千葉市若葉区|軽量瓦ルーガ雅で屋根葺き替え工事を行いました

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月23 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

千葉市若葉区|軽量瓦ルーガ雅で屋根葺き替え工事を行いました

足場アイコン 屋根葺き替えアイコン

施工内容ハイブリッド瓦、屋根葺き替え

築年数30年

施工期間7日

使用材料KMEW ルーガ(ROOGA)雅:モダンブラック

保証10年

beforeafter
before
屋根葺き替え工事,施工前
horizontal
after
ルーガ雅,完了
headlinesbyline columns
屋根点検
漆喰,剥がれ
texts
千葉市若葉区の屋根の点検に入ります。築年数はだいぶ経過しているようで、瓦の全体的な色褪せが目立ちます。また、漆喰が少しずつ剥がれていて大屋根に漆喰が乗っている場面もありました。
このような状態ですと、いずれ内部の泥が露出し流れ、雨漏りや棟の崩壊を招いてしまいます。
瓦はとても頑丈で、長くお使いいただける屋根材にはなりますが、必ず漆喰や瓦の並びは定期的なメンテナンスを必要とします。
近年では耐震性の問題から軽量屋根が多く採用され、瓦とも疎遠になりつつありますが、やはり瓦の重厚感は和風建築にはピッタリ合うなと感じさせられますね。
columns
下屋点検
棟並び
texts
下屋の点検です。
大屋根と同じく瓦自体の色褪せでまばらになってしまっています。平瓦の並びに問題は無いように感じますが、棟はのし瓦にズレが起きていますので、大きな隙間が出来ているといった状態です。
columns
漆喰,のし
漆喰剥がれ
texts
のし瓦を止めている銅線にも緩みが生じているのか、ガタガタと出っ張っている部分があります。隅の漆喰は剥がれ欠損もしています。
このような壁との取り合いは特に注意しなければなりません。
のし瓦部分で隙間が出来てしまうと雨水が入り込み、室内へ雨漏りを起こす可能性が出てきてしまいます。
columns
棟,並び
取り合い
texts
今回は一部葺き直し工事のご依頼でしたが、全体的な経年劣化が非常に目立ちます。漆喰等は補修をすることで機能は保たれますが、瓦自体がぶつかった表紙に少しずつ欠けを見せ始めます。すると、今は大丈夫としても次第に浮きや捲れが起きやすくなり、メンテナンスの回数やコストがかかるようになってしまいます。
メンテナンス等をするのであれば、今の段階で屋根材から葺き替えた方が将来的なトータルコストは大幅に削減できます。
columns
防水紙
texts
経年劣化で気になるのは雨漏りです。雨漏りを起こす原因は瓦ではなく、実際は下地の防水紙(ルーフィング)です。防水紙はおよそ20年前後の寿命と言われていますが、破れてしまうとそのまま雨漏りを引き起こしてしまいます。
棟のズレ程度であれば、積み直しでも良いのですが、今回は将来的なメンテナンスを踏まえ、屋根葺き替え工事を提案させて頂きました。。
20~25年毎に防水紙の貼り直しは必要だと感じ、その際に野地板等の下地材の劣化状況を確認させて頂けます。
築年数が30年近い場合は下地の劣化によって耐震性を著しく低下させているケースもあります。

更に既存の瓦は大変重く、地震の際に不安がありますよね。瓦の雰囲気は残したい、でも屋根は軽くしたい…という方に!KMEWのルーガ雅での葺き替え工事をお勧め致します。施工から特徴までしっかりと紹介させて頂きます。

headlinesbyline columns
棟解体
養生
texts
まずは既存の屋根を剥がしていきます。屋根材の撤去にも半日などでは終わりませんので雨天に注意しながら、必要とあればブルーシート等で雨水の侵入を防いでいきます。
columns
屋根,撤去
瓦,撤去
texts
瓦は金属屋根・スレート材とは違い、固定されている箇所は限られています。
その為、1枚は重いのですが取り外しには大変簡単に作業が行えます。落下・割れに注意しながら重ねてまとめて下ろしていきます。

