鴨川市|テナント入居に伴い漏水調査・屋上のウレタン塗膜防水

施工内容防水工事

使用材料ダイフレックス DSカラー

更新日:2016年11月12日
鴨川市,ビル,雨漏り
鴨川市の大きなビルです。1階部分はお客様本人で使用されていますが、今回上階のテナントが決まりリフォーム工事に入ったようです。
外壁,傷み
築年数がかなり経っているようですが、特にメンテナンスもしていなかったようで外壁に亀裂が入っていました。流れ出ているのは内部の鉄筋の錆です。鉄筋が腐食することによって膨れ・爆裂が起こり、外壁の耐久性に大きな影響が出てしまいます。
階段,室内,雨漏り
室内に入っていきながら、どこから漏水が起きているか、水たまりがどこに溜まるのか説明をして頂きながら漏水の原因を探っていきます。歩きながらも天井のビニールの養生と黒染みが、かなり前からの雨漏りと判断できます。
壁,雨漏り,塗膜,剥がれ
内部にかなり漏水している様子が見受けられます。コンクリートにヒビが入っていますが、雨水がヒビを伝って下に流れているようです。ヒビは補修も可能ですが、屋外からの漏水を改善しない限りは根本的な解決に繋がりません。
階段,雨漏り,染み跡
階段上部からの雨漏りは酷いようです。ビニールで伝わらせ床に雨水が溜まるのを防止しているようですがこちらも解決には綱fがりませんし、ビニールに溜まり蒸発することでカビの発生も促します。雨漏りを起こした際にはなるべく通風を良くした方が、カビの発生を抑えることが出来ます。
室内,テナント,雨漏り,染み
こちらは問題の入居が決まったテナントです。リフォームでクロスを剥がし張り替えるところで、壁が湿っていると気づき、工事が中止になりました。角には薄く黒染みが出来ていますので雨漏りを起こし、湿気が充満していました。
2階,バルコニー,防水,状況
雨漏り箇所の真上、2階のベランダの状況です。長く使われていなかったのか汚れが溜まっています。防水の層はあるものの効果が発揮されていなければ意味がありません。ではどこに問題があるのでしょう。
立上り,防水,めくれ
躯体に対して防水面の立ち上がりは通常よりも長くとってあります。問題となるのは外壁の塗膜と防水面の継ぎ目、平場と立上りの接合面です。防水面は継ぎ目がしっかりしていないといくらでも雨が侵入します。見え辛いですが外壁の継ぎ目は若干剥がれていました。
下端,防水,劣化
平場の少し立ち上がった部分はパックリ開いてしまっています。
少し引っ張るだけで大きく開いてしまいますので防水の効果は一切ありません。
劣化,腐食
防水が劣化しヒビが入り始め、雨水が侵入し始め少しずつ下地を傷んでしまったと思います。水が入り続いていたので傷むのも無理はありませんが、施工時には当然下地の補修も必要となります。下地が傷んで費用が掛かってしまう前に定期的な補修をお勧め致します。
ドア枠,防水,立ち上がり
ベランダの出入り口です。サッシ廻りとなるとサッシ枠のパッキン不良でも漏水は起こしてしまいます。
ドア枠,防水,立ち上がり、めくれ
防水面がめくれあがっています。接着力が劣化したためにめくれ雨水が侵入します。躯体面となると吹き込むような雨でないとあまり当たることもありませんが、屋根となるものもない為比較的簡単に防水面は劣化してしまいます。
階段,3階,めくれ
2階から3階へと繋がる階段です。雨水で濡れて乾いたために反り、接着力も無くなり全て剥がれてしまっています。
屋上,天井,腐れ,カビ
屋上の天井です。真上から水が染み込み天井材が剥がれてしまっています。カビも発生し、屋上からも錆が染みだしています。

