鼻隠しの劣化や不具合が発生した場合、補修方法はほぼ同じです。
しかし、鼻隠しの場合は同時に雨樋交換を行うことがお勧めです。
破風板、鼻隠しの劣化状態とその補修方法をご紹介いたします。

塗膜が剥がれ 剥がれ

①重症度(軽)の場合
・状態 → 塗膜がはがれかかっている
・補修方法 → ケレンしてから塗装

②重症度(中)の場合
・状態 → 木材まで劣化はしていないが塗膜がほとんど剥がれている
・補修方法 → 破風板や鼻隠しを板金で巻いて覆う(板金巻き)
工事後はほぼメンテナンス不要になり、外壁塗装の際に一緒に塗ってもらうだけとなるのでお勧め

③重症度(重)の場合
・状態 → 塗膜が完璧にはがれてしまい、木材の劣化や腐食がみられる
・補修方法 → 部分交換や全交換

 

お客様からのご質問「鼻隠しを板金巻きしたら雨樋はどうやって取り付けるの?」

 今まで木製だった鼻隠し、それをガルバリウムの板金で巻いてしまった場合、雨樋を付けられるのか疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。大丈夫です。上から吊り下げられているタイプの雨樋でも、下から支えられているタイプの雨樋でも、取り付けることが可能です。破風板板金巻きや鼻隠し板金巻きに使われるガルバリウムの板金は厚さが約0.5mm未満です。よって、穴を開けることは難しくありませんし、容易に貫通させられます。

 「傷んでいるから板金巻きしたのに、そんなところへ指示具を付けてしっかりと固定されるのかしら」とお思いの方もいるでしょう。大丈夫です、ご安心ください。基本的に雨樋の支持具を固定する釘やビスは鼻隠しではなく、それを貫通させて垂木へと固定します。だから、あんなに長いのです。鼻隠しが傷んでおり、そこでの固定力が不充分でも、その奥の垂木まで到達させ、そこで固定しますから、強度は問題ないものとなります。よって、そこに使われる釘やビスはとても長いものとなります。鋼板に穴を開けた部分はシーリング材で処理をし、直接外気や水分に触れないようにいたします。

まとめ

木材 交換

 お住いが2階建ての場合の破風板、鼻隠し工事は足場が必要となります。足場代だけでも費用はかかりますので、屋根のメンテナンスなどほかの工事も一緒に行うほうがお得でお勧めです。
また、鼻隠しの板金巻きや全交換を行う場合は、雨どいも一緒に行うことがお勧めです。

 

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
   一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが傷んできます。定期的なメンテナンスが必要になってくるのです。 …続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      破風板 鼻隠し 板金巻きに関連する新着ブログ

      軒天の剥がれについてのお問い合わせを頂きました。 今回は四街道市大日にお住いのお客様より屋根の補修をお願いしたいとのご相談を頂きました。詳しくお話をお伺いすると、「屋根を見上げた際の軒下部分が剥がれてしまっている。現在は雨漏りしていないが心配なので点検と修理をお願いしたい。」とのことでした。 ...続きを読む
      台風後の被害状況の確認 館山市館山にて台風後の被害状況の確認として調査を行いました。お問い合わせの内容としましては「台風での被害を受けていないか、経年劣化により補修が必要な部分がないか見ていただきたい」との内容でした。 実際にお客様のご自宅に伺い調査を行うと台風による被害は特になく、経年劣化による補修を3つ提案いたしました。 まず1つ目は破風板の劣化になります。塗膜が剥 ...続きを読む
      破風板と軒天の劣化についてご相談を頂きました 今回は勝浦市新官にお住いのお客様よりご相談を頂きました。お問い合わせの内容としては「軒天が剥がれてしまっている。雨樋が詰まってしまっているようで、雨があふれてくる。その他の部分についても劣化しているようなので点検をお願いしたい」とのお問い合わせでした。 実際にお客様のご自宅へ伺い点検を行うと、破風板が劣化し塗膜が剥がれて腐食 ...続きを読む
      破風板がかなり劣化していました 今回は市川市若宮にお住いのお客様よりご相談を頂きました。ご相談内容としては「破風板などが劣化しているので一度点検をお願いしたい」とのことでした。 今回の台風では被害がなかったようなのですが、また今回のような台風が来た時のために備えての修理をご希望とのことでした。 ...続きを読む



      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!