千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっていま す。
街の屋根やさん千葉

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください

電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
0120-989-936
メール メールでのお問い合わせ
24時間受付
ホーム 施工事例一覧 会社概要 施工の流れ 屋根工事の種類 屋根の豆知識 屋根お役立ち情報 本日の現場ブログ お客様の声 お問い合わせ
お客様の声
施工事例
現場ブログ
専門家が教える屋根の基礎知識
専門家が教える
屋根の基礎知識
街の屋根やサンの施工実績
街の屋根やさん
施工実績
 下に挙げたものは、1999年5月~2021年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・234
松戸・・224
習志野・・146
流山・・102
鎌ヶ谷・・187
船橋・・387
野田・・103
柏・・125
我孫子・・88
浦安・・186


北総エリア
銚子・・75
佐倉・・158
四街道・・135
印西・・118
富里・・193
香取・・120
成田・・278
旭・・146
八街・・377
白井・・184
匝瑳・・115
印旛郡酒々井町・・96
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・33
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・267
千葉市稲毛区・・192
千葉市緑区・・224
千葉市花見川区・・200
千葉市若葉区・・185
千葉市美浜区・・120
八千代市・・175
市原市・・741

九十九里エリア
茂原市・・173
勝浦市・・48
いすみ市・・104
東金市・・152
山武市・・100
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・70
山武郡芝山町・・26
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・49
長生郡睦沢町・・14
長生郡長生村・・42
長生郡白子町・・54
長生郡長柄町・・22
長生郡長南町・・12
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・20

南房総エリア
袖ケ浦・・253
木更津・・539
君津・・331
富津・・133
南房総・・74
安房郡鋸南町・・45
館山・・67
鴨川・・35

新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

木更津市長須賀にて台風による棟瓦の崩れが発生、棟瓦取り直し工事を行いました

before
horizontal
after

工事のきっかけを伺いました!


担当:白石


木更津市長須賀にお住いのお客様よりお問い合わせを頂きました。「昨年の台風により倉庫の屋根が崩れてしまっているので調査をお願いしたい」とのご相談内容でした。
お客様のご自宅に伺い調査を行うと下屋の棟瓦が崩れており、崩れた瓦により他の瓦が数枚割れてしまっている状態でした。お客様に屋根の状況をご説明し棟取り直し工事をご提案しました。
木更津市長須賀にお住いのお客様よりお問い合わせを頂きました。「昨年の台風により倉庫の屋根が崩れてしまっているので調査をお願いしたい」とのご相談内容でした。
お客様のご自宅に伺い調査を行うと下屋の棟瓦が崩れており、崩れた瓦により他の瓦が数枚割れてしまっている状態でした。お客様に屋根の状況をご説明し棟取り直し工事をご提案しました。


担当:白石

施工内容屋根補修工事 棟瓦取り直し 

築年数

平米数

施工期間

使用材料南蛮漆喰

費用

ハウスメーカー

保証

【施工内容】
屋根補修工事 棟瓦取り直し 

築年数

平米数

施工期間

使用材料

南蛮漆喰

費用

ハウスメーカー

保証

台風15号により棟瓦が崩れてしまいました

 木更津市長須賀にお住いのお客様より台風による屋根の被害についてお問い合わせを頂きました。お問い合わせの内容としては「台風15号(令和元年房総半島台風)により自宅倉庫の瓦屋根の頂上部分が崩れてしまっているので調査と見積りを頂きたい」とのことでした。
 
 お客様のご自宅に伺い調査を行っていきます。お客様からお伺いしていた通り、棟瓦(※1)が崩れてしまっていました。瓦屋根の瓦自体は耐候年数が長いのですが、瓦屋根の中でも棟の部分は定期的にメンテナンスを行わなければ今回のような棟瓦の崩れなどを引き起こしてしまう可能性があります。

