台風25号の強風で受けた方、火災保険が適用できます

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、前回の台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

新築でも瓦屋根のお家が減っている理由

更新日:2017年12月3日
このところ、瓦屋根のお家が少なくなりました。街の屋根やさん千葉がある袖ケ浦市あたりは新築の戸建ても増えているのですが、瓦屋根という造りはやはり少なくなっているのが現状です。数ヶ月前、新築を建てた(購入)というスタッフお家はスレート屋根です。
新築のお住まい
その新築を建てた購入したスタッフに話を聞いて見たところ、「屋根はスレートとアスファルトシングル、どちらかから選ぶようになっており、最初から瓦は設定されていなかった」そうです。そのスタッフは新築を購入する際、さまざまなハウスメーカーを訪れたのですが、最初から瓦屋根の設定がないお家も多かったそうです。これには理由があります。
建築基準法には一般住宅の耐震基準が明確に定めてられており、簡単に説明いたしますと地震係数が「瓦屋根の建物」と「瓦屋根以外の建物」に分けられています。地震係数とは耐震に必要な柱や耐力壁の数であり、屋根が重い瓦屋根の建物は必然的にこの係数も高めになります。係数イコール耐震に必要な柱や耐力壁の数ですから、瓦屋根の建物よりも瓦屋根以外の建物はその数も少なくなります(少なくても耐震性は同等)。
建物と設計
新築建設中
地震係数は「瓦屋根の建物」と「瓦屋根以外の建物」に分けられています。ハウスメーカーとしては「瓦屋根の建物」と「瓦屋根以外の建物」、それぞれの耐震基準を計算して設計し、それぞれの建築資材を用意しなければなりません。最初から「瓦屋根以外の建物」だけにしてしまえば、設計も建築資材も共通化できますから大きなコストカットになります。こうした合理化で新築のお家がお安く提供されるのは消費者にとって大きなメリットです。もちろん、瓦屋根の新築を用意しているハウスメーカーもありますが、以前に較べると選択肢は減っているのです。

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!