窓枠,カビ
外壁からも雨染みとカビがこびりついています。外壁からも雨が染み込んでいますが、窓の下部だけでなく上部から流れ出てきています。
ドア,ガラス,割れ
見ると屋上のドアガラスは割れていますので確実にここから水が吹き込んでしまいますよね。防水工事を行った上でガラスを交換すれば漏水箇所は確実に減らして行くことが出来ます。
屋上,防水
屋上です。まず防水層は無いように思います。しばらく前にヒビ部分に補修をしながら維持をしていたようですが、全体的に屋上面に染み込んでいるのでしょう。
目地,劣化
目地も劣化してしまい、防水としての機能は果たせていないと思います。目地がしっかりしていても周りのコンクリートにヒビが入っていた時点で雨はどこからでも侵入しますので目地も含め補修が必要です。
ドレン,劣化,錆び
排水に設置されるドレンですが錆が進行し腐食してしまっています。ドレンの左隣に草が生えていますが、コンクリート部分に水が廻っている証拠です。また雑草が生えてきたと抜くのも危険です。周りの防水層を破いてしまう恐れもあります。
ドレン,回り,隙間
ドレン周辺ですが、立上りとの間に隙間があります。ドレンを通過することなく下に流れることが出来てしまいます。防水施工の際には劣化したドレンは適切な処置の上交換いたします。
塔屋,最上階,防水
こちらは最上階の塔屋、階段の天井に当たる部分です。ブロックや既に使われていない設備が錆びてそのまま放置されています。
防水,塔屋,金物,水切り
水切りが設置されていますが、錆などが見られなくとも浮いていては漏水を起こします。既存の防水層も一度撤去し下地から補修していきます。
外壁,劣化
漏水の多くの原因は屋上からですが、外壁にも大きな亀裂と黒染みが残っています。目地やパネル部分の継ぎ目と言った途中から染みが付いているのは一度内部に入った雨水が出口と見つけた部分です。
そこに到達するまでに外壁を痛め続けていますので放置しておくのは良くありません。
外壁,剥がれ,錆び,腐食,雨漏り
屋上からの漏水を止めてから外壁の漏水部分を見つけ補修を行っていきます。雨漏りの特定は少しずつ原因を潰しながら特定していきますので時間はかかりますが全体の工事をしてしまうと費用が多くかかってしまいます。
まずはバルコニーと屋上の防水施工で様子を見ていきましょう!
ベランダ,高圧洗浄
まずは高圧洗浄です。今付着している汚れをしっかり落とすことで、下地の形成を確実にすることが出来ます。汚れがついているままですと後々下地や塗膜が浮いて防水機能が果たせなくなりますのでしっかり丁寧に洗浄をしていきます。
屋上,高圧洗浄
屋上も合わせて高圧洗浄です。今の状態で高圧洗浄をすると間違いなく屋内に漏水します。しかし、洗浄前に中途半端に下地処理をしてしまうと防水施工で浮きや剥がれの原因になりかねません。
室内,漏水
洗浄中の屋内の様子です。水が至るところから侵入して色が変わっています。上部からもですが、パネルの継ぎ目からもにじみ出ているのが分かります。洗浄後は屋上も屋内もよく換気をして乾燥させていきます。
目地,コーキング,撤去
まずは屋上の目地取替です。既存の目地を撤去していきます。ちなみになぜわざわざ目地があるのかというと、熱によって下地が膨張・収縮する際に、隙間がないとひび割れを簡単に引き起こしてしまいます。目地はその際の力の逃げ場であり、また下地の動きに追従する必要があります。
目地,プライマー
目地の取替でしっかりと密着させるためにプライマーの塗布です。目地部分に水が溜まっていれば水を抜き乾燥させてからの作業になります。屋外での作業は天候次第で作業進捗が変わりますが、後々の補修を考えたうえでここはしっかり乾燥していることを確認していきます。
コーキング,充填
プライマーを塗り次第シーリングの充填です。湿気硬化型1成分形弾性シーリング材を使用します。硬化後は柔軟性をもつゴム弾性体となり、下地の動きに対する追従性に大変優れています。また環境汚染に有害な揮発性有機化合物を含まない物を積極的に使用しています。
コーキング,ならし,押さえ
しっかりとコテで押さえ内部にまで入り込むように押えていきます。表面が乾燥するまでは次の作業が出来ませんので他の工程に移ります。
目地,全体,完了
目地部分だけでなく、入隅やひび割れもシーリングで補修を行います。特に水が溜まりやすい場所は他の部分よりもしっかり防水施工を行わないと早く劣化してしまいます。やりすぎも良くはありませんので適切な処置をすることで漏水も劣化も防止することが出来ます。
下地処理,防水施工前
次は防水施工を行う部分の下地処理を行います。コーナー部分は直角になっていますのでサンダーで面取りをしていきます。
サンダー,下地処理
立上りの樹脂モルタルで補修を行い乾燥してから平滑にしていきます。
サッシ廻り,立上り,平滑
欠けている所・欠けそうな場所は剥がしてからの施工です。補修箇所が剥がれないようにしっかり全てプライマーを塗ります。

