日本三大瓦の一つである三州瓦の特徴とは?

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年11月30 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
The kind of roofing work
屋根工事の種類
葺き替え工事のご案内葺き替え工事
屋根カバー工法のご案内カバー工法
屋根・外壁塗装工事のご案内屋根・外壁
塗装工事
棟板金工事のご案内板金工事
漆喰工事のご案内漆喰工事
雨樋工事のご案内雨樋工事
防水工事のご案内防水工事
屋根葺き直し
瓦工事
破風・鼻隠し・ケラバの補修
軒天の雨染みと
剥がれは見逃し厳禁
庇の役割とメンテナンス方法
シーリングやコーキングの種類と使用法
意外と多い笠木が原因のベランダからの雨漏り
雨漏りにも強い立平葺き
雨樋の詰まりに落ち葉除けネットがお薦め
ポリカ波板屋根と防水工事でベランダをより強く
快適生活をサポートする
換気棟
屋根リフォームで夏の暑さ対策
落雪被害を防ぐ雪止め設置
タスペーサーの重要性
ウレタン防水が選ばれる理由とメンテナンス方法
シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法
FRP防水が最強である理由
雨漏りの原因となりやすいパラペットのメンテナンス
セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法
大波・小波スレートの最適なメンテナンス方法
複雑な形状の屋根の面積
係数を使って簡単算出
屋根の形
屋根の最も重要な部分
野地板のメンテナンス
工場や倉庫のメンテナンス
アパート・マンション、ビル
のメンテナンス
別荘のメンテナンス
様々な屋根の面積の求め方
天窓のお困り事・お悩み事
カーポートを自己負担なしで建て直せる条件・費用
RC造からの雨漏りを防ぐ適切なメンテナンス方法
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
お住まい、屋根のメンテナンスサイクル完全版
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

日本三大瓦の一つである三州瓦の特徴とは?

更新日 : 2020年04月16日

更新日 : 2020年04月16日

 皆様の中で、瓦屋根のお家にお住まいの方も多いかと思います。
しかし、「瓦」といっても全国の瓦屋根に全て同じ瓦を使用しているわけではありません。
日本には、瓦の種類が地域ごとで存在し、数も多くあります。
特に「三州瓦」「石州瓦」「淡路瓦」は、日本三大瓦と呼ばれる程、存在感がある瓦です。
さらにその中でも、「三州瓦」は日本で販売数が多い瓦となっています。
この記事では、日本三大瓦の一つである『三州瓦』の特徴についてお話してまいります。

三州瓦とは?

 三州瓦とは、愛知県三河地方で生産されている粘土瓦のことで、主に西三河地方で生産されており、旧国名三河を意味する「三州」が三州瓦の名前の由来です。
粘土瓦とは、自然素材の粘土を原料にした瓦のことで、窯で焼いて製品になります。
三州瓦の中心生産地である矢作川の下流の粘土は、きめが細かく高品質であるため、瓦の原料に最適です。

瓦 三州瓦

 三州瓦には種類があり、「いぶし瓦」、「塩焼瓦(赤瓦)」、「釉薬瓦(陶器瓦)」が存在します。
「いぶし瓦」は、焼成後に瓦をいぶし、表面に炭素膜を形成させた瓦です。
「塩焼瓦」は、赤瓦とも呼ばれ、焼成過程で塩を投入することで、化学反応が起こり赤褐色の瓦に仕上がります。
「釉薬瓦」は、表面に釉薬を塗布し焼成した瓦です。釉薬を塗布し焼成することで、ガラスのようにコーティングされます。そのため、瓦自体の強化にも繋がります。

 三州瓦は江戸時代1700年頃に全国に広がり始めたそうで、現在では日本国内で生産されている瓦の中でも販売数が多く、日本一となっています。
では、日本一販売数が多い三州瓦の特徴とは何でしょうか?

三州瓦の特徴

耐火性・耐久性

 三州瓦は、1100℃以上の高温で焼かれて作られています。
高温で焼成され、しっかりと焼き締まっているので耐久性が非常に高くなっています。
また、三州瓦は1100℃以上の温度で焼き上げられた建材なので、もちろん耐火性にも優れており、建築基準法で「不燃材」としても指定されています。

防水性・耐寒性

 三州瓦は、防水性も高いです。
特に塩焼瓦や釉薬瓦は、陶器質のため雨水をほぼ通しません。
また、凍結しにくく耐寒性にも優れているため、寒冷地域にも適した瓦です。
三州瓦は、水分を吸収しません。そのため、水分を吸収し凍結と融解を繰り返すことで発生するヒビ割れなどの凍害にも強いのです。

釉薬瓦 塩焼瓦

断熱性・遮音性

 三州瓦は、瓦特有の遮音性ももちろん備えており、化粧スレートや金属屋根と比べると防音性にも優れています。
断熱性も備えているため、一年中快適に過ごすことができます。

