台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

スレート屋根は破損してませんか?ノンアスベストでも危険です

 かつてスレート屋根は耐久性が高く、瓦より価格が安いため、現在までかなりの量が普及してきました。
しかし、アスベスト問題が発生し、途中の時代からはアスベスト抜き(代替品を使用したもの)が普及しました。
 初期のものは急にアスベストを抜いたため、耐久性が低くなってしまっているものが普及してしまっています。
7~8年で色褪せや、割れたり、欠けてしまったりなどの不具合が見つかることがあります。
 その後普及していったスレートは徐々に改善されていき、耐久性も高くなっていきました。
昔のスレートのままの屋根であれば、補修・メンテナンスが必要な場合があります!

【ノンアスベスト化され始めた頃の商品】
 以下の表にアスベストを廃止しはじめた頃の商品名と廃止開始の年代を掲載しております。
特に初期のものは耐久性が弱い可能性がありますので、ご心配な方はお気軽にご相談ください!

商品名

年代

コロニアル 2001年12月
フルベスト 2003年6月

【チェック!アスベストが含まれている商品】
 以下は、アスベストが含まれていた商品と、その年代を表にまとめたものです。
注意すべきは年代の部分です。皆さんのお住まいは何年頃に建てられましたか?
お住まいの屋根に使用している屋根材の名前と、建築年代が下記に一致している場合は要注意です!

商品名

年代

カラーベストコロニアル ~2001年
フルベスト ~2003年
ニューウェーブ ~2004年
自在瓦 ~2004年
ハイルーフ20DX ~2004年
ニューハイルーフ ~2004年
ヘキサー ~2004年
丸一金 ~2004年
ハーモニー ~2004年
ヨーロッパダッハリーベ ~2004年
ヨーロッパダハビーバー ~1991年
ベルリーナベレー ~2000年
大和Y瓦 ~2004年
ハイルーフデラックス ~2004年

劣化の表れ

スレートのヒビ
耐久性が低いため、ヒビが入ってしまいます

スレートの欠け
ヒビは広がっていき、やがて欠けてしまいます

スレートの割れ
割れてしまい屋根に乗っているだけの状態です

スレートの飛散
風などで落下、飛散して大変危険です!

【専門スタッフが点検にお伺い致します!】
 まずは街の屋根やさん千葉の専門スタッフへご相談ください!
無料でお住まい全体をしっかりチェックいたします!
まずはお電話かメールでお気軽にお問合せください!



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!