雨漏りを防ぐ屋根の最後の防御網アスファルトルーフィング(防水紙)

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月24 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?
台風12号接近中!台風への備えはできていますか?

雨漏りを防ぐ屋根の最後の防御網アスファルトルーフィング(防水紙)

更新日 : 2020年04月28日

更新日 : 2020年04月28日

街の屋根やさんのサイトでは「防水紙」と呼んだり、記載しているものがアスファルトルーフィングにあたります。屋根材の下に設置されるため、一般の方がほとんど見る機会がないけれども、非常に重要な建材でこのアスファルトルーフィングが室内への雨漏りを防いでいると言っても過言ではないのです。このアスファルトルーフィングには種類がありますので、屋根葺き替えや屋根カバー工法時にどのような防水紙を選ぶべきかをアドバイスしていきます。※このページは約6分程度で読了できます。


 街の屋根やさんのサイトでは「防水紙」と呼んだり、記載しているものがアスファルトルーフィングにあたります。屋根材の下に設置されるため、一般の方がほとんど見る機会がないけれども、非常に重要な建材でこのアスファルトルーフィングが室内への雨漏りを防いでいると言っても過言ではないのです。このアスファルトルーフィングには種類がありますので、屋根葺き替えや屋根カバー工法時にどのような防水紙を選ぶべきかをアドバイスしていきます。
※このページは約6分程度で読了できます。

アスファルトルーフィングとは屋根の防水紙のことです

DSC_0591_R-columns11-e1580374446658

 普段は気にしませんが、表意文字である漢字は便利なものです。上の画像、一番大きく印刷されている文字は「屋根下葺き材」です。これだけでも何となく「屋根の下に敷くものだろうか」、「屋根材の下に葺いていくものだろうか」と想像できますよね。少なくとも屋根に大きく関係するものだということは分かります。

 では、「防水紙」はどうでしょうか。文字通り、防水加工された紙と容易に想像はできるのですが、それを聞いただけではその用途が全く分かりません。屋根工事業者がよく口にする「アスファルトルーフィング」はどうでしょうか。一般の方はお手上げだと思います。

 実はこれ、屋根材に限定してしまえば、全て同じものを指しているのです。つまりは「屋根下葺き材」=「防水紙」=「アスファルトルーフィング」なのです。具体的には屋根材の下に設置される防水性のある紙(繊維)のことなのです。

 

アスファルトルーフィングの役割は雨漏りを防ぐこと

屋根工事 防水紙の敷設

 屋根というのは表面の屋根材、そしてその下のアスファルトルーフィング(防水紙)で室内への雨漏りを防ぐ仕組みになっています。瓦屋根やスレート屋根には通気のために隙間が設けられています。この隙間、気体が通るだけならいいのですが、強風を伴った横殴りの雨などの場合はここから屋根内部に雨水が浸入してしまうこともあるのです。そういった際に室内側へ雨水を到達させずに排出できるよう、設置されているのがアスファルトルーフィング(防水紙)です。

 最初に雨を受け流す屋根材は一次防水であり、屋根材の下に浸入してきた雨水を室内側へ到達させないようにするのが二次防水、これらダブルの守りで建物は雨を防いでいます。

 

アスファルトルーフィングにはさまざま種類が存在

 アスファルトルーフィング(防水紙)には様々な種類が存在します。新築時に用いられることの多いオーソドックスなもの、改良され耐用年数が延びたもの、固定に釘やタッカーなどが不要な粘着層を持ったもの、湿気を排出する機能を持ったものと実にさまざまです。さまざまな種類があるアスファルトルーフィング(防水紙)ですが、その違いは機能の他、耐用年数となって現れます。当然のことながら、価格と耐用年数は比例し、高いものほど長くなります。

 

止水性は高いが耐用年数10年程度と言われるアスファルトルーフィング

7644cb01f62d44e4b2252e005f510c91_s1 dc4e5a0ed1fdaf52063c95c5a43d5fce_s

 最もオーソドックスな防水紙であるのがアスファルトルーフィングです。新築時に最も使用されていると言われる防水紙で、止水性も充分な能力があると言われています。ただ、その耐用年数は15年~20年とも言われており、破れやすいとも言われています。新築時にこのような防水紙が使われているのはコストカットのためとも言われています。

 

ワングレード上の改質ゴムアスファルトルーフィング

ゴムアスルーフィング 改質アスファルトルーフィングと明記されている

 基材である原紙に改良したアスファルトを含侵させたルーフィングです。改質アスファルトルーフィングや改質ゴムアスファルトルーフィングと呼ばれることが多く、名称の一部に「ゴム」という言葉が使われていることから分かるように成分にゴムが含まれています。耐用年数は13~17年と言われています。

 

