天井裏の結露対策には換気棟がお薦めです

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月20 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

天井裏の結露対策には換気棟がお薦めです

更新日 : 2020年03月27日

更新日 : 2020年03月27日

 暖かい空気や水蒸気は上昇するという自然の法則を利用して、屋根内部の湿気を排出する換気棟をご存知でしょうか。換気によって湿気が溜まりやすい天井裏(小屋裏)の湿度を低下させるので、カビなども発生しにくくなりますし、その下のお部屋の快適性も向上させることが可能です。棟板金を交換したり、屋根リフォームする際にはぜひ、ご検討いただきたいアイテムです。
※この記事は6分程度で読むことができます。

天井裏で起こっている「結露」という不都合な真実

この上で結露が発生

 キッチンやお風呂、湿気が溜まりやすいところにはほとんどの場合、換気扇が備えられています。湿気が多すぎると不快ですし、建物にも悪影響を与えるからです。実はもう一つ、お家には湿気が溜まりやすいところがあることをご存知ですか。それは天井裏や小屋裏と呼ばれるお部屋と屋根の間にある空間です。これまで様々なお家を見てきましたが、雨漏りしていないのに天井裏が湿っぽいというお家はかなり存在していました。夏場、天井裏に入りますと眼鏡が曇るほどの湿気があることもあります。そんな湿っぽさを一気に解消できるのが換気棟なのです。

 

天井裏で冬に起こる結露

天井裏 発砲断熱

 天井が断熱されている場合、その断熱材を通り抜けた先ではさまざまなな湿気が溜まります。雨が降れば雨漏りしていなくても天井裏の湿度は上がります。人間の生活によっても水分は蒸発していきますし、木材も含水しています。お家の中の場合、こういった水蒸気が最終的に行き着くのは天井を超え、その先の断熱材を通り抜けた天井裏です。寒い季節の場合、天井裏で一気に冷やされた水蒸気は液体に戻ります。液体に戻った水は補強のために取り付けられた金物で結露したり、木材に吸収されたりします。こういったことが繰り返されるとやがて木材が腐食することもありますし、シロアリを呼ぶ原因ともなるのです。
 1970年代くらいまでは天井断熱された住宅は少なく、野地板は現在のような合板ではなく、小幅な板を並べた簀の子のようなものが主流でした。したがって、見た目通りに風通しも良く、そのようなお家は結露などは起こらなかったのです(ただし、冬は寒いという断熱の上での弱点はあります)。それ以降は野地板が合板となり、かつてのような風通しの良さはなくなり、天井断熱されたお家も増えていきました。最近の住宅は高気密のものが多く、お部屋の換気を24時間監視し、自動で行ってくれる装置もありますが、基本的に生活空間ではない見えない天井裏はそれほど注目されていないようです。

 

屋根内部の結露を解決できるのが換気棟です!

換気棟

 小屋裏の結露は断熱をどこで行うかによって変わってきます。現在の主流はリーズナブルであり、室内のエネルギー効率も高い天井断熱です。お部屋の天井のすぐ上に断熱材を敷き詰めたもので、この場合は床・壁・天井で断熱されています。したがって、空調装置で暖めるのも、冷やすのも、ほぼ室内空間のみとなりますから、屋根断熱よりもその範囲は狭くなります。一方で近年、増えてきているのが屋根断熱です。文字通り、屋根の面の室内側に断熱材を設置するというものです。水平な天井ではなく、屋根の勾配を見せるような天井に採用されることが多いのも特徴です。こちらの場合、お部屋の間取りが同じなら屋根までの高さがあるため、その空間は広くなります。どちらも一長一短なのですが、これまで天井断熱が多かったため、ノウハウの蓄積があり、こちらの方が結露に強いと言われています。

 どちらの断熱であっても、結露や腐食に繋がる天井裏や屋根の蒸れは嫌ですよね。その湿気や熱気、家の外に排出できるとししたら、とても魅力的ですよね。お部屋のジメジメも減りますし、室内の温度も下がりますから、夏の暑い時期でも快適になります。冬の窓の結露対策にも有効です。

 

換気棟とは

換気棟設置中 換気棟を取り付けたスレート屋根

 一般的に換気棟とは湿気や熱気を排出できるよう棟に設置された排気装置のことです。ほとんどが板金(ガルバリウム鋼板)製ですが、中には瓦屋根で瓦の換気棟もあります。軒天の有孔板から外気を取り入れ、棟まで導き、排出させる仕組みです。暖かい空気や水蒸気は上昇するという自然の原理を利用したものなので、電気などのエネルギーも必要しないという優れものです。
 屋根の一番高いところに取り付けられているので、なかなかお目にかかる機会はないでしょう。それを良いことに換気棟は取り付けてあるものの、屋根が通気されるように加工されておらず、通常のままなので排気ができない屋根も存在します。しっかりと施工され、通風がある換気棟は近くに手をかざすとほんのりと風を感じます。また、経年で排気された証としての換気口周辺の変色も発生します。

