軒ゼロ住宅は雨漏りのリスクが高い!?対策方法とは

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年09月17 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

軒ゼロ住宅は雨漏りのリスクが高い!?対策方法とは

更新日 : 2020年03月27日

更新日 : 2020年03月27日

 日本の古民家では、「軒(先)」が長いお家が多くなっています。軒が長いことで、外壁に直接雨水が掛かりにくくなり、また、夏は日差しを防ぎ冬は暖かい日差しを取り込むことができるのです。
しかし、近年では「軒がない」または「軒が短い」、『軒ゼロ』の住宅も大変人気だそうです。
軒の役割をご存知の方は、軒ゼロ住宅と聞くと雨漏りのリスクが高くなるのでは?と疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。
この記事では、『軒ゼロ』住宅と雨漏りのリスクの関係性、雨漏りの対策についてお話してまいります。

軒ゼロ住宅とは?

ケラバの出 軒の出が短い

 まず、どのような住宅が『軒ゼロ』住宅と呼ばれているのかお伝えします。
軒ゼロ住宅とは、冒頭でもお話した通り、”軒がない”または”軒が短い”住宅のことを指します。
“軒がない”、”軒が短い”というと抽象的になってしまいますが、軒ゼロ住宅に分類する際の具体的な軒の長さも決まっています。

 一般的な住宅には通常「軒の出(軒)」が存在します。「軒の出」とは、屋根の平側で外壁から外側にある屋根部分の長さのことです。長さは、屋根の水平部分で測ります。
また、切妻造や入母屋造などの屋根の妻側で外壁から外側にある屋根部分の長さのことは、軒の出とはまた別の呼び名で呼ばれており「ケラバの出」と呼びます。
「軒の出が25cm以下」、「ケラバの出が15cm以下」の住宅が『軒ゼロ』住宅に分類されているのです。

 軒ゼロ住宅がどんな住宅であるのかわかったかと思います。
では、次は軒ゼロ住宅のメリットとデメリットついてお話してまいります。

軒ゼロ住宅のメリットとデメリット

 軒ゼロ住宅が近年人気といわれているなら、人気である理由があるはずですよね。
まずは軒ゼロ住宅のメリットを見ていきましょう。

軒ゼロ住宅のメリット

広い室内 コストの軽減

室内スペースが広い

 もちろん、せっかく住むならお家の中は広い方が嬉しい方が多いですよね。
一般的な住宅は、敷地内に軒も納めなくてはいけないため、軒を設ける分、室内のスペースも縮小しなくてはなりません。
狭小地だとさらに室内スペースは狭くなってしまうでしょう。
しかし軒ゼロ住宅は、軒が短いことにより、狭小地でも室内のスペースを比較的広く確保することができます。
室内が広くなるというのは、とても嬉しいメリットですね。

コストの軽減

 軒が短いことにより、軒の分の建材も必要がなくなるため、若干ではありますが建築時のコストを抑えることができます。
少しでもコストを抑えたい、という方には嬉しいメリットですよね。
また、軒が短いことで窓から日光を多く取り込むこともできるため、窓を設置する場所によっては電気代の節約にも繋がるかもしれません。

耐震性の向上・個性的なデザインである

 軒を短くすることで屋根の総重量もその分減らすことができます。屋根の総重量が軽くなることで、耐震性の向上も期待できるのです。
また、軒が短いことでお家のデザインに個性を出すこともできます。

 以上のメリットから、近年では軒ゼロ住宅の人気が上昇しているのです。
では、軒ゼロ住宅のデメリットとは何でしょうか。

軒ゼロ住宅のデメリット

雨漏りのリスクが高くなる

 軒ゼロ住宅の最大のデメリットは、「雨漏りのリスクが高くなること」です。
一般的な住宅は、軒が長いことで雨水から外壁などを守ってくれているのですが、軒ゼロ住宅は、軒が極端に短いため、その分雨水が外壁にかかってしまう確率が高くなります。
外壁に直接雨水がかかってしまうことにより、外壁に苔や藻が発生する原因にも繋がり外壁の劣化の進行を早めることはもちろん、サッシ(窓枠)や、屋根と外壁の取り合い部分から雨水が浸入し腐食の原因にも繋がります。
外壁にクラック(ひび割れ)があったり、窯業系サイディングなどの住宅の方はコーキングやシーリングが劣化し亀裂や隙間が発生していると、その部分から雨水も浸入していきます。

コーキングやシーリングの劣化 雨樋の水漏れ

 「雨樋があれば大丈夫なのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、雨樋に破損などの何か不具合が生じると、外壁に直接雨水がかかってしまいます。
軒がない、または短いことで、住宅の被害で深刻な状態の一つである「雨漏り」のリスクを高めてしまうのです。

 では、軒ゼロ住宅の最大のデメリットである「雨漏り」の対策方法とは一体何でしょうか?

