マンションでの雨漏りは何が原因?雨漏り修理は雨漏りの専門業者へご相談を

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月24 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

マンションでの雨漏りは何が原因?雨漏り修理は雨漏りの専門業者へご相談を

更新日 : 2020年05月03日

更新日 : 2020年05月03日

こちらの記事はマンションでの雨漏りについてご紹介しています。
※6分程度で読了が可能です。


 マンションは規模が大きく実際に雨漏りしてしまった場合雨漏りしている箇所や原因を探すことはとても難しい場合があります。
 また、マンションで雨漏りしてしまった場合、誰に連絡すればいいのか?責任は自分にあるのか?といった悩みや不安も出てくるのではないでしょうか。
 そこで本日は、マンションで実際に雨漏りしてしまった場合の原因や対処方法をご紹介いたします。

マンション

 

マンションでの雨漏りが起こる原因

雨漏りは劣化が進みやすい場所から引き起こしやすく、またひび割れや防水の劣化などが原因で雨漏りが発生することがあります。
下記は雨漏りの原因で特に多いものになります。
 ベランダや陸屋根同様に屋上には防水加工が施されています。
 防水加工をしていることで雨が内部に入り込まないようにしてあり雨漏りを防いでくれているのです。
 しかし、防水加工も経年劣化により少しずつ防水の効果がなくなってきてしまい雨漏りが発生してしまうことがあります。
 また、屋上の下の部屋が空き家である場合はすぐに雨漏りしていることに気づかないということもあり、雨漏りの被害が大きくなってしまうこともあります。

防水 天井シミ

 

窓のサッシ箇所の劣化が原因で雨漏りが発生することもあります。
マンションや団地などの集合住宅では特に配管の老朽化による雨漏りや雨漏りのように見える漏水が発生することがあります
ごみなどが詰まってしまいそこから水漏れを起こし雨漏りに繋がることがあります。
施工不良による雨漏りはなかなかありませんが、中には屋上の防水加工が行われていなかったりしていると雨漏りが発生してしまう可能性が高くなります。
窓 樋のつまり

マンションで雨漏りがした場合は誰が責任?

 雨漏りが発生した場合、誰に責任があるのでしょうか? マンションの管理会社に責任があると思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、雨漏りが発生した場合の責任者は、雨漏りの原因によって異なります。 例えば、窓を開けっぱなしの状態にしてしまい、雨が室内に入り込み下の階の部屋が雨漏りしてしまった場合、責任者は窓を開けたままにした人にあります。
 また、ベランダの排水溝の掃除などを怠り雨水があふれ部屋に入り込み雨漏りが発生したといった場合にもご自身の責任となります。
 しかし、業者の施工ミスやマンション自体の老朽化による雨漏りの場合は、施工業者やマンションの管理人が責任者となり修理依頼を行わなくてはいけません。
 ちなみに、最上階にお住いの方で屋上の防水の劣化で雨漏りが発生した場合には、管理会社の責任で補修を行ってもらえますので、雨漏りに気づいた場合は早めに相談することが大切です。

建物雨漏り相談


補修費と損害は誰が払う?

 多くの人が住むマンションで雨漏りが起きた場合、トラブルになる可能性があります。そうなる前に、契約書を確認し、どんな保険に加入しているか把握しておくことが重要です。基本的に、賃貸マンションは貸主や管理会社が費用を負担し、分譲マンションは積立金を使って補修します。
 台風など自然による雨漏りは火災保険が適用されます。しかし、マンションの老朽化が進み、そこに台風が来て雨漏りを引き起こした場合は、火災保険が適用されないので、管理者の方は定期的にメンテナンスを行いましょう。マンションの共有スペースに雨漏りが発生した場合は、マンション管理組合が加入している火災保険で直すことができます。また、自分が住んでいる部屋で雨漏りの被害にあった場合には個人賠償責任保険で補償されます。加えて、雨漏りによって家具や家電が使えなくなってしまった場合には、損害賠償の費用が発生し、被害を受けた家具や家電の時価分を受け取ることができます。反対に、自分が雨漏りの原因となり、他の住民に被害を及ぼしてしまった場合は、損害賠償を支払う義務が発生します。そうならないためにも、日頃からベランダの排水溝など雨漏りを引き起こしそうな場所の清掃を行うようにしましょう。

