東金市で洋瓦の冠瓦が落下した屋根工事の調査に伺いました

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2021年04月22 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
The kind of roofing work
屋根工事の種類
葺き替え工事のご案内葺き替え工事
屋根カバー工法のご案内カバー工法
屋根・外壁塗装工事のご案内屋根・外壁
塗装工事
棟板金工事のご案内板金工事
漆喰工事のご案内漆喰工事
雨樋工事のご案内雨樋工事
防水工事のご案内防水工事
屋根修理の費用
業者選びの完全ガイド
屋根葺き直し
瓦工事
破風・鼻隠し・ケラバの補修
不具合は雨漏りに繋がる!ケラバの修理方法をご紹介
軒天の雨染みと
剥がれは見逃し厳禁
庇の役割とメンテナンス方法
シーリングやコーキングの種類と使用法
ベランダ・バルコニーの雨漏りの原因と補修方法
意外と多い笠木が原因のベランダからの雨漏り
雨漏りにも強い立平葺き
雨樋の詰まりに落ち葉除けネットがお薦め
ポリカ波板屋根と防水工事でベランダをより強く
快適生活をサポートする
換気棟
屋根リフォームで夏の暑さ対策
落雪被害を防ぐ雪止め設置
タスペーサーの重要性
ウレタン防水が選ばれる理由とメンテナンス方法
シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法
FRP防水が最強である理由
雨漏りの原因となりやすいパラペットのメンテナンス
セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法
早期棟瓦修理で自然災害悪徳業者の不安を払拭
大波・小波スレートの最適なメンテナンス方法
複雑な形状の屋根の面積
係数を使って簡単算出
屋根の形
屋根の最も重要な部分
野地板のメンテナンス
工場や倉庫のメンテナンス
アパート・マンション、ビル
のメンテナンス
別荘のメンテナンス
様々な屋根の面積の求め方
天窓のお困り事・お悩み事
カーポートを自己負担なしで建て直せる条件・費用
RC造からの雨漏りを防ぐ適切なメンテナンス方法
3階建てビルの雨漏り補修工事の様子と費用をご紹介
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
お住まい、屋根のメンテナンスサイクル完全版
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186

北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

東金市で洋瓦の冠瓦が落下した屋根工事の調査に伺いました

更新日 : 2016年08月29日

更新日 : 2016年08月29日

 瓦屋根には、様々な種類の瓦が使用されていることをご存じでしょうか?場所によって、使用される瓦の形状や名前は異なります。瓦屋根の頂上には、棟瓦が設置されており、雨水の浸入を防いでいるのですが、この棟瓦は、熨斗(のし)瓦・冠(かんむり)瓦・鬼瓦によって構成されています。
 本日は、棟瓦の一番上に固定された冠瓦についてご紹介したいと思います。「冠瓦が落下してしまった」とご相談を下さった、お客様邸の屋根調査の様子から、落下する原因と対策方法、また、メンテナンス方法までご紹介しますので、最後までご覧ください。
冠瓦に付いてご紹介します

東金市で洋瓦の冠瓦が落下した屋根工事の調査に伺いました

texts
台風9号の傷跡が残ったまま、10号がきたら...と不安になっていましたがとりあえず関東地方には上陸はしないようで少し安心です。とはいえ、進路にあたる東北地方での被害が起きないことを願うばかりです。

台風9号ではなるべくたくさんのお客様に安心いただけるように雨の中の養生などスタッフも昼夜を問わず東奔西走しました。
沢山の方に喜んでいただき、こちらもお伺いした甲斐があります。

さて、今回ご報告するのは東金市のK様邸です。
建物は洋風のおしゃれな2階建ての建物です。屋根の瓦が落ちて、ほかのところも捲れてるから見て欲しいとご連絡があり、お伺いしました。


columns
東金市 洋瓦のズレと割れ002_R
到着すると屋根の瓦がめくれているのが見えました。
東金市 洋瓦のズレと割れ011_R
お客様のご不安をお伺いし、暗くなる前に屋根の状況を確認します。
columns
東金市 洋瓦のズレと割れ007_R
親棟の冠瓦が6枚、剥がれて落下していました。
東金市 洋瓦のズレと割れ004_R
心木に釘で固定しているのですが漆喰の量が少なく、釘も瓦1枚に1本しか打っていなかったのでこれでは簡単に外れてしまいます。
columns
東金市 洋瓦のズレと割れ005_R
東金市 洋瓦のズレと割れ006_R
よく見ると2枚、地瓦が割れています。
columns
東金市 洋瓦のズレと割れ010_R
この強風で這樋(はいどい...屋根に這わせるように設置した雨樋)も外れてしまっていました。
東金市 洋瓦のズレと割れ009_R
危なくないようにベランダに下ろしておきます。
columns
東金市 洋瓦のズレと割れ001_R
雨漏りが心配で小屋裏を確認しました。湿気と熱気がすごい状態でした。
東金市 洋瓦のズレと割れ012_R
熱気はありましたが幸い、雨染みは確認できませんでした。
texts
確かに台風被害で瓦が落下したのですが、施工の方法をもう少し考えて行えば防げた被害ではないかなと、考えてしまう状況でした。

早速お伺いして調査、報告に大変感謝をしていただきました。
点検は無料で行っています。ご安心してご連絡をください。

お互いに気持ちの良い点検・工事を心がけ、心の通ったお付き合いをさせていただきます。

冠瓦とは?

