屋根に雪止めを設置した際のメリットとデメリット

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月28 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

屋根に雪止めを設置した際のメリットとデメリット

更新日 : 2019年12月15日

更新日 : 2019年12月15日

texts texts
屋根の上に積もった雪の落雪を防ぐのが雪止めです。木更津市の年間を通じた降雪日数は意外に多く14日となっており、全都道府県では27番目に雪が降る地域となっています。ただ、降ったといっても雨交じりのため、積もらなかったり、数分程度の降雪も含まれますから、積もることは数年に1回程度です。実際の降雪日となると、年間数日程度というのが実情でしょう。
headlinesstrapline

メリットだらけの雪止め、果たしてデメリットはあるのか

columns
屋根の上に積もった雪
車に積もった雪
texts
雪の積もることが年間数日程度しかない木更津市でも雪止めの設置は必須です。屋根からの落雪はかなりの重量がありますから、カーポートなどの屋根に落ちれば屋根が破壊されるだけでなく、支柱ごと曲がってしまう場合もあります。この時、車が駐車されていたら、ダメージは免れません。またお隣との距離が近ければ、落雪がお隣の敷地内に落ちてしまうこともあります。お隣の敷地内に何か壊れやすいものがあれば落雪で破壊してしまう可能性もあります。

民法第218条では「土地の所有者は、直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根その他の工作物を設けてはならない」ということが定められています。落雪は雨水ではありませんが、固体となった雨水が隣地に落ちるという解釈もできますよね。屋根への雪止めの設置は絶対に必須なのです。
headlinesstrapline

屋根に雪止めを設置するメリット

columns
瓦屋根の雪止め
金属屋根の雪止め
texts
屋根からの落雪を防ぐことによって、それによって引き起こされるさまざまな被害を防止できるというのが最大のメリットです。雪止めがない場合、屋根に積もった雪は滑り落ちてきて雨樋にもたれ掛かります。こうなると雨樋が雪の重みを支えることになるので、変形したり、それに耐えられず破損してしまうのです。雨樋を守るという意味でも雪止めは必要なのです。

また、ドアなとへの着雪、積雪などで出入り口が塞がれてしまうケースもあります。裏口が屋根からの落雪など塞がれてしまう可能性もあります。いざという時の出入り口を確保する意味でも雪止めを設置する必要があるのです。
headlinesbyline columns
エコグラーニ
アスファルトシングルの屋根
texts
ジンカリウム鋼板製の屋根材の表面に石粒を吹き付けたエコグラーニなどのディーズルーフィング、同じくグラスファイバーなどに石粒を吹き付けたアスファルトシングルなどは表面がザラザラとしており、雪が滑りにくく落雪しにくい屋根として知られています。北海道科学大学の実験によるとアスファルトシングルは所定の雪止め機能を有すると評価されています。
headlinesstrapline

屋根に雪止めを設置した際のデメリット

columns
錆びた雪止め
金属屋根と雪止め
texts
雪止めは金属製のため、経年によって錆びていくことがあります。錆びると単純に美観が悪いだけでなく、他の部分に悪影響を及ぼすことがあります。金属はもらい錆という現象があり、錆びていない健全な金属に雨などで流れてきた錆が付着するとそこから錆が拡がっていくケースもあります。金属屋根の方は特に注意してほしいポイントです。アルミ製やステンレス製等、できるだけ錆びにくいものを選んでください。

雪国では屋根から雪下ろしすることも多いため、スコップなどが引っかかってしまう雪止めは付けません。雪止めを設置すると雪下ろししにくくなることも覚えておきましょう。ちなみに新築14年以内で垂木寸法が4.5cm×4.5cm、取り付けピッチが45cmの場合、屋根の上の積雪100cm以上が雪下ろしの目安とされています。
headlinesbyline columns
梱包から解かれた雪止め
設置された雪止め
texts
過去、街の屋根やさんでは点検を行ったお客様の屋根の上で雪止めが外れてしまい、雨樋の中に落ちているのを見たことがあります。また、お客様から「他業者に取り付けてもらった雪止めが何個か屋根から落下してきた」とご相談を受けたこともあります。

年間で数日~1週間程度しか雪止めを必要としない木更津市では雪止め設置を施工したことのない業者も多いのか、これらのようなトラブルも見受けられます。

設置する位置も重要であり、通常は外壁の真上となる屋根の上に取り付けます。他の部分に設置する場合は雪の重みが集中しないように千鳥配置にします。雪止め設置というと余程、大きな屋根でもない限り、1日以内に終わってしまう工事ですが、やはり信頼できる業者を選ぶことが重要です。
texts

このページに関連するコンテンツをご紹介

降雪による屋根の被害にご注意ください
降雪による屋根の被害にご注意ください
積雪による瓦の割れ【原因】 老朽化が進んでいた場合に起こりやすい現象です。劣化が進んでいる瓦は雪の重みで簡単に割れてしまいます。 割れた部分から、雪が内部へ侵入し、内部を腐らせてしまうことも・・・ 屋根の構造材の破損(折れ)【原因】 もともと弱っていた構造材が雪の重さに耐えきれなくなり、折…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

      雪止め デメリットに関連する新着ブログ

       一般的なお住まいの多くで使用されているスレート屋根材。スレート屋根は定期的に点検とメンテナンスが必要です。メンテナンスの種類には塗装や屋根葺き替え、カバー工法があります。  本日はスレート屋根のカ ...続きを読む
       皆様のお住いの屋根はスレートですか?それともトタンや瓦でしょうか?  一般的なお住いでよく使用されている屋根材といえば最近はスレートが一番多く使用されているかと思いますが、屋根材にはスレート以外に ...続きを読む
       皆さまのお住いの屋根の方はなんでしょうか?屋根の形状にはそれぞれ名前や特徴があります。また、屋根の形状によっては今後のメンテナンス方法なども変わります。 本日は屋根の形の種類とそれぞれのメリット、 ...続きを読む
       天窓を設置することで、風通しがよくなったり、室内が明るくなったりといったメリットがありますが、実は天窓からの雨漏りに関するご相談は多いのです。 天窓から雨漏りが発生してしまう原因には、天窓に使用さ ...続きを読む



      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!