スレート屋根のひびや割れや脱落、補修する方法はあるの!?

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年07月03 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

スレート屋根のひびや割れや脱落、補修する方法はあるの!?

更新日 : 2020年03月31日

更新日 : 2020年03月31日

スレート屋根のひびや割れ以外に多い

割れたスレート屋根
現在、日本で最も普及しているのはスレート屋根と言われています。初期費用も安く、施工も時間がかからないことを受けてさまざまな新築ハウスメーカーが採用しました。だから、スレート屋根が多いのです。

他の屋根材に較べるとスレート屋根はひびや割れが多く見つかる屋根材です。平均すると1軒で数ヵ所程度でしょうか。屋根材の下端の微細な欠け、一部分の割れなどですぐに雨漏りに繋がるようなものではないのでご安心ください。
また、スレート屋根は下の屋根材と上の屋根材の重なりが多く、上の屋根材が割れてしまっても、あまり問題にならないケースが多いのです。

メンテナンスのサイン

スレート屋根のメンテナンス期間は約10年といわれています。お家を建てて10年ほど経った、前回のメンテナンスが10年ほど前といった場合には注意が必要です。下記のような症状が見られる場合はメンテナンスを依頼しましょう。

・棟板金が浮いていたり、棟板金を留める釘が抜けている
棟板金の落下の恐れがあります。また、台風や強風で棟板金が飛び、ご近所のお家を傷つけてしまったりと思わぬ事故に繋がります。

・屋根の色褪せ、色むら
スレート表面の色褪せや色むらは劣化の初期症状です。見た目も悪いですし、塗装の防水効果が薄れているサインです。

・カビや苔、藻が発生している
屋根の色褪せを放置すると、カビや苔、藻が発生します。防水性の低下が原因です。

・スレートのズレ、浮き
先ほどお話したスレートのひび割れに加えて、ズレや浮きも発生します。放置すると、スレートの隙間から内部に雨水が侵入し、雨漏りを引き起こします。雨漏りが発生した場合、大規模な工事になり、費用も高くなってしまう可能性があります。加えて、ひび割れやズレが広がっていくことも考えられます。

屋根に登って点検するのは大変危険なので、絶対にやめましょう。ベランダから一階の屋根をのぞいてみたり、遠くから確認しましょう。不安であれば、専門業者に点検に来てもらうのが良いと思います。

スレート屋根のひびや割れは直せます

スレート屋根のひび割れ スレート屋根の割れ
スレート屋根の屋根材のひび割れや欠けは欠けた部分があるなら、補修することが可能です。屋根材の下端の端などの微細な欠けは放置しておいても特に問題になるようなことはありませんので、ご安心ください。パミールなどの問題があるスレート以外は意外と丈夫なのです。

ひびや欠けはコーキングで接着

コーキングで補修 P5167597-e1577355589522
スレートにひびを発見した場合、そこにコーキングを擦り込んでそれ以上ひびが拡がらないようにします。欠けており、欠けた部分がある場合もやはりコーキングで接着します。欠けた部分がない場合は雨水が染み込んでこないよう、断面にコーキングを塗っておきます。上の画像のようにその補修跡は大変、目立つようになってしまいますが、屋根塗装を行うことによって違和感なく仕上げることも可能です。これで、何十年とはいいませんが、かなりの年数を安心して過ごすことができます。

私たち、街の屋根やさんではスレート屋根塗装を行う前には必ずひびや割れ、欠けの補修をコーキングなどで行い、その後に塗装しております。塗装は防水機能などの保全はもちろん、美観の為にも行うものだからです。

 

大きな欠けや脱落でも差し替えが可能だが…

スレートが脱落した屋根
スレート1枚の大部分が欠けてしまったり、スレート1枚が抜け落ち来た場合は新しいものと交換することも可能です。しかし、この場合、固定はコーキングのみとなりますので、固定力は弱くなります。また、無理に隙間を開けて棟方向にある奥の釘を切ったりするので、関係ないスレートまで割れてしまうということもあります。