(※1)屋根と屋根の合わさる部分(頂上など)を棟と呼び、その棟にある瓦を棟瓦と呼びます。

 漆喰の説明
 棟瓦は麻土(上記写真の土)と漆喰(上記写真の赤丸)を使用して土台を作り、熨斗瓦(のしがわら)と冠瓦を使用して積み上げていきます。麻土には撥水性がないため外側に漆喰を塗ることで雨水の侵入を防いでいます。
 漆喰は麻土の外表面に厚み10mm程度で塗られています。経年劣化により漆喰にひび割れや剥がれが発生すると麻土が雨などで少しずつ流れてしまうことにより棟瓦に歪みやズレが発生し、今回のように台風や地震などで崩れてしまいます。
漆喰の剥がれやひび割れが発生している場合は早めのメンテナンスを行うことをお勧めします。
 現在は劣化の対策として麻土を使用せず南蛮漆喰(なんばんしっくい)1種類のみで積み直しを行います。
 

 崩れた熨斗瓦が他の瓦に当たり数枚割れてしまっていました。 瓦は重さがあるため飛ばされてしまうと非常に危険です。今回のように他の瓦を割ってしまったり、ベランダや外壁に当たり破損してしまうこともあります。このような2次被害が発生する可能性がありますので注意が必要です。

屋根の調査が終了しました。お客様に屋根状況をお伝えし、棟取り直し工事と破損した瓦の差し替えを行うこととなりました。
棟取り直し工事は、既存の瓦や漆喰などを撤去します。その後新しい漆喰で土台を作り瓦を積みなおしていきます。

棟取り直し工事の様子

棟瓦撤去作業 棟瓦撤去後

 棟瓦取り直し工事の様子になります。まずは既存の棟瓦や麻土を撤去し清掃します。崩れた際に割れてしまった瓦もありましたが、割れていない瓦は再利用できますので使用します。割れていない瓦が再利用できるのは瓦の利点でもあります。
鬼瓦を固定する緊結線 熨斗瓦1段目
 撤去作業が終わりましたので棟の積み直しを行っていきます。まずは南蛮漆喰で土台を作り熨斗瓦をのせていきます。南蛮漆喰はシリコンなどの防水材を含むため、通常の漆喰に比べて雨水に強くなります。その他にも不凍液入りの南蛮漆喰を使用することで冬でも問題なく使うことができます。
 左上写真の銅線は鬼瓦と巴瓦を固定するためのものになりそれぞれに別々の役割があります、鬼瓦の場合は竜頭と呼ばれる裏側の部分に銅線を通して固定します。
冠瓦を固定する銅線 棟瓦の銅線
 棟はのし瓦を互い違いに積んでいきます、継ぎ目が同じにならない構造となっています。この段階で写真左上の赤丸で囲ってある部分のように最後に瓦を固定するための銅線を仕込みます。
冠瓦を積む 銅線で固定
 引き続き南蛮漆喰と熨斗瓦を積んでいき、最後に冠瓦をのせます。
 冠瓦をのせたら途中で仕込んでおいた銅線を回して冠瓦の上で固定していきます。こちらの銅線は棟瓦のズレや崩れを防止する役割があります。

割れた瓦の差し替えを行いました

破損した瓦の撤去 新規瓦差し替え
 棟瓦が崩れたことにより割れてしまった瓦の差し替えを行います。割れてしまった既存の瓦を撤去して新しい瓦と差し替えを行います。防災瓦ではない場合は割れてしまった瓦を1枚ずつ交換することが可能です。
通常の瓦の固定方法 防災瓦の固定方法
 通常の瓦の場合、瓦は桟木に引っ掛けてあるだけで固定されていないため(写真左上)、今回のように数枚割れてしまった場合は1枚ずつ外して交換することができるというメンテナンス性の良さがあります。通常の瓦の他に防災瓦というものがあります。防災瓦の場合は1枚ずつビスで固定されているため(写真右上)通常の瓦と比べると耐風性能が高くなります。防災瓦が割れてしまった場合は通常の瓦のように1枚ずつ交換することができません。

工事完了

瓦差し替え完工 棟瓦取り直し工事完工
 無事に棟取り直し工事と瓦の差し替えが終わりました。
今回のように棟瓦が崩れてしまう前にメンテナンスを定期的に行うことで被害を最小限に抑えることができます。瓦屋根はメンテナンスがいらないなどと言われることがありますが、棟や漆喰については定期的なメンテナンスが必要となります。
 屋根の上はなかなか見ることができず不安が多いかと思われます。私たち街の屋根やさんでは、点検とお見積りを無料で行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

