葺き土を使用した土葺き瓦屋根の改修は引掛け桟瓦葺きがお薦め、お家の寿命もアップ

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月28 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

葺き土を使用した土葺き瓦屋根の改修は引掛け桟瓦葺きがお薦め、お家の寿命もアップ

更新日 : 2020年04月02日

更新日 : 2020年04月02日


このページは土葺き屋根から引っ掛け瓦桟への屋根葺き替え工事についてご紹介しています。約6分で読了が可能です。

土葺きとは

土葺きとは読んで字のごとく、土を使った屋根瓦の設置工法です。土葺き工法、または湿式工法などとも呼ばれており、「つちぶき」と呼ばれたり、「どぶき」と読まれたりとバリエーションがあります。
現在、新築ではこの土葺きは使われていません。この工法が主流だったのは明治から昭和の初めころまででした。瓦を水で練った土で固定するため、正確に、そして綺麗に設置するには技術が必要で、職人の腕によって仕上がりが左右されました。また現在では施工できる職人も少なくなってきています。
土葺きは大量の土を屋根に乗せるので、その重量に耐えうる躯体が必要であり、柱や梁なども最近の住宅よりも太くてしっかりした立派なもので造られていることが多いのです。

土葺きの屋根の工事 土葺き

 

土葺きのメリット

土が屋根に乗っているのでその重さはかなりのものです。そのため建物自体もしっかり作られており安定しています。他にも台風などの強風でも瓦が飛びにくいことや、夏場、屋根からの熱によって部屋の温度上昇するのを土があることで防ぐことや、冬場には暖房効果も期待できるといったメリットもあります。また、瓦の隙間から浸水しても土があるのですぐに雨漏りしないことや雨音の防音効果もあります。
通気性が良いことや防火、このように土葺きには様々なメリットがあります。

雨漏りで天井クロスが剥がれている 土葺きによってお部屋の温度を暖かく保つ

 

土葺きのデメリット

土葺きは昔ながらの工法で最近は使われていないと先ほど述べましたが、それには理由があります。大量の土を使うことで屋根が重くなります。それによって様々なデメリットがあります。

【屋根が重いことによるデメリット】
・地震による揺れによるダメージが大きい
・屋根の重量による負荷が大きいためそれに耐えうる材で施工する必要がある

土葺きが使われなくなった理由に関東大震災があります。このとき倒壊した建物の多くが土葺きだったことで、この後に建て替える上で土葺きが使われることがなくなりました。また、これまで大きな地震がなかった関西方面でも阪神淡路大震災で土葺きの建物が被害を受けたこともあり土葺き工法のお住まいは少なくなっていったのです(
地震についての詳細ページはこちらをご覧ください)。

地震によって屋根が倒壊している地震で曲がった棟

 

土葺きに変わる現在主流の引掛け桟瓦葺き

土で固定するのではなく桟木を設置しそこに瓦を引っ掛けて固定する工法が引掛け桟瓦葺きです。現在の瓦屋根はほとんどこの工法で施工されています。施工方法は、まずルーフィング(防水紙)を野地板に取り付け、桟木を取り付けてから瓦を葺いていきます。桟木に瓦の爪部分を引っ掛けて固定します。さらにズレを防止するために瓦を釘で固定することもあります。

現在の引掛け桟瓦葺きでも瓦の形状によっては葺き土が使われることもあります。瓦を設置する際に微妙な角度を調整したりするためです。葺き土というのは練った土のため雨水に弱く、晒されると土交じりの水となってどんどん流出していきます。そのため、瓦を支えきれなくなり、並びが乱れてしまうということも起こることが多かったのです。現在ではこの問題を解決するため、シルガードなど化学薬品を混ぜた南蛮漆喰などが使用されるようになってきました。シルガードなどの現代の南蛮漆喰は凍害にも強く、雨水に晒されても流出しないため、瓦屋根の耐用年数の長期化に貢献してくれます。

引っ掛け瓦桟工法

 

土葺きから屋根葺き替えをするメリット

土葺きのデメリットである土の重さ。土葺きから引掛け桟瓦葺きに変えることで土を使わなくなりますので、かなりの軽量化になります。それによって耐震性も上がりますし、釘で固定すれば飛散や落下することもありません。しかし瓦屋根よりももっと軽量な金属屋根材へ葺き替えることで耐震性はより向上します。もともと土葺きだった建物は躯体がしっかりしていることもあいまって建物自体の長寿命化にも繋がります。

 

土葺き屋根から引掛け桟瓦葺きへの屋根葺き替え施行事例

土葺きからの屋根葺き替え工事 土を撤去 土葺きからの屋根葺き替え工事 棟部分の解体

まずは瓦の撤去です。瓦を撤去していくと中には大量の土が設置されています。この土によって瓦が固定されているですが、経年劣化で痩せてきたり、雨水に晒されて流出したり、地震の揺れなどで瓦のずれが発生する場合があります。