 

雨漏りした場合の対処方法

実際にマンションで雨漏りが発生した場合はどのような対処が必要なのか、ご紹介いたします。
 雨漏りかどうか判別がつかないといった場合でも、雨漏りかもしれないと思った場合はマンションの管理人の方に連絡をいれましょう。
 雨漏りが発生している場合、そのままにしておくと、近隣の部屋にも被害が及んでしまう可能性もありますので、早めに対策を行うことが大切です。
 また、管理人がいる限り、管理者を通さずに修理を行うことは控えましょう。
雨漏りの原因がご自身にあった場合でもまずは管理人の方に連絡をいれることが大切です。
雨漏りや水漏れが発生している場合は漏電などの危険性をなくすためにコンセントを抜きましょう。
また、雨漏りなどの箇所はバケツなど水をためる容器置いておきましょう。

雨漏りを事前に防ぐ

 マンションの老朽化や窓の開けっぱなしにより雨水が入り階下の室内の雨漏りなどは事前に防ぐことは難しいですが、ベランダのつまりや防水、屋上の防水などは定期的に点検とメンテナンスを行うことで雨漏りを防ぐことができます。

・屋上の防水層の劣化を確認
・外壁の塗装やヒビなどの点検
・下水管が詰まらないように清掃する

 目視できるようなところは定期的に確認を行い、また清掃を定期的に行うことでつまりなどからの雨漏りを防ぐことができます。
事前に雨漏りの防止を行うことで、余分な修理費用を抑えることもできますでの心がけましょう。

外壁汚れ ひび

マンションで雨漏りしやすいところとは

 同じマンション内であっても、雨漏りしやすいところとしにくいところがあります。
 マンションの中でも人気が高く、価格も高い最上階は上が屋上となるだけにやはり雨漏りしやすい部分です。
同じくマンションの中でも人気が高く価格も高い、専有面積も広い角部屋は外壁が3面となる上に他のお部屋より広くなるのでその分、雨漏りしやすくなります。
 ルーフバルコニーがある下のお部屋もやはり雨漏りしやすい部分です。

 前述のように屋上防水やバルコニーの防水の老朽化、外壁の劣化による雨漏りは管理会社が直さなくてはなりません。管理費や修繕積立費として毎月、お支払いしている中からその費用は出されます。したがって、自分の財布は傷まないわけですが、自分がマンションの一部を所有し、賃貸に出しているとしたらどうでしょう。確かに最上階や角部屋はお家賃もそれだけ高く設定できますが、雨漏りが起こると借りている方が移住してしまう可能性も高まります。角部屋や最上階以外の方が安定した運用ができると言えるでしょう。
 ご自分で住むにしても、雨の季節毎に管理会社に連絡し、雨漏り修理の業者が来るなんて、かなり面倒ですよね。

 

まとめ

 マンションは戸建てとは異なり共有部分が多いため自身だけの判断で雨漏りの補修を行うことが難しいです。
 また、これから新築や中古のマンションを買う方はその会社が過去に建設したマンションで雨漏りが問題になったことがないかを調べてから購入を考えておくのがお勧めです。
 雨漏りが発生した場合そのままにしておくと近隣のお部屋にまで被害が及んでしまうこともありますので、早めに対応することが大切です。
 雨漏りの補修費用はさまざまですが、事前に雨漏りの防止として定期的な点検やメンテナンスを行うことで余分な費用を抑えることができますので、できるだけ定期的に雨漏りの原因となる箇所の点検やメンテナンスを行うように心がけましょう。

 

 

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!