君津市|雨漏り発生!アールロックでの屋根葺き替え工事で改善

足場アイコン 屋根葺き替えアイコン 雨漏り修理アイコン

施工内容屋根補修工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

before
屋根葺き替え施工前
horizontal
after
屋根葺き替え工事完了
【お問い合わせのきっかけ】
天井から雨漏りが発生してしまったと君津市のT様よりお問い合わせを頂きました。
部分的な雨漏りでしたら補修も可能ですが、屋根の経年劣化も酷い為、今回は全体的な屋根葺き替え工事を行っていきます。

【施工内容】
屋根葺き替え工事(アールロック嵌合式)

雨漏り
屋根雨漏り
室内からの状態です。天井に黒い染みとカビの発生が起こりました。
雨漏りが発生してからそれ程時間は経過していないと伺っておりますが、実際に室内で漏水を確認するまでにはかなりの時間が経っています。

また、雨漏りを起こした際にその場所の真上で雨漏りを起こしているとは限りません。木造でも鉄骨造でも、違う場所で雨漏りを起こし、構造を伝っている可能性もあります。
小屋裏
屋根点検
必ず小屋裏も点検し雨漏りの箇所を特定する必要があります。今回は広範囲に渡って野地板に雨染みが付いており、雨漏りの被害は酷いように感じます。

屋根の状態を上から見ていきましょう。
瓦棒錆び
錆び
屋根材はトタンとも呼ばれる瓦棒屋根です。
緩勾配の屋根でも施工が可能な事から多くの住宅でも使用されていますが、従来の屋根材はやはり耐久性に乏しく、錆びやすいです。

塗膜が劣化し、錆が発生し始めてしまうと徐々に拡大し穴あき等が起こる可能性があります。
塗膜剥がれ
塗膜の劣化だけでなく、飛来物が当たると屋根材自体も剥がれてしまいます。
見て分かるような大きな破損はなく、雨漏りの直接的原因は見られませんが、築25年程度と考えると防水紙(ルーフィング)の劣化が考えられます。
トタンはカバー工法でも補修は可能ですが、重量と下地の損傷を考え、屋根葺き替え工事にシフトしていきます。
屋根剥がし
屋根剥がし
屋根葺き替え工事は名前の通り屋根材の交換を行います。その為、既存の屋根材を一度剥がし、下地を補修してから新規の屋根材を葺いていきます。
カバー工法が既存の屋根材に重ね葺きをする点と比較すると、撤去処分費用が必要となりますが、下地の劣化を確認し、基礎から補修が可能な屋根葺き替えは住宅にとっても非常に必要な作業です。

防水紙
下地
屋根材を全て剥がした状態です。この防水紙が劣化し破れてしまうと、屋根材に異常がなくとも雨漏りが発生します。
更に野地板までも腐食し、作業中にボロボロと穴が開いてしまいました。

垂木はしっかりとしていますので、恐らく経年による劣化で傷んでいたのでしょう。
合板
野地板
下地の補強のために野地板を増し張り施工していきます。通常9~15㎜の合板を使用していきますが今回は12㎜です。
薄ければ何の効果も得られませんし、厚い合板を使用することで費用も嵩む他、重くもなります。
築30年以上経過している場合は野地板の劣化も考えられますので、横着はせずに下地の補強を行いましょう。
ちなみに太陽光パネルを取り付ける場合には、野地板が12㎜に達していない場合は保証の対象にならない可能性もあります。
後々問題となりそうな場合はまずは点検、現状に合わせて補修を行う必要があります。
水切り
ルーフィング
野地板の増し張り後は屋根材取付に合わせ役物の取りつけも行います。まずはケラバ・軒先唐草を設置し、防水紙の張り付けです。
防水紙は屋根からの雨漏りを防ぐ要です。その為誤った施工を行うと、シートがあっても雨漏りを起こしてしまいます。
必ず、軒先から棟に向かって重ねていきます。
アールロック
立ち上げ
続いては屋根材の取りつけです。今回は株式会社協和の嵌合式、アールロックを使用していきます。
瓦棒が芯木を用いて施工するのに対し、嵌合式は屋根材同士の立上りを嵌めて接着します。
屋根材間の納まりはもちろん、棟板金の貫板まで板金を立ち上げていきますので、優れた防水性をもっています。
棟板金
屋根葺き替え工事完了
棟板金はシーリングを充填し、接着と内部への雨水侵入対策です。
固定には錆びにくいSUS製のビスを打ち込み、釘施工よりも高耐久の屋根に仕上げました。
以上で、屋根葺き替え工事が完了です。下地の補強までしたことで撓みも起きない屋根に完成です。

