本瓦葺きと桟瓦葺きの違いとは

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月28 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

本瓦葺きと桟瓦葺きの違いとは

更新日 : 2020年04月15日

更新日 : 2020年04月15日

 瓦と言えば、最も親しみがあるのは和瓦や日本瓦と呼ばれるJ形瓦でしょう。最近では洋瓦のお家も増えましたから、おしゃれな南欧風のS形瓦やスタイリッシュなF形瓦の屋根も増えました。これらの瓦とは全く形状で、全く異なる葺かれ方をするのが、本瓦葺きなのです。
※この記事は5分程度で読了できます。

同じ瓦葺き屋根でも使われる瓦の形状は大きく違います

普通の瓦屋根 本瓦葺きの屋根

 瓦屋根と言うと、ほとんど方が思い浮かべるのが波形の和瓦(J形)が並べられた屋根ではないでしょうか。屋根の色は黒とグレーであることがほとんどだと思います。一方で住宅から目を離せば、寺社仏閣の中には荘厳としか言いようのない屋根も存在します。寺社や仏閣では建物全体に占める割合も大きいし、屋根の中では最も高貴な形状であると言われる入母屋です。大きな屋根であっても、下から上を見上げるような姿勢になってしまうので、あまりよくは見えないのですが、観察してみると一般的な家屋の瓦よりもかなり大きなものであることが分かります。寺社や仏閣の屋根は本瓦葺きと呼ばれる工法で、丸瓦と平瓦を使いながら葺いていきます。

 本瓦葺きは土葺きと呼ばれる工法で葺かれています。練った土を野地板の上におき、それを土台として瓦の角度や瓦同士の隙間を調整しながら葺いていく方法です。練った土ですから、かなりの重く、それだけ建物の重量増となります。

 

本瓦葺きの丸瓦とは

丸 丸瓦

 本葺きとも呼ばれる本瓦葺きに使われる丸瓦はその名の通り丸い瓦で、断面は半円に近い形をしています。屋根の面に沿って縦に繋げて並べられているのが特徴です。この丸瓦、下の平瓦の縁と縁を合わせた上に被せて、連結するように上へと伸ばしていきます。縁と縁の間から雨水が浸入を防ぐ役割があるのです。形状がそっくりな熨斗瓦の隙間から雨水の浸入を防ぐ冠瓦と同じ働きがあるのです。

 

本瓦葺きの平瓦とは

平瓦

 平瓦は丸瓦の下に敷かれている瓦になります。平瓦という名称ではありますが、緩いアーチ状になっており、中央に雨水を寄せて排水効率を上げるられるようにしてある形状をしているのです。丸瓦と平瓦が連携して雨仕舞を行うというかなり合理的な構造になっているところがすごてですね。どうも人類は同じように雨が降り、同じように瓦の素材となる粘度が手に入るような土地では最終的に同じような思考になるようで、沖縄赤瓦も同じような形状の瓦を同じように葺いています。また、スペインから輸入されたという初期のS瓦は半丸形状の瓦を雨が受けられるように曲面の部分を下に向けて並べ、その縁と縁の上に曲面を上に向けた瓦を被せていました。

 スペインから輸入されたという初期のS瓦は有名な三州瓦の地で改良され、下に葺く瓦と上に被せる瓦を一体化した現在のS形瓦に近いものが生まれました。現在の本瓦葺きの瓦も改良されて、今では丸瓦と平瓦が一体化した瓦が主流となっています。

 

桟葺きに使われる桟瓦とは

防水紙,瓦桟 瓦,外し

 桟瓦とは桟木に引っ掛けて固定する瓦のことです。桟葺きは現代の瓦屋根の一般的な葺き方で、野地板の上に設けられた桟木に瓦を引っ掛けて固定しています。文字通り、瓦の縁に設けられた突起を角材に引っ掛けているだけなので、簡単に取り外せます。不具合が出た瓦を周辺を分解やてっきょすることなく1枚単位で交換することができるというとても利便性に富んだ工法なのですが、完全に固定されているわけではないので、強風や地震で瓦がズレたり、落下したりという危険性があります。

 土葺きも同じように完全に固定されているわけではないので、ズレたり、落下したりすることもあるのですが、土に密着している分、そのようなことが起こりにくいと言われています。

 

本瓦葺きの屋根は極めて重い

有名な赤い柱 屋根が重くても丈夫な建物

 寺社や仏閣の建物は屋根も重厚ですが、その下の造りも重厚です。太い柱に太い梁、室内は体育館のような大きな空間を備えていることものも多く、とても魅力的に映ります。この重厚な造りは風格を持たせると言った意味がよりも、そうでなければ建物が屋根の重さに耐えられないという事情もあるのです。ただ、倒壊しにくいのは事実で全国の寺社や仏閣、神社などでは「大震災の時に避難してきた村人を守った」という数々の逸話が残されています。神仏に関わることですから、施工した職人も腕が良い方が数多く集められたのでしょう。重くても倒壊しない、しにくいというのはそういう事情もあるようです。

このページに関連するコンテンツをご紹介

重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!