 

換気棟のメリット

窓ガラスにつく結露 湯気

 まず、部屋がジメジメすることが少なくなりますし、夏場の暑さも緩和されます。「蒸し暑い」という不快指数が高い状態から解放されます。劇的に温度が低下するわけではないのですが、それなりに体感できます。一番のメリットはお家の健康状態が保てるということでしょう。シロアリ被害に遭いにくくなりますし、天井裏も傷みにくくなります。断熱材が湿気を含むことも少なくなるので、耐用年数も延び、性能の低下も少なくなります。これらを聞くと絶対付けたくなりますよね。メリットだけを見て行動すると、デメリットが発覚した時、落胆が大きくなります。次のデメリットもしっかりご確認してください。

 

換気棟のデメリット

 雨漏り

 上の換気棟の画像を見れば分かるとおり、換気棟には排気のために穴が開いています。「ここから雨水が室内に入ってくる可能性もありそう」と感じる方もいるでしょうが、正しく施工されていれば雨漏りすることはありません。もちろん、普通の棟に較べれば、雨漏りのリスクはあります。しっかりとした施工会社に依頼するようにしましょう。

 これだけメリットの多い換気棟がなぜ新築時に取り付けられないかというと、やはり一般的な棟に較べると雨漏りのリスクが高まることは否めないからです。もちろん、そういったことを起こさない施工業者を雇えばいいのですが、必然的にコストは高くなります。現在、スレート屋根が多いのは一番安い屋根材で施工もそれほど難しくなくコストがかからないからです。新築はコスト重視で建てられることが多いのでリフォームの度にさまざまな部分をグレードアップしていけば、生活の質の向上に繋がります。お手軽に天井裏の湿気と結露を解決できる換気棟を屋根リフォームの際に取り付けておいて損はないのではないでしょうか。

 

湿気には総合的な対策が必要な場合もある

 室内で火器、ガスや灯油ファンヒーターを使うと湿度が高まることはご存知でしょうか。ガスを付けると鍋の底から側面にかけて短い時間ですが曇るのはガスが燃焼した際の水蒸気が付着するからです。灯油1リットルが燃焼すると化学反応によって水が1リットル発生すると言われています。お湯を沸かすとそのお湯自体から発生する水蒸気、燃料燃焼時に発生する湿気によって湿気、ダブルで水蒸気が生まれます。

 
 また、新聞紙などの紙類は意外なほど湿気を吸収することが知られています。こういった紙類が多いと室内の空気が乾燥した際にもその紙類から湿気が供給されることになり、室内のジメジメが続くことなるのです。昔は「室内の湿気を吸ってくれるから、湿気が籠りやすいところには置いておいた方がいい」と言われたのですが、湿気を吸ってもらったら密封して捨てましょう。

湿気を吸うが発散もさせる新聞紙 結露した窓ガラス

 

 室内に物が多いのも考えものです。空間が狭いと発生した湿気が留まる場所も限定されることとなり、風通しも悪くなることから、カビなども生えやすくなると言われています。できるだけ、すっきりさせた方が風通しが良くなる分だけ、湿気が溜まりにくくなると言われています。

 サッシがアルミ製の場合、熱伝導率が高く、その部分が結露しやすいことが知られています。サッシ用の断熱テープなどで対策グッズが販売されています。

 ガラス窓も結露しやすい部分です。断熱シートや結露させない薬品などが販売されています。中性洗剤を薄めたもので拭くと結露対策になるとも言われています。

 サッシと窓については対策グッズが販売されているものの、抜本的な解決をするのには樹脂製のサッシでペアガラス・トリプルガラスにするしかないようです。窓リフォームについてはかなりの高額となるため、対策グッズでどの程度の効果があるかを試してから検討した方がいいでしょう。暖房方法を変える、紙類をできるだけ室内に置かない、お部屋を片付けて空間を広くするなどさまざまな工夫をしてみましょう。

 室内の結露は天井裏の結露とは違いますが、お互いに悪影響を与えあっているのは事実です。室内の結露が乾燥すれば、その何割かは天井裏へと到達しているでしょう。天井裏の結露は室内の結露の蓋をしていることになり、室内とお家全体の湿度を上げていることになります。

 小屋裏の熱気や湿気の対策に非常に有効な換気棟ですが、それだけに頼るより、やはり総合的に見直しを行った方が建物の健康を保ち、快適に暮らせることは間違いありません。

木更津市で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。木更津市にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する木更津市特設ページはこちら

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      換気棟に関連する新着ブログ

      換気棟に関連する新着施工事例

      換気棟を行ったお客様の声一覧




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!