屋根材の石州瓦は凍害と塩害に強い!?特徴とは?

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年11月30 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
The kind of roofing work
屋根工事の種類
葺き替え工事のご案内葺き替え工事
屋根カバー工法のご案内カバー工法
屋根・外壁塗装工事のご案内屋根・外壁
塗装工事
棟板金工事のご案内板金工事
漆喰工事のご案内漆喰工事
雨樋工事のご案内雨樋工事
防水工事のご案内防水工事
屋根葺き直し
瓦工事
破風・鼻隠し・ケラバの補修
軒天の雨染みと
剥がれは見逃し厳禁
庇の役割とメンテナンス方法
シーリングやコーキングの種類と使用法
意外と多い笠木が原因のベランダからの雨漏り
雨漏りにも強い立平葺き
雨樋の詰まりに落ち葉除けネットがお薦め
ポリカ波板屋根と防水工事でベランダをより強く
快適生活をサポートする
換気棟
屋根リフォームで夏の暑さ対策
落雪被害を防ぐ雪止め設置
タスペーサーの重要性
ウレタン防水が選ばれる理由とメンテナンス方法
シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法
FRP防水が最強である理由
雨漏りの原因となりやすいパラペットのメンテナンス
セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法
大波・小波スレートの最適なメンテナンス方法
複雑な形状の屋根の面積
係数を使って簡単算出
屋根の形
屋根の最も重要な部分
野地板のメンテナンス
工場や倉庫のメンテナンス
アパート・マンション、ビル
のメンテナンス
別荘のメンテナンス
様々な屋根の面積の求め方
天窓のお困り事・お悩み事
カーポートを自己負担なしで建て直せる条件・費用
RC造からの雨漏りを防ぐ適切なメンテナンス方法
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
お住まい、屋根のメンテナンスサイクル完全版
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

屋根材の石州瓦は凍害と塩害に強い!?特徴とは?

更新日 : 2020年04月22日

更新日 : 2020年04月22日

 『石州瓦』とは、日本三大瓦の一つです。
一言で瓦屋根といっても、実は日本瓦には産地により名称や使用している素材なども異なってくるのです。
以前のブログで、「三州瓦」は、愛知県三河地方で生産されており日本で最も販売数の多い瓦であるとご紹介をしました。
今回は、日本で2位の販売数を誇る、『石州瓦』の特徴についてお話してまいります。

石州瓦とは?

 石州瓦は、島根県石見地方で生産されている粘土瓦のことです。
島根県江津市の都野津地区を中心に、他にも大田市、浜田市、益田市等でも生産されています。
江戸時代、上記の地域が石州と呼ばれていたことから、石州瓦と名付けられたそうです。
現在、年間約2億枚生産しており、日本では三州瓦の次に多い販売数となっています。

石州瓦の街並み 高温

 石州瓦は1200℃以上の焼成温度で焼き上げられているため、三州瓦と同様、非常に強度が高く耐火性にも優れた瓦です。

石州瓦の特徴

石州瓦の色

 石州瓦は、独特の赤褐色をしています。
本州西部の日本海側である山陰地方には、赤褐色の色をした瓦屋根が多く存在します。これこそが石州瓦です。

石州瓦は赤褐色 石州瓦の屋根

 石州瓦は粘土に釉薬を塗布して焼成した釉薬瓦です。
石州瓦は、島根県の出雲地方で産出される含鉄土石の「来待(きまち)石」から取れる「来待」を釉薬に使用することにより、赤褐色になります。
この来待釉薬も耐火性に非常に優れており、また、都野津地区の陶土(陶器の原料となる粘土)自体も耐火性が高いです。
耐火性の高い来待釉薬と都野津地区から取れた陶土と組み合わさることで、石州瓦は非常に優秀な瓦となったのです。

石州瓦は凍害と塩害に強い

釉薬瓦は陶器瓦とも言われ、水分を吸収しにくくなっています。食器類などの陶器を想像してみるとイメージが湧きやすいかもしれません。

陶器類 寒冷地方

 石州瓦は、凍害に強いため、石州瓦は特に雪が多い日本海側や北海道などの寒冷地方で使用されることが多くなっています。
凍害により発生するヒビ割れ等は、水を吸収し凍結と融解を繰り返すことから発生します。
通常の瓦は、小さな気孔があり、気孔から水分を吸収していきます。
気孔は高温で焼き上げることによって少なくなるため、1200℃以上の高温で焼成されている石州瓦は水を吸収しにくくなっています。
そのため、石州瓦は凍害に強くなっているのです。