 三州瓦は、耐久性・耐火性などに優れており、非常に強度が高い瓦であることがわかりました。
しかし、自然素材を使用していることによる性質も存在します。

三州瓦の特性

色ムラ

 三州瓦は粘土成分や焼成温度の関係で色ムラが発生することもあります。
色ムラが気になる方もいらっしゃれば、逆にその色ムラが味があってお好みという方もいらっしゃいます。

貫入

 三州瓦の釉薬瓦は、表面に亀裂が入る貫入(かんにゅう)という現象が発生する場合があります。
皆様は、湯呑みや食器等の陶器類で、表面に亀裂が入っているものをご覧になったことはありませんか?
釉薬瓦の貫入も、湯呑みや食器等の陶器類と同じで、焼成過程で、粘土と釉薬の収縮率の違いで表面に細かい亀裂が入るのです。
亀裂と聞くと驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、亀裂といっても製品生地までの亀裂ではなく表面のみのもののため、漏水などには影響はありません。
実際に、貫入湯呑みや貫入食器から水が漏れることはありませんよね。

ピンホール

 三州瓦の釉薬瓦には、ピンホールと呼ばれる小さな凹みや表面に粘土素地が露出してしまうことがあります。
釉薬の気泡や粘土に含まれる有機物が燃焼して発生するものですが、こちらも強度には問題ありません。
また、品質管理で規定以上のものは取り除き、出荷はしておりません。

苔が発生した瓦 年月が経った瓦屋根

黒ずみや赤錆

 三州瓦のいぶし瓦は経年の劣化により、黒ずみが発生する場合があります。
しかし、黒ずみは自然素材であるいぶし瓦特有の現象のため、強度などには問題はありません。
また、粘土に含まれる鉄分が表面に出てきた場合、雨水が当たることにより赤錆が発生することもあります。
表面に発生するものなので、内部まで錆が進行するものではありません。

汚れの付着や苔の発生

 経年の劣化により汚れの付着や苔が発生することもありますが耐久性に影響はありません。
三州瓦などの瓦は、化粧スレートとは違い汚れが付着したり苔が発生しても耐久性には影響がないことには驚きですね。
それくらい耐久性に優れているということになります。

和風や洋風など豊富なデザイン

 粘土瓦の歴史は古く、約1400年前に中国から伝わったと言われています。世界遺産に登録されている奈良市の元興寺には粘土瓦が伝えられた時に作られた瓦が今でも葺かれています。このことから粘土瓦は長持ちすることがわかります。また、三州瓦は西暦1700年ごろから作られるようになり、寺院や民家で三州瓦が使われるようになりました。このように、瓦には長い歴史があり、日本の歴史的建造物に使用されています。そのため、従来の住宅のような和風の家に合う屋根というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。
 三州瓦とともに日本三大瓦である石州瓦と淡路瓦は日本瓦が主です。しかし、三州瓦は日本瓦だけでなく、洋瓦など種類が豊富です。日本瓦以外の瓦はほとんど三州瓦であると思っていいほど、三州瓦は様々な住宅に合わせることができます。和風のお家はもちろん、洋風、すっきりした南欧風のデザインもあり、高級な住宅のデザインにも馴染みます。また、近年人気の片流れ屋根にも合わせることができ、とてもおしゃれに見えます。

三州瓦は地震に強いの?

瓦屋根住宅 J形瓦

 屋根材は、軽い方が耐震性が高いとよく耳にする方も多いのではないでしょうか。
三州瓦などの瓦屋根は、重量がある分、耐震性に不安を感じる方もいらっしゃるかと思います。
たしかに、三州瓦も重量が重いため、化粧スレートや金属屋根などの軽い屋根材と比べると耐震性については劣るでしょう。
しかし、耐震性には、建物全体の強度や、バランスが重要になってくるため、三州瓦などの瓦屋根が特別地震に弱いわけではないのです。
化粧スレートや金属の屋根でも、建物全体の強度やバランスが悪い場合には倒壊します。
三州瓦などの瓦屋根でも、近年では施工方法等の改良によって阪神淡路大震災レベルの地震にも耐えられる程の耐震性が実際に確かめられています。

三州瓦のまとめ

三州瓦 瓦補修工事

 三州瓦は、日本一の販売数を誇る瓦であり、強度も非常に高いことがわかりました。
自然素材の粘土を使用しているため、特有の質感や、発生する現象はありますが、それでも耐久性には問題ないのですから、非常に優秀なのですね。
また、現在製造されている三州瓦は、防災瓦と呼ばれる、台風や地震などの自然災害にも強い瓦がほとんどです。

 私達、街の屋根やさんでは、瓦屋根の補修工事や漆喰工事も行っております。
瓦屋根のお家にお住まいの方でお困りのことがございましたら、私達、街の屋根やさんに何でもご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。 瓦の差し替え工事 瓦の並び戻し工事  漆喰が剥がれることによって内部の土が露出…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      三州瓦に関連する新着ブログ

      2014年9月9日更新 こんにちは、街の屋根やさんです。 普段お住まいになっていない、(例えばご実家や別荘など)屋根のメンテナンスって気になりませんか? 千葉県は都心にも近く別荘も多 ...続きを読む



      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!