columns
桟木,撤去
防水紙
texts
瓦屋根ならではの桟木です。この等間隔に取り付けられた木材に瓦を引っ掛けて屋根が成り立っています。この桟木、釘で止められている為、1本ずつ撤去していきますが、防水紙に釘穴が残っています。
この状態で雨が降ってしまうと雨水が染み込んでしまいますので、天候を確認しながら新規の防水紙施工まで作業を進めていきます。
columns
野地板
野地板
texts
桟木撤去後、清掃を行い下地の補強を行います。築30年前後の場合はまず、下地が傷み撓んでいる場合もあります。腐食している場合は張り替えが必要ですが、腐食等がない場合は合板での増し張り施工で補強を行います。
6㎜~12㎜の合板を使用し屋根下地の補強を行いますが注意点は一つ、重量です。合板を重ね張りを行っていますので屋根が重たくなります。そこに既存と同じ瓦を葺いてしまうと、合板分の負担がかかりますので、新規の屋根材と下組の耐久性を考慮する必要があることを頭に入れておきましょう。
columns
野地板,増し張り
野地板増し張り完了
texts
大屋根と下屋の野地板補強完了です。
この状態でも屋根に防水機能は備わっておりませんので防水紙の施工まで進めていきましょう。
columns
KMEW,防水紙
防水紙
texts
いよいよ防水紙(ルーフィング)での防水施工です。ルーガ雅・鉄平の場合、施工を保証するためにはKMEWの規定に則って使用材料も決まっていきます。防水紙はKMEWのゴム化改質アスファルトルーフィング、タフガードを使用します。改質アスファルトはタッカー穴を閉ざすような粘着力がある為、小さな穴からの漏水を防ぎます。
軒先から棟に向かって張り重ねていきます。
columns
防水紙張付
桟木,樹脂
texts
防水紙の施工が終わればひとまず雨漏りの心配は防げます。
続いて桟木の設置を行いますがここでもルーガ雅ならではの施工基準があります。広小舞・のぼり木・受け桟・棟桟・笠木で使用する下地は全てタフモックです。タフモックには裏側を見て分かる通り凹凸があり凹部分が水抜き穴になっています。樹脂製で腐りにくく、水通りをよくするお陰で下地の劣化防止に繋がります。
columns
防水紙,桟木
タフモック
texts
ルーガは形も施工方法も瓦に従い桟木を必要とします。工期は金属屋根材と比べて1.5倍程で考えています。
ルーガの寸法に合わせ600㎜以下の間隔ごとにしっかりと固定して下地組みを行っていきます。

columns
タフモック
ルーガ雅
texts
ちなみに、軒先面戸やケラバに板金を使う事が多いのですが、施工仕様はタフモックの3枚重ねです。ビスの固定等もこのタフモックが全て下地になります。

ようやく屋根葺き替え工事です。ルーガ雅を並べて葺く準備を行っていきます。
ルーガはセメント瓦ですが、樹脂膜で覆われた気泡を無数に含んでいて、通常の陶器平板瓦の約1/2以下の重量になっています。重量は変わりませんが、厚さは瓦と変わらず25㎜と瓦ならではの重厚感を表現しています。
columns
瓦葺き替え
瓦,ビス
texts
瓦の設置です。ルーガは全ヶ所釘止めです。瓦尻に2本・アンダーラップ1本から始まり、2段目から1本ずつ施工していきます。強風による瓦の飛散・ズレ・浮きを防ぎます。
また、瓦同士のジョイント部分で雨水の侵入を大幅に防ぎ、水切りから雨水を逃がす設計になっています。台風・地震・強風からの万一の事故から住宅をしっかりと守ってくれます。
columns
ケラバ
ケラバ瓦
texts
屋根材は軒から棟に向かって重ねていきます。釘が1本のみの場合、隣り合わせた瓦と接着剤で留めつけていきます。設計基準に達しない場合は施工の保証対象になりませんので、規定通りに施工を行っていきます。