今回使用したアールロックは1~1.5寸程の緩勾配屋根でも施工可能、更には長尺、アールの屋根にも対応出来ます。
シンプルなデザインで屋根の一部に使用しても違和感がありません。
屋根の葺き替え工事の際に是非ご検討してみてはいかがでしょうか?
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別)散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん千葉中央店

      1. 電話 0120-990-366
        株式会社シェアテック
        1. 〒261-8501
          千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB棟3階MBP設立準備室
          店舗詳細はこちら
      1. お問い合わせはこちらから

         街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。

        屋根工事なら街の屋根やさんポータル

        その他の地域の方はこちら

        屋根補修工事に関連する新着ブログ

        千葉市中央区大巌寺町にて日本瓦のズレと割れ、軽量で地震に強い金属屋根葺き替え工事
        千葉市中央区大巌寺町にて日本瓦屋根の調査を実施致してきました。最近外壁の塗装工事をされた際に職人さんから屋根がおかしいと言われた事がきっかけになったそうです。塗装屋さんでは瓦の事は分からないとの事でし ...続きを読む
        千葉市稲毛区黒砂台にて瓦屋根から雨漏り、原因は防水紙の劣化が原因でした
        千葉市稲毛区黒砂台にて雨漏り調査を実施してきました。瓦屋根のお宅で室内の天井から雨漏りされていました。梅雨時期はやはり雨漏りにお困りのお客様が多くなります。まずは室内の雨漏り箇所の調査になります。天井 ...続きを読む
        千葉市緑区土気町で築15年の屋根調査、屋根全体の割れや欠け等の不具合は屋根葺き替えか屋根カバー工事で解消
        千葉市緑区土気町で行った屋根調査の様子をご紹介します。築15年で屋根材はコロニアルネオです。「屋根の苔が気になるので塗り替えた方が良いか点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根塗装のメ ...続きを読む
        船橋市藤原で築30年が経過したスレート屋根に雨漏りの原因になる苔を発見、屋根葺き替え工事か屋根カバー工事で解消
        船橋市藤原で行った築30年が経過した化粧スレート屋根の調査の様子をご紹介します。「屋根のメンテナンスを考えているのですが、どのようなメンテナンスが良いか分からないので点検してほしい。」と、お問い合わせ ...続きを読む

        屋根補修工事に関連する新着施工事例

        四街道市緑ヶ丘で瓦屋根と外壁の取り合いに水切り板金を設けて雨漏り解消ビフォー
        四街道市緑ヶ丘で瓦屋根と外壁の取り合いに水切り板金を設けて雨漏り解消アフター
        施工内容
        漆喰詰め増し 雨漏り修理
        使用材料
        ガルバリウム鋼板

        屋根補修工事を行ったお客様の声一覧

        4b6ff09ee12f4f5f8581e8c70e3b103e-columns2-columns2
        Q1.屋根工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
        われた瓦がおちてきた為

        Q2.業者や工事会社をどのように探しましたか?
        Net

        Q3.当社を知りすぐお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
        すぐにTELをさせて頂きました

        Q4.何が決め手となり当社にお問い合わせをされましたか?
        特にありません

        Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
        なし



        ■お住まいの屋根工事ここがポイント

        ■点検・お見積り・ご相談無料!

        ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


        点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!