固定に釘が不要の粘着層付き改質アスファルトルーフィング

下地に粘着するタディスセルフ 屋根カバーに最適
下地に自着する粘着層を持っているのが粘着層付き改質アスファルトルーフィングです。しかも、粘着は遅延型なので何回も貼り直すことができるという優れものです。アスファルトルーフィングになぜ粘着層が必要かというと、自然に接着してくれるとなれば、固定するために打つ釘やタッカーの針も少なくて済みます。釘やタッカーの針が少なくなれば、漏水するリスクがある箇所も減るのですから、雨漏りしにくくなりますよね。また、下地に密着するので雨水の通り道となる間隙も少なります。こういったところでも雨漏りしにくいアスファルトルーフィングと言われています。

 

湿気を排出する透湿ルーフィング

湿った野地板

屋根の下の小屋裏(天井裏)は意外に湿気が多く、そのことによってアスファルトルーフィングや野地板、垂木が傷んできます。こういった湿気を逃がしてくれるのが透湿ルーフィングです。透湿ルーフィングは非常に高価ですが、耐用年数は50~60年と言われています。透湿性のないアスファルトルーフィングを使用し、野地板、垂木が傷んで修理することを考えれば、透湿ルーフィングのランニングコストはむしろ安いとさえ言われています。



 

透湿系と非透湿性のアスファルトルーフィング

アスファルトルーフィングは湿気を排出する「透湿系」と湿気を排出することよりも防水性に優れた「非透湿系」の2つに分けられます。先程ご紹介した、4つのアスファルトルーフィングも透湿系、非透湿系に分類できます。透湿ルーフィングは名前の通り、透湿系です。それ以外のアスファルトルーフィング、改質ゴムアスファルトルーフィング、粘着層付き改質アスファルトルーフィングは非透湿系です。それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

透湿系のアスファルトルーフィングである透湿ルーフィングは、屋根の下の湿気を逃がすことに優れているので、雨漏りだけでなく、屋根材などの劣化も防ぐことができます。結露が発生しやすい屋根断熱住宅におすすめの防水紙です。重さも、アスファルトルーフィングに比べて軽量なので屋根材への負担が少ないのも特徴です。一方デメリットは、やはり費用が高くなってしまうことです。また、屋根材が直貼り工法であるスレート屋根、シングル屋根などでは、通気構法を併用する必要があり、手間がかかってしまいます。
非透湿系のアスファルトルーフィングは、種類によりますが、透湿系に比べて比較的安価です。また、防水性も優れているといわれています。一方デメリットは、湿気を逃がす力を持っていないので、結露により野地板が痛んでしまうことです。透湿ルーフィングに比べると、耐用年数は低いこともデメリットです。

 

おススメは透湿ルーフィング

これから新築でお家を建てるという方は初期コストは上がりますが、透湿ルーフィングにしてもらうのが正解です。屋根葺き替えや屋根カバー工事をするという方は「お家をあと何年持たせたいか」でアスファルトルーフィングを選びましょう。

ただ、その時は「あと15年持たせたい」と考えたしても、実際に15年後になってみたら、「あと5年は住み続ける必要がある」となるかもしれません。そういった時のことを考えて、やや長めの耐用年数のものを選ぶことも忘れないでください。

 

施工品質にも着目してください

いくら高性能の防水紙を使っても、施工品質が悪ければ雨漏りしやすくなることは分かりますよね。野地板と屋根材の間に設置される防水紙は、外からも小屋裏からも確認することができません(瓦屋根は屋根材がはずせるものが多いので別)。屋根葺き替えなどの工事で稀に見かけるのですが、屋根材を解体していくと防水紙と防水紙がしっかり重ねられておらず、隙間があったりすることがあります。また、酷いものになると数十センチ四方程度ですが一部に防水紙が全く貼られていないというものもありました。おそらく、工期が短く、完成を優先させたため、防水紙を敷設することを省いたのでしょう。中には屋根の知識が全くないのに工事をしている業者も存在します。

街の屋根やさんでは1つ1つの工程をしっかりと写真に収め、どのような工事を行ったのかをお客様が明確に分かるようにしています。屋根リフォームを行う際には施工をしっかり行ってくれる業者、保証内容もしっかりしており明確な業者をお選びください。リフォーム瑕疵保険への登録業者であること、さらに建設業の許可を取得している業者であれば、信頼できる業者と言えるでしょう。

このページに関連するコンテンツをご紹介

防水紙(ルーフィング)の重要性
防水紙(ルーフィング)の重要性
目次【表示】 目次【非表示】 ・雨漏りの浸入について ・できるだけ高性能な防水紙を選びましょう  -お勧めは改質アスファルトルーフィングで粘着式です!  -防水紙の固定方法は2つあります ・防水紙(ルーフィング)一覧  「数年前にちょ…続きを読む

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!