台風対策、雨漏りなどは街の屋根やさんへ

屋根に積もる雪、その重さってどれくらい?

更新日:2016年10月25日
南関東に住んでいると、冬に雪深い地方の映像を見ているとちょっと憧れてしまうこともありますが、雪国の生活は大変です。そして、その関東地方の都市部は少しでも積雪すれば、その機能を停止してしまうことがほとんどです。ここで気になる疑問なのですが、積雪ってどのくらいの重さがあるのでしょうか。
かわいい雪だるま
キッズにとって雪の日はパラダイス
降り積もる雪
家屋に降り積もる雪
水の重さは1ℓで1kg、1で1000kgです。雪の重さはこれよりも軽くなりますが、雪質によっても変化します。

新雪…1で50~150kg

こしまり雪(降り積もってやや固まった雪)…1で150~250kg

しまり雪(自重で固くしまった雪)…1で250~500kg

ざらめ雪…300~500kg

仮に屋根に1m積もったら、これだけの負担になるのです。500kgといったらガルバリウム鋼板の金属屋根全体(約100㎡)とほぼ同じ重さです。
瓦屋根
瓦屋根の重さは1㎡あたり約60kg
ガルバリウムの屋根材
ガルバリウム鋼板の金属屋根の重さは1㎡あたり約5kg
重いと言われている瓦屋根でも1㎡は約60kgしかありません。この上に雪が積もったら、さぞ大変だと思われますが、実は積雪地帯とそれ以外の地域では建築基準が違います。しっかりと雪の重みに耐えられるようになっているのです。ちなみに積雪地帯では屋根に50cm積もると要注意、90cm積もると危険とされています。屋根の上に1㎡あたり250kgの重量物が載っても耐えられるようになっているのです。もし、積雪の最中に大きな地震が起こったら? そうしたことも考えて雪下ろしは実行されているようです。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!