台風25号の強風で受けた方、火災保険が適用できます

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、前回の台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

富津市|軒天に換気口を取付け屋根裏換気を!

before
軒天換気口
horizontal
after
軒裏換気口
【お問い合わせのきっかけ】
富津市のI様邸には住宅に取り付けられている換気口がありませんでした。屋根裏換気をして冬には結露防止、夏には室内温度抑制に努めましょう!

【施工内容】
軒先換気口取付
軒天,雨漏り
畑
当初雨漏りを起こしているかもしれないという事で、調査にお伺いいたしました。結果雨漏りは起こしてはいませんでしたが、なぜ雨漏りを起こしたと感じたというと湿気です。
湿度が高く、室内がいつもじめじめしているという事で、雨漏りを起こしているのでは?と感じたようです。
住宅の周りは森が続き、農園も作っている為土が多く、多少湿度が多くても仕方がありませんが、湿度は一向に快適を感じられないため、何か対策が出来ればとお電話を頂きました。
雨漏り調査
軒天,雨漏り調査,換気口
住宅を点検していると、換気口が無いことに気づきました。通常の住宅には軒天には有孔板か換気口、屋根には換気棟、切り妻屋根の妻側にはガラリと、何かしら住宅内部の換気口が取り付けられている事が多いのです。
それらによって住宅にこもる空気を循環しているのですが、無いとなると空気はこもったままの状態になってしまいます。
こもった湿度を適度に逃がすために、一番簡易的な軒裏換気口を取り付けていきましょう!

穴開け
野地確認
軒天に換気口を取り付けるには2パターンあります。ケイカル板で施工している場合は元々細かく穴の開いている有孔板を定期的に取り入れることで換気口の役割を果たします。仕上がりはフラットなまま換気の機能を備えていますので、有孔板を取り入れている住宅は多くあります。
もう一つは換気口を取り付ける方法です。換気口のサイズに合わせて軒天に穴を開け、換気口をビス留めします。間隔をあけて取り付けることで手軽に換気が出来ます。

その際に軒天の裏から野地板を確認しましたが、やはり雨漏りの様子は見られませんでした。状態も綺麗でしたので住宅には異常ありません。
軒裏換気口
取付
軒先換気は雨漏りのリスクも低いことで取り入れるのは簡単ですが、これだけでは効果が低いです。棟や妻側から排出するような換気口をもう一つ取り入れることで、更に室内換気に期待できそうです。
引き続きどこに効率的な換気口を設けるか打ち合わせを続けていきます。

以上、富津市の軒天換気口取付工事でした。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!