ケラバの設置は屋根の形状に合わせ加工を行っていきますが、ルーガは繊維材料の粘りが衝撃や荷重を吸収する高い耐衝撃性を持ち、大人が木槌で叩いても割れません。仮に割ってしまっても破片の飛び散りを防ぎます。サンダーでカットしていきます。
columns
ビス固定
軒先面戸
texts
ケラバにも2本ビス打ち、長さにも規定がありますので、使い分けながら打ち込んでいきます。
軒先面戸、雀対策とも言われていますが板金での施工が多いのですが、タフモックでの施工は隙間なく埋まっている状態です。腐食も隙間もない為、雀が入り込んで巣をつくるような事態は起きません。

columns
防水紙
漆喰
texts
防水紙は板金までしっかりと立ち上げます。更に漆喰とのし瓦で施工は行いますが、雨水を最大限防ぐためには防水紙が必要不可欠です。立ち上げた後に捲れを起こさないようタッカーで留めていきます。

そしてのし瓦の取付ヶ所に合わせ水糸を張り、漆喰を詰めていきます。この段階で綺麗に施工する事で仕上がりがとても綺麗になります。
columns
のし瓦
のし,漆喰
texts
のし瓦は搬入時は2枚で1対になっています。半分で切り、1段ずつ固定していきます。のしは並びが綺麗でなくてはなりません。しっかりとズレの無いように叩きながらそろえていきます。
columns
漆喰,シーリング
シーリング
texts
更に経年によりズレが起きないようにシーリングで隙間を止めていきます。ここで新たに漆喰を詰め2段目を乗せます。
新築時には板金が無い為施工が簡単なのですが、改修の場合は現状に合わせて施工する必要があります。特に板金に下がりや歪みがありますので、瓦の並びを優先的に揃え板金との間を納めていきます。
columns
棟
棟
texts
棟設置も通常の瓦工事とは違います。通常は漆喰を詰めてのし瓦を積んでいきます。丸瓦を乗せて銅線で締めて棟の完成ですが、ルーガは軽量化を目指し乾式工法を採用しています。泥を使用せずに最低限の漆喰で仕上げることで、屋根の重量は30坪で約3000㎏の軽量化が図れています。

棟桟受け金具を設置後、タフモックを設置します。
columns
棟板金
棟
texts
ここに乾式棟シートを設置していきます。実際にシートの貼り付けのみで屋根を汚すこともありませんので、作業効率も向上します。ブチルテープの接着によって雨水の侵入を最大限に防ぐことが出来ますので、近年の屋根軽量化に伴い、多くの乾式棟シートの開発が進んでおります。
columns
棟,釘
棟,釘
texts
ここに棟を取付釘止めを行って棟の取付工事も完了です。漆喰の清掃等も必要ない為大変綺麗に仕上がりました。また埃等の飛散も無い為、近隣へのトラブルも少なく済みますね。


simple
ルーガ雅
KMEWの樹脂混入繊維補強軽量セメント瓦
ルーガ雅のモダンブラックで屋根葺き替え工事完了しました。
瓦の風合いにも関わらず、軽量且つ耐久性に優れている為、長期にわたって住宅を守ってくれることでしょう。
simple
ルーガ雅,瓦
1枚1枚独自の専用塗装によって色合いが違い、立体感と色彩を魅せてくれます。また、セメント瓦というと再塗装が必要ですが、無機系塗膜「グラッサコート」によって紫外線による色褪せを防ぎ汚れの付着もしにくくなっています。


このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替え
屋根葺き替え
目次【表示】 目次【非表示】 ・これまでの屋根を撤去し、新しく屋根に葺き替える ・安心して暮らせる、災害に強い屋根、あります ・瓦でも災害に強い屋根にできます!! ・工事内容と流れ ・屋根の葺き替えをご依頼いただいた方々の声 ・街の屋根やさん千葉のおすすめ屋根材 ・屋根材の分類 これまでの屋根…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?
目次【表示】 目次【非表示】 ・屋根葺き替えと屋根カバー工法の違い ・屋根葺き替えと屋根カバー工法のメリットとデメリット  -屋根葺き替えのメリットとデメリット  -屋根カバー…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ間違いなく割れます。瓦屋根でこういった多重被害を受けた方もいるのではないでしょうか。自分…続きを読む
割れない、ズレない、軽い、従来の常識を覆すハイブリッド瓦「ROOGA(ルーガ)シリーズ」
割れない、ズレない、軽い、従来の常識を覆すハイブリッド瓦「ROOGA(ルーガ)シリーズ」
目次【表示】 目次【非表示】 ・ルーガの特徴  -コストパフォーマンス(費用対効果)に優れています  -軽量であること(費用対効果)に優れています  -軽さの秘密は、樹脂の壁をもつ無数の気泡  -施工法も軽さを追求した「乾式工法」  -「グラッサコート」使用により、紫外線に…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      ハイブリッド瓦 屋根葺き替えに関連する新着ブログ

      屋根の劣化についてのご相談  今回はいすみ市大原にお住いのお客様よりご相談を頂きました。「昨年の台風では大きな被害はなく安心していたのだが、近所で工事をしている方より屋根の指摘をされたので調査をして ...続きを読む
       時代とともに新しい屋根材が増え、現在では様々なものが使用されるようになりました。屋根材が違えば、葺き方も勿論変わってきます。  瓦屋根の場合、土葺き工法と呼ばれる施工方法が主流でしたが、今ではほと ...続きを読む
      雨漏りをされていました  木更津市真船で瓦屋根の調査をおこないました。昨年の台風15号(令和元年房総半島台風)により瓦屋根の被害が出てしまったとの事でした。昨年から業者さんに頼んであったそう ...続きを読む
       瓦の葺き替えは足場を組み、下地から全て取り換える必要がありますので、屋根の専門業者に依頼するのが好ましいでしょう。しかし、台風や地震などで部分的に破損してしまった場合には、diyで補修できることもあ ...続きを読む

      ハイブリッド瓦 屋根葺き替えに関連する新着施工事例

      富津市上飯野にて令和元年房総半島台風で瓦被害、屋根葺き替え工事で解消

      施工内容

      屋根葺き替え 金属屋根葺き替え工事

      使用材料

      アイジー工業 スーパーガルテクト S・シェイドブルー

      ハイブリッド瓦 屋根葺き替えを行ったお客様の声一覧

      屋根葺き替え工事が竣工した千葉県松戸市のI様

      工事前アンケート画像

      Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?

      台風の影響で何カ所か雨漏りして困っていた

      Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?

      インターネットで検索しました

      Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?

      松戸なので遠くて来てくれるか心配でした。屋根、外壁、ベランダと全て工事をしたら高が気になりそうなので、金額的に不安でした。

      Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?

      担当の方がとても親身になって点検していただいた。

      Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?

      屋根裏の点検も当たり前のように上っていただいて、この人なら信用できると感じました。

      工事後アンケート画像

      Q1.工事を依頼する会社を決める時にどんなことで悩まれていましたか?

      屋根、外壁、ベランダと全て工事をしたら高が気になりそうなので、金額的に不安でした。

      Q2.当社にご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?

      台風の後で大変な時期に、ホームページの方に地域ごとに対応できる日付が乗っていてとても親切だと感じました。

      Q3.お見積り提出後すぐに工事をご依頼されましたか?もしご依頼されなかったとしたらどんな点が不安でしたか?

      担当の方が信頼できる人だと感じたのですぐにお願いしました。不安はなかったです。

      Q4.数ある会社の中から当社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?

      担当の方がとても経験豊かな人で、こちらの疑問にすべて答えてくれて不安がなくなったことです

      Q5.工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴できましたら幸いです。

      来てくれた職人さんはみんな笑顔で対応していただいて、とても感じが良かったです。今回の工事で悩みがすべて解決できてとても満足です。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      屋根工事の種類
      あなたの屋根はどのタイプ?
      選ばれる理由
      お客様にご安心を12のルール
      施工事例
      会社概要

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

      お問い合わせ
      FAX番号