 瓦屋根の頂上には、棟瓦が設置されており、雨水の浸入を防いでいます。そんな重要な棟瓦ですが、冠瓦を含め、数種類の瓦によって構成されています。
棟瓦の構造について
熨斗(のし)瓦
 漆喰(南蛮漆喰)で形成された土台の上に積んである、短冊形の瓦です。漆喰を塗り込みながら、熨斗瓦を積み上げていくのですが、この熨斗瓦の段数が高いほど、防水性を高めることができます。しかし、緩くカーブしていて、割れやすい性質をもっており、積み上げるのに技術を要します。
冠瓦
 棟瓦の最上部に位置する半円型の瓦です。頂上に蓋をするように設置されており、雨水の浸入を防いでいます。
 棟瓦のデザインには、熨斗瓦を用いるタイプと、冠瓦のみで構成されたタイプがあります。熨斗瓦を用いるタイプでは、冠瓦は少し小さいサイズの5寸丸を使用するのが一般的です。しかし、冠瓦のみの場合、少し大きめの7寸丸を使用します。かさが広くなりますので、漆喰で形成された土台をしっかりと覆い、雨漏りを防ぐことができます。
鬼瓦
鬼の顔の鬼瓦 鬼瓦  棟瓦の端に取り付けられた、板状の瓦を指します。以前は、厄除けとして、鬼の顔をした瓦が用いられていましたが、睨みつけるような姿が敬遠されるようになり、縁起物である七福神や、火災防止の為に水という文字を取り入れた瓦が使われるようになりました。

冠瓦が落下してしまう原因とその対策方法

 棟は屋根の最も高い位置にありますので、強風や地震の揺れによる影響を受けやすくなります。その為、棟瓦は銅線などを通して固定されているのですが、この銅線は経年とともに緩んできます。銅線が緩めば、固定している棟瓦が不安定になり、強風でズレたり飛散してしまいます。また、傷んだ銅線は切れやすくもなりますので、復旧する際に新しい銅線と交換して、しっかりと留め直す必要があります。
 定期的に点検を行い、銅線に緩みや傷みが見られた場合には、補強することで棟瓦が落下するのを防ぐことができます。
漆喰劣化 漆喰 欠け
 棟瓦の土台は漆喰で形成されています。瓦の寿命は、長いもので50~60年程ですが、漆喰は20年前後と言われています。経年により劣化した漆喰は剥がれやすく、その結果、棟瓦の固定力を弱めてしまいます。棟が崩れたり蛇行してしまえば、棟瓦取り直し工事を行わなければなりませんので、日頃から漆喰のメンテナンスを行うことが大切です。
台風による棟瓦の被害 台風15号による屋根瓦の被害
 日頃からメンテナンスを行っていても、台風などの自然災害によって被害を受けてしまうこともあります。台風で被災してしまった場合には、火災保険が適用できるケースがありますので、まずは加入している保険を確認しましょう。
 保険申請時には、被災写真や様々な書類が必要になります。私たち街の屋根やさんでは、被災部の写真を撮影したり、申請に必要な書類を作成することで、お客様のお手伝いをさせて頂きます。

冠瓦が落下てしまった際のメンテナンス方法

 熨斗瓦の上に蓋をするように乗せられ、銅線でしっかりと固定されている冠瓦ですが、その銅線が緩んでしまったり、強風によって落下してしまうことも考えられます。冠瓦が一部、落下してしまった(被害が少ない)場合には、部分的な修復が可能です。落下した瓦に、ひび割れや破損している様子が無ければ、再利用します。
 棟瓦自体が大きく崩れていたり、破損してしまった際には、棟瓦取り直し工事を行いましょう。棟瓦取り直し工事は一旦、既存の棟を撤去し、土台から新しく造りなおす工事です。部分的な修復に比べて費用は掛かってしまいますが、棟に耐久性が蘇ります。
棟瓦撤去 南蛮漆喰 土台形成 熨斗瓦積み 冠瓦乗せ同線で固定

まとめ

 今回は、冠瓦についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。屋根の頂上に位置する冠瓦には、雨漏りを防ぐといった非常に重要な役割がありますので、落下してしまった場合には素早く補修しましょう。また、日頃から、棟瓦のメンテナンスを行うことで、落下を防ぐことができます。瓦屋根の点検・メンテナンスを行っていない方は是非、私たち街の屋根やさんにご相談下さい。