 また塩害にも強いとされています。
海辺にお住まいの方は塩害に悩まされてこともあるのではないでしょうか?
塩害とは、海水に含まれる塩分が風によって運ばれ住宅の外壁や屋根に付着し吸収することで生じるサビ等のことです。
石州瓦は、水分を吸収しにくいため、塩害にも強くなっているのです。
石州瓦は凍害に強いとのことから寒冷地方や山間部で主に使用されることが多いのですが、塩害にも強いため最近では沖縄など暖かい地域でも使用されることが増えたそうです。

 石州瓦の優れた強度・品質には焼成温度の高さが影響しているのです。

凍害と塩害だけでなく、雨・風・地震にも強い

 石州瓦は凍害や塩害だけでなく、様々な自然災害から家を守る特徴ももっています。

 日本は雨が多い国で、屋根は雨から住まいを守る役割があります。石州瓦本体には、逆水防止のために瓦表面の谷部分を深くして水が下に流れやすいように作られています。これにより、風を伴う雨でも、屋根材に雨が入ることを防ぐことができます。
夏から秋にかけて発生する台風は、毎年多くの建物に被害を及ぼし、屋根の飛散が多く起こります。2000年に定められた、日本各地で観測された台風の最大風速をもとに大型台風を想定した「基準風速」というものが日本の各地域にあります。石州瓦は日本最高の基準風速である46m/秒 をクリアする耐風性を持っています。その仕組みは、瓦と瓦がガッチリと重なり合う構造です。
瓦同士がしっかりとくっついている構造は、風だけでなく、地震にも強いとされています。屋根が重いと地震に弱いと言われています。上が重く、下が軽い構造は大きく揺れます。しかし、瓦のような重い屋根が地震に弱いわけではなく、壁などの躯体がしっかりしていれば、より強い住まいを作ることができます。

石州瓦のメンテナンスとは

 石州瓦などの瓦は、塗装などのメンテナンスは不要ですが、瓦自体が割れてしまったり漆喰(しっくい)が劣化してしまった場合には補修が必要になります。

 漆喰とは、防水や接着の機能を備えた建材の一つです。
漆喰は約7~8年程で欠けや剥がれ等の劣化症状が発生します。軽度の劣化であれば漆喰詰め直し工事で済む場合もありますが、棟部分が歪んでしまっていたり漆喰が崩落している状態だと、棟瓦取り直し工事になる場合もあります。
石州瓦も、強度は高いですが、台風で飛んで来た物が当たる等の衝撃で割れてしまう場合もあります。
破損している枚数が多かったり内部まで腐食が進んでいるようであれば、瓦葺き直し工事や瓦葺き替え工事が必要になってきます。

石州瓦 漆喰の劣化

石州瓦の重量と費用

 石州瓦のデメリットといえば、やはり化粧スレートや金属屋根と比べてしまうと重量があることです。
しかし、重量に関しては石州瓦を屋根材として使用することを前提として全体の家のバランスを考慮すれば、重量が重いデメリットもカバーできます。
また、初期費用が高くなっています。石州瓦などの瓦屋根は化粧スレートとは違い塗装のメンテナンスは必要ないため、塗装分のメンテナンスの費用は抑えることができますが、石州瓦などの瓦屋根をご検討の際は初期費用は高いことを踏まえて検討すると良いでしょう。

石州瓦のまとめ

石州瓦は釉薬瓦 石州瓦の住宅

 石州瓦は、三州瓦と同様耐久性に非常に優れており、水分も吸収しにくいため凍害に強くなっています。
また、塩害にも強いため、寒冷地方だけでなく沖縄などの暖かい地域でも採用されることが多くなっています。
日本瓦は、生産される地域により名称や特徴、色等も変わるのです。
私達、街の屋根やさんでは、石州瓦などの瓦屋根の漆喰工事なども行っております。
お困りのことがございましたら、お気軽に何でもご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

塩害を防ぐメンテナンスと塩害に強い屋根材のご紹介
塩害を防ぐメンテナンスと塩害に強い屋根材のご紹介
 「海の近くで暮らしてみたい」と考えたことがある方も多いのではないでしょうか。老後は海近の別荘地で過ごしたいと考えている方もいるでしょう。しかし、風光明媚で潮風がいつも心地良いとはならないようです。実際に住んでいる方にお聞きするとその潮風が引き起こす塩害で、建物のメンテナンスが大変と感じている方はか…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。 瓦の差し替え工事 瓦の並び戻し工事  漆喰が剥がれることによって内部の土が露出…続きを読む
寒くない地域でも起こりえる!? お家の屋根材などに起こる凍害の実態
寒くない地域でも起こりえる!? お家の屋根材などに起こる凍害の実態
貴方のお住まいの地域、お家などに凍害が起こる心配はありませんか?  寒い冬、その寒さから私達を守ってくれているのがお家です。 人体に負担をかけているこの寒さ、お家にも同様なのはご存知でしょうか。 寒い地域では当然のこととして知られている「凍害」、これが比較的、温暖な地域でも起こりえることをご存知で…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!