補修,下地,防水
樹脂モルタルをコテでならすように平滑にしていきます。サッシ廻りですので見栄えも重要ですし、厚塗りも好ましくありませんのであくまで下地の保護で補修して行きます。
サッシ廻り,コンクリート,モルタル補修
壁,爆裂
爆裂,下地,補修
下地補修,樹脂モルタル
外壁からむき出している鉄筋は露出している状態ですとそのまま劣化し脆くなってしまいます。同じ工程でプライマー塗布・樹脂モルタルでの補修を行いますが、補修部分は色や凹凸などの仕上がりが変わってしまいますのでご了承ください。
USウレタンプライマー
いよいよ全体的な施工に入ります。まずはモルタルを薄く塗布し下地調整を行います。そして次の工程の為にプライマーを塗ります。1つの工程で違う材質の物を使うたびに密着性が大変重要になってきます。特に下地で浮きが発生してしまうとまたその部分からやり直さなくてはなりません。
USウレタンプライマー,立上り
防水施工は平場(床面)以外の立上りなどから先行して施工をしていきます。
IMG_1629_R
プライマー,立上り
IMG_1677_R
下地調整が終わったところで、ドレンの取替に入ります。地震等の動きによって内部で接合部分が外れたり管が割れる可能性もありますので、改修用の鉛ドレンで蛇腹部分を奥まで差し込みジョイント部分を作らずにまっすぐ外部の排水につなぎます。
IMG_1678_R
ドレンをしっかり奥まで入れて設置します。鉛ですので加工しやすく、腐食しません。この上にいくつか防水施工を行いドレン周辺からの漏水が起きないよう取り付けていきます。
IMG_1679_R
材質が違うものの取付は隙間に特に注意しながら行う必要があります。ドレンの廻りに補強メッシュシートを張り付けます。
IMG_1680_R
シーリングで固定・防水処理を行います。
IMG_1681_R
ドレン取替完了です。
IMG_1652_R
続いては1m幅の自着層改質アスファルトルーフィングを平場に貼り付けます。
自着シート,絶縁
通気緩衝工法と言われますが、なぜこの工法を用いるかというと、充分乾燥させたコンクリートでなら密着工法で問題ありませんが、厚い保護コンクリートですと内部まで乾燥しきれません。そのような状態で蓋をしてしまうと水蒸気が防水層を持ち上げ膨れてしまいます。

テープ,絶縁,緩衝
下地と密着させないことで下地からの水蒸気を逃がし膨れを逃します。しっかり張り付けた後で端部をジョイントテープで止めていきます。
脱気塔,取り付け
通気緩衝シートで逃がした水蒸気を逃がす場所が必要です。水は通しませんが、水蒸気は通す脱気盤の取付です。
ビス打ち
一般的に25~100㎡に1箇所取り付けていきます。脱気盤にもいろいろな形がありますが、バルコニーは皆さんよく出られますよね。歩行の邪魔にならないダモ脱気盤を取り付けました。
脱気塔
腐食しないように下地にナイロンプラグを入れ固定用ビスで止めます。
脱気塔
脱気盤周辺からも漏水を起こさないようにシーリングでしっかり施工していきます。
DSカラー
ウレタン塗膜防水です。2液硬化型DSカラーで仕上げていきますが、こちらも当然立上り先行で行います。ちなみに立上がりと平場用と材料も変わります。
平場,DSカラー
平場も継ぎ目を作らないようウレタン材を一気に流し込みます。2回ほど繰り返し塗り厚膜に仕上げていきます。これでバルコニーの防水工事は終了です。
屋上,水切り
続いては塔屋・屋上の施工です。まずは水切りと既存防水層の撤去です。
既存防水層撤去
下地の状態を綺麗にしない限り十分な防水効果を発揮できません。
屋上,撤去,斫り
またこの時点で使用していないものがあれば撤去してしまった方が良いでしょう。防水層は綺麗に取り除き後にモルタルで補修を行います。
平滑,撤去
撤去後の状況です。かなり劣化が進行しているようですので全体的にモルタル補修が必要な状態です。
コンクリート,露出
こちらもサンダーで処理、ドレンの撤去を行います。
樹脂モルタル
続いてモルタルを塗りこんで下地の調整です。
樹脂モルタル,塗布
モルタルと全体的に塗りこむことで凹凸も無く平滑に仕上がりました。
プライマー,塗布
バルコニーと同じ要領でプライマー塗布を行います。
ドレン,改修用,取付
ドレン,取付
ドレン,メッシュ
コーキング,処理,防水
こちらもドレン取替を行うにあたって、既存撤去・新規取付、メッシュシート貼り付け、シーリング処理と行っていきます。ドレンは3mm程度ですが、ドレン周辺の高さが5mm程度高くなることがあるので不陸調整はしっかり行わなければなりません。隙間が少しでも生じてしまうとそれだけで雨漏りの原因になりますのでいかに下地調整をしっかり行うかに懸かってきます。

緩衝シート
通気緩衝シートの貼り付けです。先ほどはバルコニー幅でちょうどよかったのですが、広面積ですと必然的にジョイント部分が多くなります。その分しっかりとした防水施工が必要になります。
ジョイントテープ
通気緩衝シートの継ぎ目にジョイントテープを貼り付けていきます。メッシュシートもジョイントテープもガラスクロスで出来た頑丈なものです。貼り継ぎ目が出ないように施工していくとジョイントテープの部分も通気孔の役割を果たします。
脱気塔,取り付け
脱気塔,取り付け
メッシュ
バルコニーとは違う形の脱気筒を取り付けていきます。メッシュシートとシーリング、防水材でしっかり補修をし漏水の可能性を低減させます。
脱気塔,コーキング
DSカラー
DSカラー,立上り
DSカラー,立上り,平場
ダイフレックスのDSカラー、他の材料もありますが全てホルムアルデヒドF☆☆☆☆で近年問題視されているシックハウス症候群の対策もばっちりです。
DSカラー
2回塗りでしっかり厚膜に仕上げていきます。歩行するような場所ですと滑りにくくするために、骨材入りの仕上げに変更することも可能です。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!