このページに関連するコンテンツをご紹介

洋瓦への屋根葺き替えでお家を大きくイメージチェンジ
洋瓦への屋根葺き替えでお家を大きくイメージチェンジ
 洋瓦をご存知ですか。洋瓦はその名の通り、西洋由来の瓦です。「洋瓦なんて洋風の家以外似合わないよ」とお考えの方も多いでしょうが、実は純和風でも似合う洋瓦があるのです。現在、瓦屋根のお家にお住まいなら、洋風のお家の方はもちろんのこと、和風の家の方も洋瓦へ葺き替えを検討してみてください。絶対に素敵なお家…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。 瓦の差し替え工事 瓦の並び戻し工事  漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
 「屋根のことで悩んでいるけど、どこに相談したらよいか分からない」、「一度、電話をかけるとしつこく営業されそう」、「屋根の状態が悪いことは分かっているけど、各部の名称が分からないから、話がうまく伝わるか分からない」、こういったことで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 街の屋根やさんではお電話と…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根補修工事に関連する新着ブログ

       屋根材には様々な種類があり、中には既に廃盤となっているものも存在します。廃盤となってしまった屋根のメンテナンスにお困りの方は、私たち街の屋根やさんにご相談ください。  本日ご紹介する香取郡神崎町四 ...続きを読む
      調査の様子  白井市冨士にて行った瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「漆喰が剥がれているように見えるので屋根を点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。私たち街の屋根やさ ...続きを読む
       旭市ロにお住まいのお客様より、「台風によってスレートがひび割れてしまったので、保険を適用した修理をお願いしたい」とのご相談を頂きました。台風などの自然災害によって、建物が破損してしまった場合には、保 ...続きを読む
      ご実家の台風被害についてご相談  今回は昨年の台風により被害を受けてしまった南房総市久枝にあるご実家についてのご相談を頂きました。ご相談の内容としましては「昨年の台風により被害を受けてしまった南房総 ...続きを読む

      屋根補修工事に関連する新着施工事例

      鴨川市貝渚にて破損したセキスイかわらUを板金とシーリング材で補修しました

      施工内容

      屋根補修工事

      使用材料

      ガルバリウム鋼板 シーリング材

      山武市埴谷にて破損したスレートの補修と棟板金交換、波板張替え工事を実施

      施工内容

      屋根補修工事 棟板金交換 その他の工事

      使用材料

      ガルバリウム製棟包み 波板 スレート

      屋根補修工事を行ったお客様の声一覧

      市原市五井のT様邸で天井から雨漏りが発生

      工事前アンケート画像

      Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      雨が降っていないのに朝方突然天井から「ボトボト」と雨もりしたので戸惑ってしまった。応急処置が何もなされてなかった

      Q3.弊社をどのように探しましたか?

      最初タウンページで探した。二軒目の屋根工事屋さんはスマホで検索 一番上に掲載されていた貴社にtelをかけた。

      Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      お願いした屋根工事さんが天井板をはがしその後復元することなく連絡がなかった。数日間全く連絡がなかった。

      Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

      困っているのに貴社の神子さんは屋根の瓦下の防水板が破損している所を発見(写真撮影)してくれた。説明に納得した。

      Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      何度も来てくれて気軽に相談することが出来た。又、家のことは神子さんにお願いしたい。

      お問い合わせフォーム

      『街の屋根やさん』ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

      当社では、各種ご相談・お問合せを承っております。どうぞお気軽にお問合せください。

      下記フォームにお問合せ内容をご入力のうえ、ご送信ください。

      ※お問い合わせが完了しますと、受信確認メールを自動送信いたします。お客さまのご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、受信確認メールや返信メールがお届けできない場合がございます。「@sharetech.co.jp」からのメール受信が可能な設定にしていただきますようお願いいたします。

      ※お問い合わせの内容によって、ご回答までに多少お時間をいただく場合もございますので予めご了承くださいませ。

      お名前 必須

      苗字

      名前

      ふりがな 必須

      苗字

      名前

      ご住所 必須 ※郵便番号入力で町名まで自動入力されます。

      郵便番号

      番地・ビル・マンション名

      E-mail (半角英数) 必須

      電話番号 (半角英数) 必須

      ご希望の連絡時間帯 【任意】

      ご希望の工事
      (一つ以上項目を選択して下さい。)
      【任意】

      複数選択可

      屋根葺き替え屋根カバー工法屋根・外壁塗装棟板金交換雨樋工事漆喰詰め直し屋根葺き直し防水工事その他

      お問い合わせ内容 必須

      複数選択可

      ご相談・ご質問点検・お見積りその他

      お問い合わせ詳細 【任意】




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!