片流れ屋根の雨漏りしやすい箇所と対策をご紹介します

千葉の『街の屋根やさん』は千葉 市原 袖ヶ浦 木更津 君津を中心に 千葉県全域で屋根工事や屋根リフォーム、軽微な屋根の修理、屋根の塗り替え(屋根塗装)、古くなった屋根の葺き替え工事(屋根葺き替え)をおこなっています。

あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム 屋根のトラブルおまかせ下さい!

千葉県全域 あなたの街の屋根工事 屋根塗装 屋根リフォーム あなたの大切なお住まい、定期的にメンテナンスしてあげていますか? 高品質なサービスを、よりリーズナブルに「お客様にとって一番のおつきあい」 私たちはそんな街の屋根やさんです

株式会社シェアテック
〒292-0804 千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL :0120-989-936 FAX :0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

お客様のインタビュー動画

屋根葺き替え工事をご依頼いただいた長生郡白子町のお客様より、竣工後の感想を伺いました。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん千葉 施工事例
街の屋根やさん千葉 お客様に聞いた「街の屋根やさんを選んだ理由」
2020年10月26 日更新 本日の現場ブログ
屋根工事のご依頼・ご相談が初めての方へ
雨漏りにお困りの方、お任せ下さい
屋根を軽くして耐震対策 地震に強い屋根
屋根の台風対策 強風と豪雨にご注意を!
散水検査
お客様の声その壱 お客様の声その弐 お客様の声その参
お客様の声の動画ページに移動
お客様の声を動画でご紹介
Company Profile
街の屋根やさんのご紹介
街の屋根やさんとは?
街の屋根やさんが選ばれる6つの理由
街の屋根やさん10のルール
街の屋根やさん、専門スタッフのご紹介
不安ゼロ宣言
マイスター制度
充実の長期保証
屋根工事を必要している方、屋根のことでお悩みの方へ
各種屋根工事の料金プラン屋根工事の料金について
弊社のご案内弊社のご案内
屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん対応エリア

千葉県の市原市・袖ヶ浦市・木更津市・君津市を中心に千葉県全域が対応エリアとなっております。
その他の地域の方もお気軽にご相談下さい!

  • 一般リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 屋根工事
  • 屋根修理
  • 屋根塗装
  • 屋根葺き替え
  • カバー工法
  • 漆喰(しっくい)工事
  • 雨樋(あまどい)工事
  • 雨漏り修理
  • 雨漏り工事

屋根リフォームのことなら、どんなことでもご遠慮なくお問い合わせ下さい。

屋根の資料請求はコチラ 屋根やさん施工実績

 下に挙げたものは、1999年5月~2020年3月までに街の屋根やさんが直接施工した件数と地域です。小規模な屋根修理から大規模な屋根の葺き替え、一般のお住まいだけでなく大きな工場等の建築物の屋根にも幅広く対応しております。
最近の屋根工事事例やお客様の声は右側の各種メニューからご覧ください。

東葛飾エリア
市川・・195
松戸・・189
習志野・・140
流山・・94
鎌ヶ谷・・175
船橋・・340
野田・・83
柏・・94
我孫子・・80
浦安・・175

北総エリア
銚子・・72
佐倉・・143
四街道・・116
印西・・109
富里・・187
香取・・116
成田・・265
旭・・141
八街・・365
白井・・174
匝瑳・・107
印旛郡酒々井町・・91
印旛郡印旛村・・13
印旛郡本埜町・・14
印旛郡栄町・・30
香取郡神崎町・・27
香取郡多古町・・34
香取郡東庄町・・16

千葉エリア
千葉市中央区・・244
千葉市稲毛区・・170
千葉市緑区・・206
千葉市花見川区・・179
千葉市若葉区・・165
千葉市美浜区・・116
八千代市・・160
市原市・・670

九十九里エリア
茂原市・・147
勝浦市・・44
いすみ市・・100
東金市・・134
山武市・・90
山武郡大網白里町・・33
山武郡九十九里町・・67
山武郡芝山町・・24
山武郡横芝光町・・41
長生郡一宮町・・45
長生郡睦沢町・・13
長生郡長生村・・39
長生郡白子町・・48
長生郡長柄町・・21
長生郡長南町・・11
夷隅郡大多喜町・・19
夷隅郡御宿町・・17

南房総エリア
袖ケ浦・・221
木更津・・437
君津・・285
富津・・118
南房総・・63
安房郡鋸南町・・40
館山・・57
鴨川・・28

ご連絡先はこちらです ご連絡先はこちら

株式会社シェアテック
千葉県木更津市文京5-11-16 ST×BASE
TEL : 0438-38-3373
FAX : 0438-38-3310
E-mail : info@sharetech.co.jp

街の屋根やさん千葉

片流れ屋根の雨漏りしやすい箇所と対策をご紹介します

更新日 : 2020年09月28日

更新日 : 2020年09月28日

 お住まいによって屋根の形状素材は様々です。屋根の形状が違えば、建物全体の印象も大きく変わります。今回は、たくさんある屋根の中から片流れ屋根についてご紹介したいと思います。スタイリッシュでお洒落な見た目から、非常に人気のある形状ですが、雨漏りしやすい為、日頃のメンテナンスや雨漏り対策が重要です。現在、片流れ屋根の邸宅にお住まいの方は是非、参考にしてみてください。
片流れ屋根

片流れ屋根ってどんな屋根?

