いぶし瓦とは?特徴やメンテナンス方法について屋根の専門家がご紹介!

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年11月30 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
オンラインにて屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
The kind of roofing work
屋根工事の種類
葺き替え工事のご案内葺き替え工事
屋根カバー工法のご案内カバー工法
屋根・外壁塗装工事のご案内屋根・外壁
塗装工事
棟板金工事のご案内板金工事
漆喰工事のご案内漆喰工事
雨樋工事のご案内雨樋工事
防水工事のご案内防水工事
屋根葺き直し
瓦工事
破風・鼻隠し・ケラバの補修
軒天の雨染みと
剥がれは見逃し厳禁
庇の役割とメンテナンス方法
シーリングやコーキングの種類と使用法
意外と多い笠木が原因のベランダからの雨漏り
雨漏りにも強い立平葺き
雨樋の詰まりに落ち葉除けネットがお薦め
ポリカ波板屋根と防水工事でベランダをより強く
快適生活をサポートする
換気棟
屋根リフォームで夏の暑さ対策
落雪被害を防ぐ雪止め設置
タスペーサーの重要性
ウレタン防水が選ばれる理由とメンテナンス方法
シート防水が施工された屋上のメンテナンス方法
FRP防水が最強である理由
雨漏りの原因となりやすいパラペットのメンテナンス
セメント瓦・モニエル瓦
最適なメンテナンス方法
大波・小波スレートの最適なメンテナンス方法
複雑な形状の屋根の面積
係数を使って簡単算出
屋根の形
屋根の最も重要な部分
野地板のメンテナンス
工場や倉庫のメンテナンス
アパート・マンション、ビル
のメンテナンス
別荘のメンテナンス
様々な屋根の面積の求め方
天窓のお困り事・お悩み事
カーポートを自己負担なしで建て直せる条件・費用
RC造からの雨漏りを防ぐ適切なメンテナンス方法
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
お住まい、屋根のメンテナンスサイクル完全版
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

いぶし瓦とは?特徴やメンテナンス方法について屋根の専門家がご紹介!

更新日 : 2020年11月02日

更新日 : 2020年11月02日

 突然ですが、ご自宅の屋根材についてご存じでしょうか?屋根材には様々な種類がありますので、お住まいによって異なりますよね。お住まいに使用されている屋根材の特徴や耐久性、メンテナンス方法を把握しておくことで、メンテナンスを行う時期や、どのような工事を行うべきかを明確にすることができるでしょう。
 今回は、たくさんある屋根材の中から、についてご紹介したいと思います。瓦にも様々な種類がありますので、本日は『いぶし瓦』を中心にご紹介致します。

いぶし瓦の特徴とメンテナンスについてご紹介します

瓦の種類

 瓦は素材によって「釉薬瓦」「いぶし瓦」「素焼き瓦」「セメント瓦」「モニエル瓦」と、5つの種類に分類できます。まずはそれぞれの特徴を、簡単にご説明いたします。

釉薬瓦

釉薬瓦 釉薬瓦

 最も一般的な瓦で、粘土で形成した後、釉薬と呼ばれるガラス質の薬剤を塗布して、高温で焼きあげたものです。お茶碗やお皿を作る工程と同じことから、陶器瓦と呼ばれることもあります。
 表面にコーティングされた釉薬により水の浸透を防ぎ、長い年月を経ても、美しい状態を保てます。形状は、J形(和形)、F形(平板)、S形などがあり、お好みによって選べます。また、釉薬を替えることで、色や艶の質感を変えることも出来ます。

いぶし瓦

いぶし瓦 いぶし瓦

 釉薬瓦と同様、粘土瓦の一種ですが、焼成方法に違いがあります。粘土を瓦の形にかたどった後、そのまま窯の中に入れて焼き、その後、むし焼きにして表面に炭素膜を形成させます。表面は渋い銀色に仕上がる為、 日本建築のお城や社寺の屋根に多く用いられ、深い味わいを醸し出しています。
 ただ、表面の炭素膜は、経年とともに剥がれ落ち、段々と変色していきます。炭素膜が剥がれ落ちることで、表面の保護機能は低下しますが、それがなくともいぶし瓦の耐久性は充分に高いので、大きな影響はありません。また、経年によってできる色ムラは、いぶし瓦独特の味ともいえ、多くの方に好まれています。日本家屋に趣を出す為、いぶし瓦をお選びになる方もいらっしゃるでしょう。