木更津市で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。木更津市にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する木更津市特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう
 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。 瓦の差し替え工事 瓦の並び戻し工事  漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨…続きを読む
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
台風や地震の後は屋根にのぼらないこと、災害便乗商法に注意すること
 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。 地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはず…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ
令和2年6月1日更新  現在、台風に関するお問い合わせはだいぶ落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りとなっております。台風による被害がなかったと思っても、時間が経つことで発覚する問題もございます。お住まいのことで気になることがありましたらお気軽にご相談ください。現在の千葉県(木更津…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません
 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      屋根補修工事 棟瓦取り直し に関連する新着ブログ

       鎌ケ谷市道野辺本町にお住まいのお客様邸は瓦屋根です。「1階の瓦が割れているので補修をお願いしたい」とご相談を頂きました。破損箇所は丁度、棟付近でしたので平部のように簡単に差し替えることはできません。 ...続きを読む
      調査の様子  市川市塩焼にて行った瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「屋根の漆喰が落ちてきたのでメンテナンスを検討しているのですが点検していただけますか。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致 ...続きを読む
       船橋市湊町にお住まいのお客様より「棟瓦がずれているようだ」とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。「棟瓦(むねがわら)」は、瓦屋根のてっぺんの端から端までの水平な部位(棟/大棟:おおむね)に設置さ ...続きを読む
      調査の様子  習志野市屋敷にて行った瓦屋根の調査の様子をご紹介致します。「屋根の漆喰が落ちてきたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。  私たち街の屋根やさんでは ...続きを読む

      屋根補修工事 棟瓦取り直し に関連する新着施工事例

      千葉市中央区都町にて瓦屋根被害、棟取り直し工事を行い復旧致しました

      施工内容

      屋根葺き直し 棟瓦取り直し 

      使用材料

      シルガード漆喰

      千葉市美浜区磯辺にて鬼瓦が落下し桟瓦が割れてしまったので瓦差し替え工事と棟取り直し工事を実施

      施工内容

      棟瓦取り直し  漆喰詰め直し 漆喰取り直し

      使用材料

      シルガード

      屋根補修工事 棟瓦取り直し を行ったお客様の声一覧

      柏市明原にあるN様邸の棟板金と雨樋の点検を行なわせていただきました

      工事前アンケート画像

      Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      屋根板金がうき上がってきている

      Q3.弊社をどのように探しましたか?

      インターネット

      Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      不安はない

      Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?

      庶民的なイメージ

      Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      よかった こまやかでしんせつていねいで良かった

      点検・お見積り・ご相談無料!

      街の屋根やさん千葉

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お気軽にお問い合わせください!

      電話 お電話でのお問い合わせ[8時30分~20時まで受付]
      0120-989-936
      メール メールでのお問い合わせ
      24時間受付中!

      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!
      お気軽にお問い合わせください!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください

      お電話でのお問い合わせは

      メールでのお問い合わせは

      屋根工事が初めての方へ
      街の屋根やさんの10のお約束
      オンライン見積もり
      雨漏りでお困りの方、お任せください
      散水試験で雨漏りの原因を徹底追及
      被害に遭う前に台風対策
      屋根を軽くして地震に強い屋根に
      屋根工事の料金プラン
      リフォームローン
      火災保険を屋根工事に適用できます
      屋根塗装・外壁塗装の塗料について
      株式会社シェアテック
      ご連絡先はこちら
      ご連絡先はこちら
      株式会社シェアテック

      千葉県木更津市文京5-11-16
      ST×BASE
      TEL:0438-38-3373
      FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp

      株式会社シェアテック
      建設業許可:千葉県知事許可(般-29) 第 48193 号
      〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
      TEL:0120-989-936 FAX:0438-38-3310
      E-mail:info@sharetech.co.jp
      千葉県・市原市・袖ケ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全エリア対応中です。
      (その他の地域の方もご相談ください)
      屋根リフォーム / 屋根工事 / 屋根修理 / 屋根塗装 / 屋根葺き替え / 漆喰(しっくい)工事 / 雨樋(あまどい)工事 / 雨漏り修理 / 雨漏り工事 / 防水工事