片流れ屋根の邸宅① 片流れ屋根の邸宅②
 通常、屋根は2面以上で形成されていることが多いのですが、片流れ屋根は1面で形成されています。一方向だけに傾斜している非常にシンプルな形状です。シンプルかつかっこいい見た目の片流れ屋根には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

片流れ屋根のメリット
・建築やメンテナンスに掛かる費用を抑えられる
・デザイン性に優れている
・ソーラーパネルが設置しやすい
・傾斜を調節することで住居空間を広く使える

片流れ屋根のデメリット
・雨漏りしやすい
・雨樋への負担が大きい
・換気性に劣っているので結露しやすい
・外壁が劣化しやすい

雨漏りを引き起こしやすい箇所と原因とは?

 片流れ屋根は雨漏りしやすいとご紹介しましたが、一体どこからの雨漏りが多いのでしょうか。雨漏りが発生しやすい箇所とその原因をご紹介します。

・棟板金
 棟板金とは、スレート屋根や金属屋根の頂上部に設置された板金を指します。屋根の接合部分は雨漏りが発生しやすい為、板金で覆い、固定することで保護しているのです。片流れ屋根の場合、屋根の最も高くなった部分に取り付けられているのですが、構造上、屋根と外壁の取り合いが最も雨水に晒されやすくなってしまいます。屋根と外壁の取り合い部分がしっかりと施工されていなければ、そこから雨水が浸水し、雨漏りを引き起こしてしまいます。

・ケラバ
ケラバ ケラバ
 雨樋が取り付けられていない屋根の斜辺をケラバというのですが、切妻屋根※に比べると2倍の長さになります。長さが2倍になれば、軒先に流れる雨水量も2倍になり、雨漏りのリスクも増してしまうのです。ケラバの板金や破風板が劣化すると、雨漏りのリスクも非常に高くなりますので、メンテナンスや補修は怠らないようにしましょう。

※切妻屋根は、最も一般的な屋根で、本を伏せたような形状をしています。

 棟板金・ケラバは、強風の影響を受けやすい為、釘や板金が浮いていないか定期的に点検を行いましょう。特に台風後は、それらの箇所に異変が無いか確認することが大切です。異変が見つかれば、症状に適した補修工事を行いましょう。私たち街の屋根やさんでは、お住まいの点検~お見積り作成まで無料で承っておりますので、お気軽にご利用ください。

台風で片流れ屋根の棟板金が飛散 
(台風によって飛散した棟板金の様子)

片流れ屋根の雨漏り対策

 片流れ屋根は雨漏りしやすい形状ですが、対策をしっかりと行えば、雨漏りのリスクも軽減されます。そこで、片流れ屋根の雨漏り対策をいくつかご紹介します。

・棟板金を透湿ルーフィングで覆う
 屋根材の下に敷く防水シートをルーフィングと言い、防水性に加えて通気性に優れたものを透湿ルーフィングと呼びます。透湿ルーフィングで棟板金を覆い、破風板に垂らすことで、伝い水や雨風の吹き込みを防ぐことができます。透湿ルーフィングは、丈夫でしなやかな素材の為、雨漏り対策にお薦めです。耐用年数も50~60年と言われており、非常に長持ちします。

・ケラバに水切り板金を付ける
 屋根と外壁のつなぎ目に設置し、雨水が浸入するのを防ぐ水切り板金ですが、雨漏りの多いケラバに専用の水切り板金を取り付けるのも有効的です。シール材付きケラバ水切りを使用することで、土ほこりがケラバに溜まることを防ぎます。ケラバの詰まりが無ければ、雨水がオーバーフロー(溢れ出る)することも無く、雨漏りを防げるのです。

片流れ屋根のメンテナンス方法

 屋根の美観を保ち、雨漏りなどの問題を発生させないようにする為に欠かせないメンテナンス。屋根の形状や素材によって、メンテナンス方法も変わってきます。片流れ屋根はどのようなメンテナンスが必要なのでしょうか。

・棟板金やケラバの交換工事
棟板金交換工事 ケラバ補修後
 前文でも記述したように、棟板金・ケラバは強風の影響を受けやすい部分です。経年によって釘や板金に浮きが生じてきますので、定期的に補強・交換といったメンテナンスが必要になります。台風後、板金が飛散してしまった場合には、できるだけ早めに応急処置と補修工事を行うことが大切です。私たち街の屋根やさんでは、補修工事だけではなく応急処置も承っております。(板金工事について

・屋根塗装
屋根塗装
 屋根材は紫外線や雨水に晒されていますので、経年とともに劣化します。劣化症状が見られる前に、屋根塗装を行いましょう。屋根の塗装を行う際には、足場が必要となりますので、合わせて外壁塗装を行うことがお薦めです。私たち街の屋根やさんは、お客様のご要望や症状に最適な塗料をご提案致します。(塗装について

街の屋根やさん本社

    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒292-0804
        千葉県木更津市文京5-11-16
        ST×BASE 1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん本社のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      街の屋根やさんは千葉県以外にも東京都、神奈川県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方の地域の街の屋根さんをお選びください。




      ■お住まいの屋根工事ここがポイント

      ■点検・お見積り・ご相談無料!

      ご不明点やご相談など屋根のことなら何でもお問い合わせください。


      点検・お見積り・ご相談無料!お気軽にお問い合わせください!