素焼き瓦

素焼き瓦 素焼き瓦

 粘土で形成した後、そのまま窯の中に入れて焼き上げた瓦を指します。その名の通り、釉薬を塗ったり燻したりせず、「素」のまま焼成しますので、焼き上がり後は粘土の色合いがよく出た朱色(オレンジ~赤色)に仕上がります。日本では、沖縄の住宅に多く使用されていますよね。粘土の色合いが出た朱色は、洋風住宅によく馴染み、暖かみと落ち着いた印象を与えます。
 素焼き瓦も塗装不要な瓦です。ただ、経年とともに表面には、藻や苔が発生することもあるでしょう。そういった場合、塗装することもできますが、素焼き瓦の魅力である自然な風合いが失われてしまいますので、高圧洗浄で汚れを除去する程度のメンテナンスがお薦めです。

セメント瓦

セメント瓦 セメント瓦

 1970年代~1980年代に流行していたセメント製の瓦です。陶器瓦より安価で製造しやすい為、高度経済成長期に広く普及していました。しかし、吸水性の高いセメント・コンクリートを主原料としている為、表面を塗装することによって保護機能をもたせています。塗膜の保護機能は、経年とともに低下しますので、塗り替えメンテナンスが重要です。
 ただ、セメント瓦は現在廃盤となってしまった屋根材です。劣化が著しい場合や広範囲に破損が見られた際には、屋根葺き替え工事を検討しましょう。

モニエル瓦

モニエル瓦 モニエル瓦の洗浄

 1973年~2010年にかけて外資のモニエル社が製造・販売していた瓦です。モニエル瓦の主原料もセメント・コンクリートなので、やはり塗装メンテナンスが必要な瓦になります。経年劣化が進むにつれて、色褪せや苔・藻が発生しやすくなりますので、10年~15年に1度を目安に塗替えることがお薦めです。
 ただし、モニエル瓦はセメント瓦と少々、塗装方法が異なります。モニエル瓦の表面には、「スラリー層」と呼ばれるコンクリートを保護する為の層があり、塗膜がのりにくいのです。その為、モニエル瓦の塗装を行う際には、高圧洗浄やケレンを行い、スラリー層をしっかりと除去しなくてはなりません。私たち街の屋根やさんでは、廃盤となってしまったセメント瓦やモニエル瓦のメンテナンス・屋根リフォーム工事も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

いぶし瓦と釉薬瓦の見分け方

 粘土瓦のいぶし瓦と釉薬瓦は、見た目や質感によって見分けることができます。炭素膜でいぶし銀(渋い銀色)に仕上がるいぶし瓦に対し、釉薬瓦は艶があり、色鮮やかなのが特徴です。また、いぶし瓦は経年とともに色ムラが見られ始めますので、それによって判別することもできるでしょう。性能や耐久性に大きな違いはありません。なので、好みに合ったほうを選ぶのが良いと思います。

いぶし瓦のメンテナンス方法

 耐久性が高く、メンテナンスフリーと言われているいぶし瓦(粘土瓦)ですが、瓦自体のメンテナンスは特に必要ありません。しかし、棟の漆喰や防水紙は、経年とともに劣化しますので、お手入れが必要です。
 どちらも地上から目視で確認することは難しく、特に防水紙は屋根材の下に敷かれていますので、劣化に気付くことはできません。防水紙の寿命は、使用している素材にもよりますが、20年とも30年とも言われています。築年数を目安に、お住まいの点検を受けることが大切です。
 私たち街の屋根やさんでは、お住まいの無料点検を実施していますので、劣化が気になり始めましたら是非、ご利用ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

あなたの屋根はどのタイプ? 屋根材別のチェックポイント
あなたの屋根はどのタイプ? 屋根材別のチェックポイント
あなたの屋根はどのタイプ? Your roof is what type?ご近所を見ても分かるように、屋根は形状も種類もさまざま 現在は様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいでも和風、洋風だけじゃなく、現代的であったり、伝統的であったりと実に多彩です。また、それに合わせて屋根も多様になっ…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格
 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。 瓦の差し替え工事 瓦の並び戻し工事  漆喰が剥がれることによって内部の土が露出…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント
  一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろ…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!