FRP防水とは?ベランダやバルコニーの防水工事にはFRP防水がおすすめ

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月24 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

FRP防水とは?ベランダやバルコニーの防水工事にはFRP防水がおすすめ

更新日 : 2020年05月10日

更新日 : 2020年05月10日


お住いの雨漏りの発生原因は様々ですが、雨漏りの原因として意外と多い部分がベランダやバルコニーであることをご存じでしょうか。
街の屋根やさん千葉に雨漏りについてご相談をいただいたお客様のお住いを点検、調査してみると、ベランダやバルコニーが雨漏りの原因となっているケースが多く見受けられます。
ベランダやバルコニーはほとんど勾配がなく、四方が壁になっている構造となっているため、排水性が悪く、雨漏りが起こりやすい場所になるのです。
そのため、最も防水性が高い防水方法を行うことが、雨漏りを防ぐ方法にもなります。
そこで、最も防水性が高いといわれる防水方法、FRP防水について、本日はご紹介したいと思います。

ベランダ補修

 

FRP防水とは

まず、FRPとは何か、ご存じの方は少ないのではないでしょうか。
FRPとは、Fiber Reinforced Plastics(繊維強化プラスチック)の略称となっており、身近なところでも使用されています。
例えば、自動車や鉄道車両の内装や外装、浴槽など、私たちの身近なところで使用されているのです。また、深海で調査活動を行うために潜水調査船にも用いられているということで、とても防水性が高いものだということがわかります。
FRP防水とは、FRPの特徴を活かして耐久性の高い防水層を作ることができます。

車 潜水艦

ベンチ 車両

 

FRP防水のメリットとデメリット

FRP防水のメリットとデメリットをご紹介いたします。

FRP防水のメリット

・軽量
FRPは繊維とプラスチックの複合材で、プラスチック同様に非常に軽い性質です。
軽量なFRPを使用することでお住いの負担を軽くし、安全性の向上につながります。
・耐久性
FRP防水は摩耗性や耐久性、耐候性に優れています。そのため、歩行することが多いベランダやバルコニーには最適です。
・硬化が早い
ウレタン塗膜防水などは1層ごとに乾燥することを待たなくてはいけません、そのため早くても施工に4~5日はかかってしまうのです。しかし、FRP防水は硬化するまでの時間が非常に短いため、施工期間を短縮することが可能です。

・施工範囲によってひび割れが生じやすい
FRP防水は伸び縮みしにくいということから、建物の動きに追従できず、ひび割れが発生しやすくなります。
そのため、FRP防水を行う場合は動きの少ない小さい小面積に限られます。(鉄筋ならビル屋上駐車場も施工できます)
また、定期的に点検やメンテナンスは行うことが大切です。
・紫外線に弱い
FRPは本質がプラスチックの為、紫外線に弱い傾向があります。そのため、ウレタン塗膜防水同様にトップコートでの表面保護が必要となります。
・費用が高い
シート防水やウレタン塗膜防水と比べると少し費用が高くなってしまうFRP防水ですが、施工する箇所や方法を間違わない限りはとても優秀な防水工事です。


施工手順

① 高圧洗浄機などを使用し、施工部分の汚れを落として綺麗にします。
② プライマーを塗って下地とFRP防水塗料の密着度を高めます。
③ FRP防水用ポリエステル樹脂と硬化剤を混ぜて塗布します。
④ ③が固まったら、もう一度ポリエステル樹脂を塗り、FRP防水用ガラスマットを貼り付け、樹脂を塗布します。このとき、樹脂に空気が残ると防水層の膨れや浮きの原因となるため、脱法ローラーで空気を抜くのがポイントです。何度か樹脂を塗布し、層を作ることで防水性を高めます。FRP防水は二層で十分な性能を発揮します。
⑤ ④が固まったら、研磨機を使用してFRPの表面を削って、調整をします。その後、清掃、アセトン拭きで表面の油膜成分を取り除きます。
⑥ FRP防水の敵である紫外線から守るために、トップコートを塗ります。定期的にトップコートを塗り替えることで、耐用年数は長くなります。