差し替えできない部分がある

差し替えが行われたスレート 軒先部のすれとーは差し替え不可能

基本的に軒先の部分は接着できる部分に限りがあるため、差し替えは行いません。コーキングの接着力が低下すると落下してくる可能性があるからです。屋根カバー工法や屋根葺き替えをすることが決定しており、「あと数週間、持てばいい」といった時にしか行いません。世の中にはこういった修理を引き受ける業者もいるそうです。引き受けることについて否定はしませんが、お客様に最低限の危険性の説明はするべきです。

 

脱落は下地が問題を抱えている場合も多い

そもそも脱落はなぜ起こるのでしょうか。スレートは1枚につき4本の釘で固定されています。この釘穴を起点に割れてしまった場合、脱落が起こりえます。また、釘が錆びて形状を保てなくなった場合も脱落します。釘穴を起点に割れてしまうというのは施工不良か、その部分が集中して雨水を吸って脆弱化しているかのどちらかです。

通常、固定されるのに使用される釘は錆に強いステンレスで、さらに錆が発生しにくくなるようラスパート処理(特殊な化学処理)されています。それでも錆びてくるというのは常に水気を帯びているなどの問題がある環境のはずです。

波形スレートも同様の補修方法が可能です

工場や倉庫の屋根や外壁に使われている大波スレートや小波スレートも同様の補修が可能です。ひび割れをコーキングで補修したり、割れてしまった部分を部分的に差し替えることも可能です。また、屋根葺き替えはもちろんのこと、屋根カバー工法を選択することもできます。工場や倉庫のスレートについては工場・倉庫の屋根や外壁に使われる大波スレート(波板スレート)のメンテナンスについて」をご覧ください。

脱落してきたスレートに錆が見られたり、頻発する場合は屋根カバー工法や葺き替えが必要

脱落してきたスレートに錆がべったりとついていたり、脱落が頻発する場合はそろそろ屋根が耐用年数を迎えていると考えていいでしょう。差し替えではなく、屋根カバー工法屋根葺き替えと言った屋根リフォームで問題を解決すべきです。差し替え1回の費用は安いかもしれません。しかし、「いつ脱落するのか」と不安を抱えたまま毎日を過ごすより、屋根カバー工法や屋根葺き替えと言った屋根リフォームで安心の日々を獲得する方が精神的に楽なのではないでしょうか。

 

屋根カバー工法とは

割れた部分をガルバリウム鋼板に差し替えスーパーガルテクトで屋根カバー工法
これまでの屋根の上に新しい屋根材を被せるという工法です。既存の屋根に新しい屋根を重ねて葺くことから「重ね葺き」とも呼ばれます。これまでの屋根を解体せずに新しい屋根を被せるため、廃材がほとんど発生しない、工期が短い、屋根が二重になるので断熱性や遮熱性もアップするなどのメリットがあります。屋根カバー工法では屋根の上に屋根を重ねるため、どうしても屋根全体の重量が増してしまいます。そのため、軽い金属屋根材が使われます。金属屋根材の重さは1㎡あたり約5~6kgです。ちなみにスレート屋根は1㎡あたり約20kgですから、金属屋根材はかなり軽いことが分かります。

 

屋根葺き替えとは

屋根葺き替えとはseko10
これまでの屋根材を撤去し、新しい屋根を葺いていくのが屋根葺き替えです。これまでの屋根材を解体・撤去するで、防水紙だけでなく、野地板や垂木、母屋などもお手入れするとが可能になります。耐震性の問題から、これまでの屋根材より重いもので葺くことは不可能ですので、同程度のものか軽いものを選ばなければなりません。スレート屋根の場合、再びスレートかアスファルトシングル、または金属屋根材が選べます。費用がかかるのがデメリットですが、屋根そのものが刷新されるため、長く安心して過ごせるというメリットがあります。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!

      質問してね!

      私は街の屋根やさんの人工知能、AIコンシェルジュ!
      何を知りたい?

      9:03

      質問してね!