千葉は地震リスクがかなり高い!?

更新日:2017年4月19日
2016年4月14日の前震からはじまった熊本大地震は先日、発生から1年を迎えました。熊本県内では最大18万4000人に上った避難者のうち、まだ約4万5000人が仮設住宅などで暮らしており、不自由な生活を余儀なくされているそうです。1日も早い復興をお祈りします。
熊本大地震で倒壊した鳥居など
熊本大地震で倒壊した鳥居。倒壊の危険性があるところには近付かないほうがいい。
政府の地震調査期間である地震調査研究推進本部では「全国地震動予測地図」の平成28年版において、今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率を地域別(県庁所在地)に発表しています。その中でもトップだったのは何と千葉市で85%! にわかに信じたくない数字ですが地震国の政府機関の発表です。ただ、熊本大地震は8%弱とされていた地域で起こっていますから、起こる確率が高いからといって必ず起こるわけではありません。しかし、東海から東北の太平洋沿岸は複数のプレートが存在するので、リスクはかなり高いと言えるでしょう。
高層マンション
地震によって中層階より下が崩れることも
寝室
自宅が2階建の場合、2階で寝ることで一次被害を防げることも
起こるか分からないことを心配するのは杞憂ですが、未来のリスクに対して備えをしないのもおかしな話です。地震の際、建物の倒壊のモデル図としてパンケーキクラッシュが知られています。これは複数階の建物の場合、揺れと重みによって中層階より下が潰れてしまうというものです。2階建の場合、就寝時に地震に襲われても2階で寝ていればそのリスクを回避することができます。地震に有効な屋根リフォームとして軽い屋根に葺きかえることもお勧めですが、軒天や破風、鼻隠しを補修する場合、不燃材を使用することによって火災の拡がりを防げます。不燃材を使用することも火災などの二次災害を防ぐ防災リフォームなのです。



■お住まいの屋根工事ここがポイント

■点検・お見積り・ご相談無料!

ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!