④の工程で、ガラスマットを使用します。このガラスマットは、繊維状で見た目がザラザラしていますが、トップコートを塗る前に削るため仕上がりはあまり気になりません。また、足元が滑るのを不安に感じる方は、骨材入りのトップコートがおすすめです。
また、上記でご紹介した施工手順は例ですので、それぞれのお住まいにあった施工を行います。

FRP防水以外の防水工事の種類

FRP防水以外にも様々な防水工事があります。
それぞれの防水工事によって向き不向きがあります。
・シート防水
一般的な住宅の陸屋根・屋上向き
・ウレタン防水
塗布するタイプの為、複雑な形状でも施工可能
・アスファルト防水
大型ビル・マンションの広い屋上向き
・FRP防水
一般的な住宅のバルコニー・ベランダ向き

バルコニー 陸屋根

 

FRP防水の経年劣化と補修方法

FRP防水はとても耐久性が高く、雨漏りしにくいといっても、定期的に点検やメンテナンスは必須です。
そこでFRP防水の劣化ごとに必要な補修方法をご紹介いたします。・薄いひび割れが見える
表面に薄いひび割れが見える場合、これは防水層を保護するために塗布されたトップコートのひび割れになります。
そのためすぐに補修をしなくてはいけないような緊急性はありません。
しかし、放置してしまうと下地のFRP防水層の劣化が進み、雨漏りの原因ともなりますので、5~7年ごとにトップコートの塗り替えを行いましょう。・防水層の浮きや剥がれ
防水層の浮きや剥がれは密着力不足や雨漏りによる水分の蒸発が原因とされています。
小面積での浮きの場合は部分的にけれん掛けを行ってからFRP防水を再施工することがおすすめです。・雨漏りの発生
防水層の劣化により雨漏りが引き起った場合、下地の状態もしっかりと確認することが重要です。
水分が含んでしまっている場合は後々剥がれや浮きが生じますので、ウレタン塗膜防水による通気緩衝工法(絶縁工法)が採用されることが多いです。

密着工法と通気緩衝工法(絶縁工法)の違い

FRP防水に限らず、防水工事には密着工法と通気緩衝工法(絶縁工法)があります。その違いをご説明いたします。

密着工法とは下地に防水層を密着させてしまう工法で、主に新築時に選ばれることが多いものです。

通気緩衝工法は絶縁工法と呼ばれることもあるように、下地と防水層の間に通気緩衝シートなどを挟み、密着を防ぐ工法です。主に改修時に用いられます。下地と防水層を密着させない理由は下地に染み込んでしまった水分を排出できるようにするためです。下地に雨水が浸透してしまった場合、それが蒸気になると防水層が膨れてしまいます。水が水蒸気になった場合、その体積は約1244倍になります。よって防水層に浮きが出てしまうこともあれば、膨れてしまうこともあります。通気緩衝工法は水蒸気となった水を排出することを考えた工法で、床面の一番高い部分に脱気筒が設置してあります。水蒸気となった水はこの脱気筒を通して外部に排出されます。日常的に歩行するバルコニーやベランダの場合、脱気筒は文字通り筒状で出っ張っていますから、邪魔に感じることもあるでしょう。現在ではそれを感じさせることが少ない平べったい脱気盤もあります。


ひびわれ 汚れ

まとめ

防水工事には、シート防水やアスファルト防水、FRP防水がありますが、それぞれ施工する場所にあった防水工事を行うことがおすすめです。
また、防水工事を行った後も定期的に点検や必要であればメンテナンスを行うことが大切です。
街の屋根やさん千葉では、外壁や屋根以外にも、ベランダの防水工事の点検や施工も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事、お任せください
ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事、お任せください
 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。 目次【表示】 目次【非表示】 ・ベランダやバルコニーの屋…続きを読む
防水工事
防水工事
■防水工事のご案内 千葉 建物内への漏水を防ぐための工事です。言うまでもなく水分は建物の大敵です。木造の場合、大事な柱や梁を腐食させてしまいます。鉄骨の場合も、大事な骨組みにサビを発生させ、強度をどんどん弱くしていきます。木造でも、鉄骨でも、石造りでも、建物内部に浸入した雨水は壁や天井を変色・劣化させるだけでなく、カビも発生させてしまうので、ぜんそくやアレルギーといった健康被害も引き起こします。 適切なメ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!