雨漏りの対策方法

 軒ゼロ住宅での雨漏りの対策方法は、何といってもやはり「メンテナンスをこまめに行うこと」です。
一般的な新築の住宅のメンテナンスは、10~数十年を目安に、といわれることが多いですが、軒ゼロ住宅は10年程でメンテナンスを行った方が良いでしょう。

特に雨漏りが発生しやすい箇所

・屋根と外壁の取り合い部分

 軒が短い場合、屋根と外壁の取り合い部分に直接雨水が当たることになります。取り合い部分に不具合が生じている場合、雨漏りの原因にもなります。雨漏りを防ぐためには、専門の業者に依頼し、定期的に点検することをお勧めします。

・サッシ

 サッシのコーキングやシーリング部分も雨漏りが発生しやすい箇所となります。
豪雨の際に雨漏りしてから初めてサッシの異常に気づくこともあります。
雨漏り対策のためにも、定期的な点検が必要です。

・外壁のクラックやコーキング、シーリング部分

 外壁にクラックが発生していないか、コーキング、シーリングに亀裂が入っていないかチェックしましょう。
もし上記の症状が見受けられた場合は、亀裂部分より雨水が浸入し腐食の原因にも繋がるため、補修をご検討した方が良いかもしれません。

サッシ 軒ゼロ住宅

 軒ゼロ住宅は、雨水が外壁に直接当たってしまうため、外壁の劣化を防ぐためにも塗装を行う際には防水性の高い塗料や低汚染塗料のナノコンポジットWなどを使用することをお勧めします。
また、軒が存在しない陸屋根の住宅やキューブ型の住宅などでは、笠木やパラペットからも雨水が浸入しやすくなっています。
笠木やパラペットもお家の高い位置に存在するため、専門の業者に点検を依頼しましょう。
私達、街の屋根やさんでは、無料で点検も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

日光と雨に晒されるので外壁も傷みやすい

 一般的にお住まいの陽当りがいいことは良いこととされていますが、あまりに日当たりがいいのも考えものです。建物も日焼けします。人間の肌と同じで建物の日焼けもダメージに繋がります。軒ゼロ住宅は軒がない分、太陽光が当たりますのでその分、日焼けしやすいのです。また、軒がない分、雨も大量にかかります。雨も建物にとっては天敵です。雨漏りリスクが高いだけじゃなく、傷みやすいことも知っておいてください。軒ゼロ住宅を選んだ方はそのスタイルや外観が気に入った方がほとんどだと思います。そうなると、外壁などの色褪せは非常に気になるのではないでしょうか。色褪せイコールダメージの発生ですから、早めの外壁塗装をお勧めします。外壁塗装などのメンテナンスを面倒に感じる方もいらっしゃるでしょう。そういった方には耐用年数の長いフッ素塗料や無機塗料での外壁塗装をお勧めします。外壁の色を変えてイメージチェンジしたいという方は色褪せしにくい色を選ぶのもいいでしょう。色褪せしにくい色で耐用年数が長い塗料、シーリングにも耐用年数が長いオートンイクシード等と組み合わせをお勧めします。

まとめ

軒ゼロ 軒ゼロの住宅

 『軒ゼロ』住宅は、室内スペースを広く確保できたり、スタイリッシュな外観であったりと、メリットもあります。
しかし、外壁になどに直接雨水が当たることになるので外壁の劣化の進行を早めたり、雨漏り発生のリスクも高くなっています。
軒ゼロ住宅をご検討の際は、こまめな点検やメンテナンスが必要なことと、雨漏りの対策が重要であることを覚えておくと良いでしょう。
また、私達、街の屋根やさんでは、雨漏りの修理も行っております。
軒ゼロ住宅にお住まいの方で、雨漏りが発生した場合は、私達、街の屋根やさんにおまかせください。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!