棟部分も解体しますが、こちらにも土が使われております。引掛け桟瓦葺きにするにあたり、これらの土は撤去するため、土嚢袋などに詰めて地上まで下ろします。どうしても土埃が立つため、住宅密集地などでは大変気を使う作業です。

 

土葺きからの屋根葺き替え工事 野地板などの下地を作る 土葺きからの屋根葺き替え工事 トラックいっぱいに積まれた土葺きに使われていた土

土を撤去し、野地板の傷んでいる箇所などは増し張りしてから防水紙を設置、さらには軒と水平となる桟木、横桟を取り付けてていきます。この桟に瓦を引っ掛けて瓦を固定します。

 

土葺きからの屋根葺き替え工事 瓦を設置

瓦を元に戻して土葺きから引掛け桟瓦葺きへの工事は完了となります。
一般的な屋根葺き替え工事と工程はほぼ一緒になりますが、大きく違うのは土の撤去・処分です。ここにどれだけ手間がかかるかによって工事費用が変わってきますので、事前の調査をしっかり行いお見積りを確認しましょう。

震度7にも耐えられるガイドライン工法

 引掛け桟瓦葺きには、ガイドライン工法というものがあります。ガイドライン工法とは、台風や地震で瓦の飛散や落下を防ぐための「建築基準法が求める屋根の性能規定を満たすための工法」で、2001年に定められました。実際に、ガイドライン工法で施工された瓦屋根は震度7ほどの地震でも壊れなかったという実験結果もあり、東日本大震災の際には被害がほとんどありませんでした。ガイドライン工法が台風や地震に強い仕組みは、建物と屋根の頂点である棟を一体化させて、揺れに合わせて瓦屋根が動く構造にあります。土葺きは葺き土の重さに加え、建物と屋根がくっついていないため、揺れに弱いことがデメリットでした。これをくっつけることで、台風や揺れに強い屋根になります。
 施工方法は、まず専用の金具で建物と棟を繋ぎます。棟に使用されるのし瓦同士を銅線でくっつけます。その後、建物と棟を固定した金具に木材を付け、一番上の瓦からビスを打ち込んで留めます。
 このような手順で行われるガイドライン工法が現在では標準となります。

 

土葺きからの屋根葺き替え工事でお勧めの軽量な屋根材

 

ルーガ雅で屋根葺き替え工事

ルーガ雅

和瓦の意匠性を持ちつつ軽量を実現したハイブリッド屋根材です。瓦屋根のお住まいはそれだけでも重厚なイメージがありますので、そのイメージを維持しながら屋根を軽くすることができます。専用の釘を使って一枚一枚固定するので地震や台風などの強風でもずれにくくさらに耐久性が高く長持ちです。無機素材と樹脂繊維を組み合わせているため、割れにくいという特徴もあります。
ディーズルーフィング風雅
軽量で長持ちなジンカリウム鋼板が使われた金属屋根材です。重量は粘土瓦の1/7程度。金属屋根材といっても表面に天然石が施され美観性にも優れています。また、元々和のテイストのお住まいで、あまりイメージを変えたくないという方には「風雅」がお勧めです。基材の保証は何と30年ですから、メーカーもそれだけ自信を持っている製品です。

土葺きから屋根葺き替え工事をする総評(まとめ)

土葺きは現在では築年数が50年以上経っているお住まいや蔵などでほとんど使われているお住まいがないのが現状です。施工できる職人も少なく、今後も安心して長くお住まいいただく上では土葺きから別の屋根へと葺き替え工事することをお勧めします。

今回ご紹介しました屋根材以外にも、街の屋根やさんでは軽量で長持ちな屋根材を多く取り扱っております。気になる方はお気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう
 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというと…続きを読む
瓦屋根のチェックポイント|瓦屋根の修理なら街の屋根やさん千葉
瓦屋根のチェックポイント|瓦屋根の修理なら街の屋根やさん千葉
あなたの屋根は瓦屋根こまめな点検は必要だけど、無理は禁物です! お住まいの不具合は早めに発見してあげ、迅速に補修してあげるのが基本です。お住まいの傷みも少なくて済みますし、軽微であればあるほど費用もお安くなります。 不具合を早めに発見してあげるには定期的な点検の他、悪天候後の検査が必要です。しかし、…続きを読む
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
重くて固い瓦の落下は二次被害を招きます、だからメンテナンスが超重要
 台風などの強風で被害に遭いやすく、他の部分へ被害を拡大してしまうケースも多いのが瓦屋根です。ずれてしまうだけならまだしも、災害の規模が大きいと屋根から瓦が落下してきます。重くて固い瓦が落下すると、まず間違いなく落下地点のものを傷つけ、破壊します。2階屋根から1階屋根に落下すれば、その部分の瓦がほぼ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!